すけニャンの「射撃日記」

4?歳で始めた「射撃」(進歩ないです・・)などについて思いつくまま日記形式で書いています。どうなりますか・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ライフル所持への道:その7(事前協議 Part5)

2020-06-17 15:34:10 | 射撃のお話

 かなり間が空いてしまいました、すけニャンです。

 とりあえず、正式に(1回目の)事前協議ができたわけですが、ここからが、難題続きでした。

 この時の担当者様は、歴代担当者様の中で、一番「フレンドリー」な方でした。

 裏を返せば、調子に乗っていろいろしゃべると、それをすべて記録(記憶)していて、後々、不都合が生じる可能性もあります。

 前回の事前協議から半年が過ぎようとしているのに全く連絡がないので、装弾の購入許可の期限が切れたので、貰いに行くついでに進行状況を聞いてみます。

 例によって、アポ取りをして訪問です。

すけ:「おはようございます。△△さん(以下、「担」)お願いします。」

担:「おはようございます。そちらでお待ちください。(いつもの廊下のテーブルです)」

すけ:「はい。」

 (テーブルでしばらく待つ、その間5分)

担:「装弾の譲受申請とのことですが、用紙はこれです。」

すけ:「あ、もう作ってきてますので、これでよいですか?良ければ印鑑を押して、証紙貼ります。」

担:「拝見します。」

担:「これで結構です。印鑑押して、証紙を張ってください。許可証お預かりしますね。」

てな具合で、弾の許可は無事ゲット

 

許可証が返ってきた時からが、いよいよ本題です。

すけ:「ライフルの所持申請は、どんなもんでしょう。」

担:「本部が、出猟回数が少ないことで難色を示してまして。」

すけ:「それを言われると、今更どうしようもないですし、理由は説明しましたよね。」

担:「それはそうなんですが、許可を出すのは本部なもので、」

すけ:「先日までの猟期では、〇〇回の出猟実績がありますので、それを加えてお伺いを立てて戴けませんか?」

担:「わかりました。とりあえず、本部に上申してみます。」

すけ:「よろしくお願いします。」

 なんなんだ~~~~~(キレてないですよ・・・・・)

 今年中の許可はどうなるか・・・・

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« なんだかなぁ | トップ | もうすぐ更新(狩猟免許) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

射撃のお話」カテゴリの最新記事