住まいと福祉の会(千葉県)

千葉県で高齢、障害のある皆様も安心・安全に、快適に住み続けられる居住環境を実現するための取り組みをしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

住まいと福祉の会 2018年2月例会のお知らせ

2018年02月10日 | 例会のお知らせ
住まいと福祉の会2月例会のお知らせ

 インフルエンザが猛威を振るっていますが、皆様はお変わりないでしょうか?

さて、2月例会では、会員の上原朗さんに、皆様からとても好評な「医学知識のシリーズ」を再開していただけることになりました。
今回のテーマは、「柔軟な身体を取り戻して健康寿命を延ばそう!」です。
上原さんからメッセージをいただいています。

『3年ぶりに例会でお話しをさせていただきます。私の「医学知識のシリーズ」の再開です。「レジュメの内容」で行います。貴方は、次回の「例会時」には、「ポッコリお腹」が「改善した」と私に「報告できる」と期待しています。では、当日にお会いしましょう!お聞きいただければ幸いです』
 ぜひ、ご参加ください。

 記

1.日時:2月15日(木) 午後7時〜 
2.場所:千葉市民会館 3階 
      TEL043-224-2431
      *JR千葉駅から東千葉駅方向 徒歩10分
3.内容

1)テーマ 『医学知識のシリーズ』
   「柔軟な身体を取り戻して健康寿命を延ばそう!
— スキマ時間でできる身体のストレッチ ー」
講師:上原 朗さん
植草学園大学 保健医療学部 フェロー(客員教授)
  2)その他


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住まいと福祉の会 2017年9月例会のお知らせ

2017年09月16日 | 例会のお知らせ
朝晩すっかり涼しくなってきて、辺りは秋の気配です。
皆様お変わりありませんか?

9月例会では、作業療法士の渡辺真理さんに、「作業療法士の生活の捉え方」をテーマに話していただきます。

渡辺さんは、住まいと福祉の会が千葉市障害者福祉センターから受託している障害者や高齢者の住宅相談にいつもご同行いただいており、様々な生活に触れられています。その経験に基づいた生活の捉え方・・・とても面白い話が聞けそうです。
なお、渡辺さんには今年の 3 月例会で、「 作業療法士から見た住宅改造」をテーマに話していただき、とても好評でした。

ぜひご参加ください。

 記

1.日時: 9月21日(木)   午後 7 時〜 
2.場所: 千葉市民会館   3階 
       TEL043-224-2431
      * JR 千葉駅から東千葉駅方向 徒歩 10 分
3.内容
1) テーマ「作業療法士の生活の捉え方」
     講師:渡辺 真理さん (作業療法士)
2)その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住まいと福祉の会 2017年7月例会のお知らせ

2017年07月19日 | 例会のお知らせ
住まいと福祉の会7月例会のお知らせ

梅雨とは言え、もう本格的な夏の暑さが続いています。
皆様、体調管理には十分ご留意ください。

7月例会では、医療法人鉄蕉会亀田総合病院在宅診療科部長の大川薫さんに「在宅医療」について話していただきます。大川さんからのメッセージです。

『在宅医療の役割は慢性の病気や障がいを抱えた方の生活を支えることです。これに加え、最近は様々な疾患が進行した段階である「エンド・オブ・ライフ」を支援することも大きな課題となってきています。過疎地にある中核病院における在宅医療についてお話ししながら、将来の医療・介護についてあらかじめ話し合う「アドバンス・ケア・プランニング」についても考えてみたいと思います』

例会で在宅医療を取り上げるのは初めてですし、在宅医療の現状を知る良い機会になると思います。ぜひご参加ください。
なお、 8 月は夏休み、次回の例会は 9 月になります。

                 記
1.日時: 7月20日(木)   午後 7 時〜 
2.場所: 千葉市民会館   3階 
       TEL043-224-2431
      * JR 千葉駅から東千葉駅方向 徒歩 10 分
3.内容
1)テーマ
  : 「在宅医療」
     講師:大川 薫さん ( 医療法人鉄蕉会亀田総合病院 在宅診療科部長)
2)その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住まいと福祉の会 2017年5月例会のお知らせ

2017年05月14日 | 住宅改修・住宅相談
5月例会では、住まいと福祉の会副代表の加瀬澤さんに古民家再生の事例を紹介していただきます。

今回は、併せて、高齢化や人口減少のますますの進展の中で大きな課題になっている「空家」について、参加される皆さんと情報や意見の交換をしたいと思います。

加瀬澤さんからのメッセージです。

「都市、地方を問わず、住む人のいなくなった家が目立つようになっています。仕事の上では古民家再生の仕事が続いていますが、依頼者は皆実家をどう生かすかに頭を悩ました挙句、再生を決意して連絡してきます。中には自分で住まなくともそこに住む人を見つけて、売却したいという考えから大金をはたく人まで現れています。私自身の身内にも住む人のいなくなった家が出てきました。具体的な事例を紹介しながら、空き家問題を皆さんと考えたいと思います」
ぜひご参加ください。
                 


1.日時: 5月 18 日(木)   午後 7 時〜 
2.場所: 千葉市民会館   3階 
       TEL043-224-2431
      * JR 千葉駅から東千葉駅方向 徒歩 10 分
3.内容
1)テーマ
  : 「空き家問題と古民家再生」
     講師:加瀬澤文芳さん (住まいと福祉の会副代表 (株)ゆま空間設計)
2)その他

● 会費納入のお願い
今年度の会費( 2000 円 / 年)未納の方は、下記口座までお振込みください。なお、これまでの会費が未納の方は併せてご納入いただけると幸いです。
振込先: ゆうちょ銀行   口座番号: 00130 − 3 − 404698
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住まいと福祉の会 2017年2月例会のお知らせ

2017年02月12日 | 例会のお知らせ
住まいと福祉の会2月例会のお知らせ

 寒さ厳しき折、そしてインフルエンザが猛威を振るっている折ですが、皆様お変わりありませんか?
2 月例会では、会員の内田忠夫さんに、 「しっかり溜める すっきり出す」をテーマに話していただきます。
内田さんからメッセージをいただいています。
「いつ漏れてしまうか心配で外出を控えている内に家から出なくなってしまう人。トイレに行くのが大変で、水分摂取を控えてしまう人。 気になって5分おきにトイレに行く人。 それぞれに悩みを抱えながらも恥ずかしくてなかなか人に相談できない尿失禁についてお話します。排尿障害については、6年前にも例会でコンチネンス協会の牧野さんに話をして頂きました。内容的には重複していますが、私なりの観点から話をします」<
 「しっかり溜める すっきり出す」は、年を重ねていくと多かれ少なかれ、向き合わなければならないことの一つですね。大変興味深い話がお聞きできると思いますので、ぜひご参加ください。
  記
1.日時: 2月16日(木)   午後 7 時~ 
2.場所: 千葉市民会館   3階 
       TEL043-224-2431
      * JR 千葉駅から東千葉駅方向 徒歩 10 分
3.内容
1)テーマ
  「しっかり溜める すっきり出す」
講師:内田忠夫さん
●内田さんからの自己紹介
『福祉用具事業所に勤務し、福祉用具や住宅改修をツールとして、在宅で生活している方の住環境を整え「より生活しやすく」することに努めています。以前は手すりに注力していましたが広い視点で「姿勢」を考えるようになり、排泄をはじめ呼吸や摂食嚥下、シーティング・ポジショニング、地域コミュニティについても考えるようになりました』
2)その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加