古文書を読もう!「水前寺古文書の会」は熊本新老人の会のサークルとして開設、『東海道中膝栗毛』など版本を読んでいます。

これから古文書に挑戦したい方のための読み合わせ会です。また独学希望の方にはメール会員制度もあります。初心者向け教室です。

鶴亀句会1月例会 2022-01-21

2022-02-03 11:42:32 | 鶴亀句会

会日時   2022-1-21  コロナ蔓延のため紙上句会となる

句会場         

出席人数   8人

指導者   山澄陽子(ホトトキス同人) 

出句要領  3句投句 5句選   兼 題  寒卵

佐藤武敬 096-364-60612 出席希望の方は左

次 会   2月18日(金)10時パレア9F  兼題 

         

山澄陽子選

うぶすなの小さきやしろに太き注連    宣子 
寒卵あしたもきつといい天気       〃

初日の出コロナよ去れよ今年こそ     良一
遠き友今年なぜ来ぬ年賀状        〃

寒卵走る君らへゆで玉子         純子
診察日手術告げられ冬日影        〃

あつあつのお粥に落とす寒卵       小夜子
良き便り玄関に待つ福寿草        〃

御降りの午後より雪となりにけり     礁舎
懐かしきものの一つに冬日かな      〃

初雪の天守の屋根に薄っすらと      一九
健康を願う夫婦の初詣          〃

娘婿昇進の報冬ぬくし          武敬
外にまで気合い飛び来る寒稽古      〃

寒卵今日の力と頂きぬ          安月子
冬木の芽天に向きたる力かな       〃

 

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鶴亀句会12月例会 2021-12-17 | トップ | 鶴亀句会  2022-02-18 紙... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

鶴亀句会」カテゴリの最新記事