渋谷表参道 嵐酔水墨画書道教室~一期一会の墨交流~ Ransui's Sumi Art class

書と中国水墨画を学ぶ 心の模様を墨に託してみませんか。初級から上級まで 一緒に筆を持って楽しみませんか?!

アート水墨書

2010年11月24日 | About Ransui's class
みなさん おはようございます。

11月も後半になりましたがまったく寒さが深まった気配がないですね。 ここ東京だけなんかなあと思いきや全国的に暖かいんだとか 朝寒さが一番嫌いなのでありがたいといやありがたい でも気候的にはいけないのかも。
さて、今朝の一枚 アート水墨で描く書の世界。

水墨をならっていると文字まで絵にしちゃえみたいなとこありまして水墨を学ぶみなさんもワクワクドキドキしながら作品仕上げています。
今回は馬なんですが馬という漢字からうまれました。 足四本がれっか部分 体のうねりを馬の字にのせまして書いてます。
書の基本 水墨の基本があってできるアート水墨書法

結構本場中国では私の知り合いの方もやっているみたいで有名です。

今回は馬に挑戦した作品になりました。
アート書道で現在もとても人気がたかい講座になっています。
左は花 右は竜にしました。
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 水墨年賀状3 こんなんいかが | トップ | 水墨人物を描く »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おぉ~っ!! (黎舟)
2010-11-24 10:23:56
おはようございます。

アート水墨書ですか~!!
すご~い!!

漢字から本当にそのものの形が見えてますね。
面白いなぁ~。

我が家には猫が4匹もいるので「猫」ものをよく描きますが、「はがき書」を書いてるときに「猫」のイメージで書いたのがあったのですが・・・私の場合は「文字」の中に「ちょこちょこ」っと「猫」を書き足してたりしてます。(しっぽだったり、ひげをつけたり・・・)

いやあそりゃすごい (嵐酔)
2010-11-24 10:41:49
コメントいつも深く感謝します。猫ちゃんのかわいい作品みたいものですね。

いろいろアートは創造豊かにやりながら楽しみたいですね お互いにまた批評だしあって励ましながら楽しみたいですよね

アート書道またお届けしますね

コメントを投稿

About Ransui's class」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事