古文書を読もう!「水前寺古文書の会」は熊本新老人の会のサークルとして開設、『東海道中膝栗毛』など版本を読んでいます。

これから古文書に挑戦したい方のための読み合わせ会です。また独学希望の方にはメール会員制度もあります。初心者向け教室です。

鶴亀句会   2022ー3-18

2022-04-10 15:07:01 | 鶴亀句会

会日時   2022-3-18  コロナ蔓延のため紙上句会となる

句会場         

出席人数   8人

指導者   山澄陽子(ホトトキス同人) 

出句要領  5句投句 5句選   兼 題  ,春宵

佐藤武敬 096-364-60612 出席希望の方は左

次 会   4月18日(金)  兼題 桜餅

山澄陽子選

春雨や戻らぬ日々の懐かしき     小夜子
枝折戸を黒猫くぐる春の宵       〃

彼の女その後思ほゆ春の宵      武 敬
人類の諍ひよそに鳥帰る        〃

春告げる野焼のけむり阿蘇五岳    一 九
コロナ去れ火渡り神事荒祈祷      〃

灯を点けず部屋にただゐる春の宵   礁 
石ころを投げてもみたる春の川     〃  

春の海光る先には普賢岳       良 一
春宵の 東の空に 星一つ       〃

山里も価千金春の宵         和 作
春の宵久しき友にスマホする      〃

古里に祖父の墓訪ふ彼岸かな     安月子
独りとは寂しき自由宵の春       〃

三・一一見守り途中に黙祷す     宣 子
たかんなの三寸程の届く朝       〃

吾子らより贈られし辞書春の夜    純 子
黒々と拡がる山野芽吹き待つ      〃

 

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鶴亀句会  2022-02-18 紙... | トップ | 鶴亀句会 2022-4-28 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

鶴亀句会」カテゴリの最新記事