渋谷表参道 嵐酔水墨画書道教室~一期一会の墨交流~ Ransui's Sumi Art class

書と中国水墨画を学ぶ 心の模様を墨に託してみませんか。初級から上級まで 一緒に筆を持って楽しみませんか?!

墨彩画紀行 柿を描いてみる

2011年10月19日 | Ransui's gallerly

みなさん こんにちは 

一気に寒くなり昨日とはうってかわっての天気。冬の到来をなんだか感じ始めております。

さて、今朝はこちら。 

墨彩画で描いた柿をお届けしております。 

秋の味覚の代表 柿は美しいあの朱の色合いが何とも秋の秋晴れの青に映えてとても気持ちがいいですね。

そんな柿を描いてみた訳です。

柿は教室でも人気な画題である為にこうやって手本として描くことも多いのですが、実際には私もよく観察をし

スケッチを繰り返したりしながら中国画に直してゆくわけです。

 

水墨画を現在多くの方が入門されていますが、みなさん墨彩画をやられる方も多く一緒に柿を食べることよりも

先に絵に収めているような感じであります。

柿の書き方では、一番葉が難しいのではないでしょうかね。 葉は固くしっかりしておりしかも少々ぎざぎざしているというような特徴的な感じを筆一本で出さないといけませんから。

 

まあ、失敗を重ねながら何度も描いたら良いのです。 自信を養うこともまたお稽古のうちでありますから。

今日も柿を手本で描きながらそんなことを思いながら生徒さんに接しております。

 

おいしそうな柿が紙の上に誕生しますように!!

 

 

 際中国書法国画家協会中国遼寧分会 ICCPS-LB    

 

国際中国書法国画家協会アメリカ支部

 

  国際中国書法国画家協会ベルギー/オランダ支部

 

国際中国書法国画家協会フランス支部 


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.



にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんのお越しを心からお待ちいたしております。お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 水墨画 書の達人を作ってい... | トップ | 水墨画 人物に思いを馳せて »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます☆彡 (攀桂堂 藤野純一)
2011-10-20 08:45:07
 秋の味覚・柿いいですね☆彡。とてもおいしくて好きです。
 自分は昨日まで3日間疲れからかじんましんが出て大変でした(T_T)。先生も日々多忙とは思いますがお身体御自愛下さい。
いつもありがとうございます。 (嵐酔)
2011-10-20 12:37:23
藤野さん

体調はいかがですか。
季節の変わり目どうかご自愛くださいよ
今週は遠藤夕幻さんの個展もあるようなのでいってみたいと。
またブログみてあげてくださいね


コメントを投稿

Ransui's gallerly」カテゴリの最新記事