古文書を読もう!「水前寺古文書の会」は熊本新老人の会のサークルとして開設、『東海道中膝栗毛』など版本を読んでいます。

これから古文書に挑戦したい方のための読み合わせ会です。また独学希望の方にはメール会員制度もあります。初心者向け教室です。

鶴亀句会  2022-02-18 紙上句会

2022-03-12 15:32:48 | 鶴亀句会

会日時   2022-2-28  コロナ蔓延のため紙上句会となる

句会場         

出席人数   8人

指導者   山澄陽子(ホトトキス同人) 

出句要領  3句投句 5句選   兼 題  ,猫の恋

佐藤武敬 096-364-60612 出席希望の方は左

次 会   3月18日(金)  兼題 春の宵

 

山澄陽子選

飼い主の我を無視する浮かれ猫    武 敬
降りそめし雪やがて舞ひ始めたり    〃   

新刊のページの匂ひ春立つちぬ    小夜子
焼死せる友の墓石へ春の雪       〃

日溜まりに傷を舐めゐる恋の猫    安月子
気温まだ伸びし気温に従わず      〃

コロナ禍はどこの話か恋の猫     良 一
お社の老い木の梅の白一輪       〃

今宵また近くで輪唱猫の恋      純 子
根分けして嫁入り先に見守られ     〃

如月といふ言の葉の美しき      礁 舎
湧水のむすぶかたへの芹青し      〃

侘助やまた巡り来し孟宗忌      宣 子
早春の街のストリートピアノうれし   〃

我が小庭夢は大木植木市       一 九
まだ元気治地が愛した寒椿       〃

 

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鶴亀句会1月例会 2022-01-21 | トップ | 鶴亀句会   2022ー3-18 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

鶴亀句会」カテゴリの最新記事