子ども相談室 すきっと

子どもと自分を育てるブログ

11.カウンセリングの話①「カウンセリングのとびら」

2013-08-22 08:26:34 | つれづれ

カウンセリングのようす

これからしばらくは、カウンセリングについて少し書いていきます。

子育てに不安を感じたり、
子どもに問題行動が起きてきたら、
どうしますか?

まずは、身近な相談できる人に相談するのではないでしょうか。

専門家に相談に行くというのは、勇気がいりますよね。
ましてや、子どもが学校や幼稚園に行きたがらなかったり、
不登校になってしまったりしていると、
自分が何か悪かったのではないか…と
自分を責める気持ちがおきてきますから、
「あなたの育て方の問題です」なんて言われてしまうのではないかと
さらに足が遠のいてしまいます。

でも、自分が相談業務をしていて、
やはり「餅は餅屋だ…」というのを感じます。

カウンセリングは、弱っているお母さんの心に寄り添い、
援助をしていく仕事です。
どうして良いかわからなくなり、上手く動けなくなっている状態を
一緒に整理していくことで、子育ての方向性が見えてきます。
少し支えてもらいながら、窮地を乗り切れば、
自信にもつながりますし、自分なりの子育てを取り戻すことができます。

とはいえ、やはり敷居は高いのかもしれません。
カウンセラーがどんな人かも心配になるでしょう。

まずは、身近な人に相談してエネルギーを蓄えて、
思い切ってカウンセリングのとびらを開いてみてくださいね。

コメント   この記事についてブログを書く
« 10.次は20話までがんば... | トップ | 12.カウンセリングの話②「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事