べんりや日記

住まいのこと、情報発信!

水廻りのシックハウス対策

2014-09-26 13:39:02 | システムキッチンを考える
タカラのシステムキッチン・エーデル
ホーロー製品が主力の「タカラ」は意外に脱プラスチック製品が多いです


シックハウス症候群が話題になって久しいですが、現段階ではシックハウス対策の進んだ住宅業界・・と思いきや、意外に落とし穴があります。

私自信が、意外にシックハウス症候群でして・・新築やリフォーム現場でどうしても頭が痛くなる・・

特にユニットバスとか、表具を貼ったばかりの現場で頭痛になります。(ひどい時は夜まで頭が痛くなることも・・)
原因としては、コーキングや溶剤系、表具の発泡剤などが考えられます。

「F☆☆☆☆の製品を使っているから大丈夫だ」

という神話がありますが、実際にはホルムアルデヒドの飛散を押さえているだけの話で、他の化学物質はちゃんと放出されています。

どの化学物質が自分に影響を与えているのか・・それは特定するのが難しい。

それ故、自分の管理している現場には、表具に「マイナスイオン」か「珪藻土」のカテゴリーの物を選んで頂いています。(種類が少ないので選択肢が少ないのが難点ですが・・)

ユニットバスのコーキングは仕方がありません。水漏れしてはいけないワケですから・・



樹脂の使用は必要最低限に抑える


・・という事を心がけて頂ければと思います。


それは、水廻りにも同じ事が言えるのでしょう・・特にシックハウスになりやすい方は、新築やリフォームにそういった製品を導入して頂きたいところ・・

水廻りに関しては、意外に「タカラ」製品がお薦めです。

ホーローを売りにしているタカラ・スタンダードではステンレス製品のバリエーションも豊富で、脱プラスチックにはもってこいの製品が勢ぞろい・・



システムキッチン

お薦め -> 「エーデル」、「レミュー」

製品特長・・・本体の「箱」と扉がホーローである。

カウンターをステンレスとします。人工大理石は所詮、「樹脂」です。

キッチンパネルはホーローですが、それを貼る時に接着剤を使うので×。タイルを左官屋さんに貼ってもらいます。

吊戸の箱はMDFの積層合板なので×。

システム収納も下台のみで、カウンターは現場で無垢材対応とします。





ユニット・バス

お薦め -> 「エメロード」

製品特徴・・・浴槽、床がステンレス、壁もホーローである。

天井は、塩ビ、若しくはPET(光沢塗装)しか無いのは、仕方なしか・・・

手摺もステンレス製、棚は無し、鏡も枠が金属製を選択します。

施工後数か月はコーキングの溶剤を換気で飛ばす必要があります。




洗面化粧台

お薦め -> 「スーリア」

製品特徴・・・洗面ボール、扉、箱がホーロー。

洗面ボールの下にあるエプロンは残念ながら樹脂です・・・

洗面化粧台の下台のみを使い、上の鏡と棚は大工仕事とします。




他社だと、システムキッチンではクリナップの「SS」とか考えられますが、タカラで済んでしまうのが利点です。




システムキッチンを考える

















コメント   この記事についてブログを書く
« 見附市 T邸 | トップ | オガクズの有効利用 »

コメントを投稿

システムキッチンを考える」カテゴリの最新記事