古文書を読もう!「水前寺古文書の会」は熊本新老人の会のサークルとして開設、『東海道中膝栗毛』など版本を読んでいます。

これから古文書に挑戦したい方のための読み合わせ会です。また独学希望の方にはメール会員制度もあります。初心者向け教室です。

鶴亀句会 2022-4-28

2022-04-27 06:58:14 | 鶴亀句会

会日時   2022-4-28  コロナ蔓延のため紙上句会となる

句会場         

出席人数   9人

指導者   山澄陽子(ホトトキス同人) 

出句要領  5句投句 5句選   兼 題  桜餅

佐藤武敬 096-364-60612 出席希望の方は左

次 会   5月20日(金)  兼題 更衣

山澄陽子選(ホトトギス同人)

一枚の空一点の揚雲雀        安月子
春宵や淡き翳もつシャンデリア     〃

老い二人会話なけれど桜餅      良 一
ベランダの縁の濡れ行く春の雨     〃

荷風忌や二本木付近歩きけり     武 敬
淡雪のごと蝶のごと散る桜       〃

掘り割りを埋め尽くして花の屑    小夜子
ひとつ置き空けたる座席花の冷え    〃

キラキラと陽光浴び揺れて綠立つ   純 子
桜餅葉っぱ食べる葉食べない派     〃

根子岳の麓の枝垂れ桜道       和 作
みみ

花博や観光客の足を止め       一 九
おなじ

春日傘四月の風の匂ひかな      優 子
あくびして今日が始まる仔ねこかな〃

予後の身にじゃがいもの花優しかり  礁 舎
退院のしみじみと食ぶ桜餅       〃

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鶴亀句会   2022ー3-18 | トップ | 鶴亀句会 5月句会 2022-5-17 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

鶴亀句会」カテゴリの最新記事