渋谷表参道 嵐酔水墨画書道教室~一期一会の墨交流~ Ransui's Sumi Art class

書と中国水墨画を学ぶ 心の模様を墨に託してみませんか。初級から上級まで 一緒に筆を持って楽しみませんか?!

着物がだいすき

2009年05月26日 | 和装着物なかま
「やっぱりええなぁー 着物は。着易いし肌触りがええです。」

普段からなるべく着物は着てならしているんです。 やっぱり、たんすの中にしまってばかりじゃ着物も晴れの舞台がないですからねぇ。

亡くなった私の祖母は普段からよく着物も着ていてそれはそれは町をかっこ良く粋に歩いていた記憶があります。

着物って着るとか、後始末はやっぱり丁寧でなければならず、神経は使いますが慣れればそれなりにやれています。

帯も好きなんで結構いいのをとりそろえたりとか。

教室の時は洋服の時よりも、着物の方が多いかもしれません。

街を歩いていたりなんかしていると時々、外国人からは、「写真いいですか?。」などと声かけられたり、また、おばさんから
は「まあ、すてきね。踊りかなんかの先生ですか。?」
などと言われたりして返答に困る時もある。 笑

でも、昔からの日本の誇れる着物文化。本当にすばらしいと感じております。

今の季節は単衣。 サッラと通気性もいい綿麻ですけれども、模様とか、また帯なんかのあわせによって一段とまた涼しくみえ、(着ている自分も中はさらっと涼しいのですけど)歩くのが楽しくなりますね。

女性の方が着物姿というのはよく見かけますが、なかなか男性は少ないですね。


男性の方も、浴衣だけではなく、日本のすばらしいお召し物を普段から気さくに楽しんでもらいたいですねぇ。!!

本日は友達と教室前のカフェで一休みです。


素敵な一日をみなさんもお過し下さいね。



ゆったりと着るそこに魅力があります。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 墨彩画つづり  林立する高... | トップ | 河豚 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

和装着物なかま」カテゴリの最新記事