古文書を読もう!「水前寺古文書の会」は熊本新老人の会のサークルとして開設、『東海道中膝栗毛』など版本を読んでいます。

これから古文書に挑戦したい方のための読み合わせ会です。また独学希望の方にはメール会員制度もあります。初心者向け教室です。

会員募集

2022-07-04 08:04:30 | 日記

 

 水前寺古文書の会

 水前寺古文書の会は2022年5月30日をもって解散します。
コロナ感染症の長期化のために読み合わせ会が開けず、そのために会員減少なとが起こり
会の維持が困難になったからです。
ただし、ブログは今後も維持します。毎日100人前後の人が閲覧しているので、記事は更新しつづけます。(管理人)

 

コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鶴亀句会6月例会  2022-6-2... | トップ |   
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
入選おめでとうございます (YOKO)
2018-09-24 10:15:59
江津湖の風景でしょうか。
そう江津湖です (礁)
2018-09-24 20:08:11
コメント有り難うございます。
この句は「全き」の一語で入選しました。こういう言葉は神の啓示のごとく一瞬の閃きです。

ああでもない、こうでもないと苦吟の果てに得られるものではないようです。
Unknown (後藤)
2020-11-10 19:24:15
突然の質問で申し訳ありません。
そちらの方では古文書の解読の依頼等は可能でしょうか?
たまたま家の倉庫を整理しておりましたら、恐らく明治期頃の手紙のような物が数枚見つかりました。解読しようとしてもさっぱりなので、思いきってコメントしてみました。
可能です (カンリニン)
2020-11-20 15:54:51
出来ないことはありませんが、古文書といってもさまざまですから、現物を見てみないことにはなんともお答えできません。問合わせ電話番号にご連絡いただければご説明できます。以上

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事