渋谷表参道 嵐酔水墨画書道教室~一期一会の墨交流~ Ransui's Sumi Art class

書と中国水墨画を学ぶ 心の模様を墨に託してみませんか。初級から上級まで 一緒に筆を持って楽しみませんか?!

琵琶

2010年07月29日 | Ransui's gallerly
みなさん おはようございます。

猛暑も何日間かぶりに和らぎホットした中休みです。

さて猛暑の熱中症で亡くなられたかたには心からお悔やみ申し上げます。 合掌
さて、今朝は琵琶 水墨画で描いた琵琶 みずみずしい琵琶を目標に描いております。


最近、記事のコラムで水墨画が痴呆症や精神疾患の患者さんのアート療法でやられる施設があるようで山梨県のとあるデイケア診療所では色彩を自由に描く水墨画ということで書道よりも患者さんには印象が強く、楽しみ方がはるかによいということです。 色やまた絵を描くこと自体が内面の心理的な感覚や創造から発せられる成果水墨画の絵画に魅せられ没頭していく人もいるようです。それがきっかけとなり趣味として確立し自分の苦しい病の状況や悲観的な考え方になることが圧倒的に少なくなるとのことです。

水墨画をずっとしている自分はおそらくボケないのでしょうかあ。ストレスもなく大都会でいながら絵を描く題材を求めて自然の中に飛び出したりして

そういうあまり人がしないような過ごし方がある意味水墨画を通じて備わったような。


何かをきっかけに何かと出会ったり生きるヒントになったり答えになったり、水墨画が精神的に苦しんでいる人たちにとり何か心の支えになっているようなら本当にこの上ない幸せ吉報です。

ではではみなさん 1日またはりきっていきましょう。琵琶がうられていたので想像して描いた一作。
またいい題材をさがしますね。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんお気軽にお問い合わせ下さいね。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 心機一転 大作に | トップ | 不思議なお告げかも »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Ransui's gallerly」カテゴリの最新記事