すけニャンの「射撃日記」

4?歳で始めた「射撃」(進歩ないです・・)などについて思いつくまま日記形式で書いています。どうなりますか・・・

ハンターへの道 Part4(学科試験)

2006-03-05 15:55:06 | 狩猟のお話
平成17年8月3日 狩猟免許の学科試験当日です。
○阪の場合狩猟免許の試験は、学科と実技は2日間に分けて行われます。
場所は、猟友会主催の事前講習会と同じ、市内中心部の農林関係の会館が会場です。

今日も、よい天気です。コマジェ君に跨がり、アクセルをひねります。

30分以上、余裕を持って会場に到着しました。
受付開始まで若干時間があったので、廊下で「ボーッ」としていました。
受け付けを待っている人たちがそこここで車座になって世間話をしていて、その話し声が自然と耳に入ってきます。
皆さん、猟友会のお友達のようです。

この時点で「すけニャン」は、猟友会には入っていません。
ポツンと一人寂しく係の人が来るのを待っていました。

時間になって受け付けするわけですが、名簿が猟友会単位になっていました。
私のように猟友会経由で申し込んでいない人はと見ると私を含めて4~5名だったように見えました。(少数派なんですね。)

無事、受け付けを済ませて「狩猟読本」と「問題集」を再チェックします。
1週間前の講習会で教わって、黄色のマーカーを引いた「過去の出題傾向による、重要事項」は、良く見直しておきます。

そうこうするうちに試験官の方が入ってきて学科試験が始まりました。

内容は、先日の事前講習会で聞いたないようがほとんどでした。
その甲斐もあって確実に合格できると自信がもてるくらいの回答ができました。

安心して、会場を後にした「すけニャン」でした。
コメント   この記事についてブログを書く
«  ハンターへの道 Part3... | トップ | いよいよ初撃ち »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

狩猟のお話」カテゴリの最新記事