村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

オリンピックは大丈夫か?

2018年08月31日 | Weblog

昨日から、体操女子、宮川選手のパワハラ告発でてんやわんやだ・・・
東京で開催される2年後のオリンピックは大丈夫だろうか・・?
つまずきの最初は、ポスターか何かの盗作騒ぎから始まった・・・
新国立競技場の設計から緑の小母さん絡みの建設費問題・・・各種競技の開催会場争奪戦・・
ようやく収まったと思ったら・・・

相撲、レスリング、バトミントン、アメフト、野球、バスケット・・ついには体操まで来た・・・
今、スポーツ業界は・・・暴力、パワハラ、買春、麻薬、賭博、告発、親分、女帝、帝王、世界のカリスマ・・・と言った言葉が飛び交うおどろおどろしい世界になって来た・・

スポーツ業界も、任侠の世界とあまり変わらない番外地だと言うことが分かった・・・
今年の酷暑が温暖化の為なら、2年後の開催期間の酷暑は確定的だ・・・
福島の原発事故の後処理もあまりうまく行っていないらしい・・・
南海トラフ巨大地震の発生予測も70%とか・・・・
日本列島全体の基盤が緩んだのか・・・大雨被害は年中起こるようになった・・・
車を運転すると、警察関係者にまであおられる・・・
留置場から、いとも簡単に脱走をしても・・なかなか捕まらない・・・
病院に入院していても熱中症で命を落とす・・・

本当に、オリンピックは開催出来るのだろうか・・・?   と心配する・・・
前回の開催地、ブラジルはもっとひどかったらしい・・・
直前まですったもんだの大騒ぎだったようである・・・・
それでも・・テレビで観ている限りでは、立派なオリンピックだった・・・

心配することは無いようである・・・
コメント

台風12号嬢

2018年08月30日 | Weblog
9月4日から予定している我が家の稲刈りに備えて・・・
今日はバインダーを出したり、運搬機の調子を確かめたりいろいろと準備をしたが・・・

台風21号がちょうど来週明けに日本に上陸だそうである・・
しかも中心が島根に向いている・・・

ここは一番、大社さんに頑張ってもらわねば・・・

台風の性別は・・・女性だそうである・・・
昔は台風も名前が付いていた・・小学生の頃の記憶では全て女性の名前だったような気がする・・
キャサリーン、ジェーン台風の名前は今でも覚えている・・・

大国主命はなかなかの美丈夫だったそうだから、島根に向かってくる台風をメロメロにして懐柔し・・・何事も無かったように日本海へ誘い出して欲しいものだ・・・

何時も島根だけを台風が避けて通ると・・・いつかは他県の恨みを買いそうだからである・・・

最近の台風が島根を避けて通るのは・・・台風が女性の名前で呼ばれなくなった事と関係があるのだろうか?






コメント

土垂れ里芋

2018年08月29日 | Weblog
今日も雨は降らなかった・・・
今年の猛暑の中でも、我が家の野菜の中で、乾燥に弱いと言われている里芋はやけに勢いが良い・・・
他家に行くと、今年の猛暑で里芋の生育が悪いことをこぼされるが・・・

我が家の里芋は、いきおいが良いことを人に話すのが憚られるほどに大きくなっている・・・

例年、里芋の品種は「石川早生」を作っていたが・・・
今年は、種物屋の勧めで「土垂れ」と言う品種に替えた・・・

煮物にした時、型崩れしない芋だそうである・・

「土垂れ」は乾燥に強い品種なのだろうか?

名前の由来を聞いてみると・・
栽培時に、大きな葉が土の表面に垂れ下がるようにできることから・・「土垂れ」と名前が付いたそうである・・・

猛暑でも大きな葉が付いて勢いが良いのもむべなるかな・・・である、
コメント (2)

収穫の喜び

2018年08月28日 | Weblog
コシヒカリが刈り取り適期になったが・・・
明日、明後日と雨マークが出ている・・・
我が家はハデ干しなので刈り始めたらハデを組み、稲を寄せて掛ける作業があるので2~3日は雨を避けたい・・
来月には、一日の病院行きと三日の雲南市の集団健康診断が待っている・・

結局、天候の具合もあるが・・・
9月4日から、我が家の稲刈りだ・・・

ハデ干し農家は、稲刈り前にもいろいろと準備がある・・
隅刈結束用の藁の準備、稲刈り用鎌研ぎ、ハデの結束縄の準備、バインダーの試運転、バインダー結束紐の準備、運搬機への注油、などなど・・・

面倒と言えば面倒な作業だが・・・
稲作は収穫が目的である・・いよいよ収穫と思うと、面倒なことも苦にならない・・・
むしろ・・一つ一つの作業は、喜びに近い・・・・

中山間地では、刈り取り、乾燥、調整作業を委託される農家が多くなったが・・・
コンバインでの刈り取りを委託したら、準備するものはお金だけだ・・・

収穫の喜びも半減しそうである・・・・

ハデ干し農家の収穫の喜びは・・・100%だ、






コメント (2)

明日は雨?

2018年08月27日 | Weblog
地区民大会も終わり、刈り取りまではまだ少し間がある・・・
9月に入ると忙しくなりそうだ・・・
嵐の前の静けさ・・・襲撃前の静寂・・・
これから始まる刈り取り前の数日間は身体を休める、静養の期間である・・

午前中は三刀屋の眼科医院で定期健診・・・・
昼はテレビの名作劇場で「エデンの東」鑑賞・・・
キリスト教徒は、生活の隅々までが聖書の教えや言葉で占められているのに・・・
仏教徒を自称しながら、漠然とした宗教観で生活している自分が恥ずかしくなる・・・

明日からの天気予報では、曇り、所によって雨・・・ようやく猛暑からも逃れられそうな気配である・・・
今夕から少しづつ秋野菜の播種を始める・・・
狭い畑にあれもこれもと欲張るので、割り振りが大変だ・・・

しめしめ  夕方から曇り空になった・・・明日は・・・雨  ?

コメント

地区民体育大会

2018年08月26日 | Weblog
今日は地区民体育大会・・・
家内と私は、おそろいのジャージにズックと・・・装いだけは一万メートルの選手にでも参加する勢いで出かけたが・・・

今日の二人の出場種目は・・・タイ釣り・・・である・・・

昔なら敬老席の老人が、余興に出る競技だ・・・
今は、正規の競技として点数が加算されるが・・成績は・・びりだった・・・

少子高齢化した地区民大会では・・・
選手が出払うと・・応援席に残る人は少ない・・・

それでも・・用意された缶ビールやお酒、おつまみで・・・出番の終わった高齢者は盛り上がる・・

成績は今ひとつだったようだが・・・無事に終わった・・・
昼に飲むビールは・・老体には応えるなーーー
コメント (2)

電牧=監視カメラ

2018年08月25日 | Weblog
国道を下ると・・・
すでにあちらこちらで稲刈りが始まっている・・・
我が家も、来月に入ったら刈り取りが出来そうである・・・

猪被害は、この時期が一番応える、
収穫目前になってのイノシシの侵入は、春からの苦労がいっぺんに吹き飛んでしまうからだ・・・

刈り取りを控えて、電牧の張り具合を点検に歩いてみると・・・

電牧線ギリギリのところでイノシシの堀跡がある・・2~3日前のものだ・・・
葛の根かゴウラの根を掘って食べているそうだ・・・

本当は稲穂の匂いに誘われて稲田への侵入を試みたのだろうが・・・

猪は、鼻の粘膜で対象物を確かめるそうだから・・・やわらかい粘膜に電流が走ったら相当のショックを感じるらしい・・・

数年前だったか、盆休に帰省中の親子の電牧線による感電死事故がニュースで報じられた・・・
電牧線の威力は絶大だ・・・

山間部で稲作が続けられるのは、電牧のお陰と言っても過言ではない・・・

都会では監視カメラ、田舎では電牧・・・
対象は違うが・・・面倒な世の中になったものだ・・・
コメント

もったいない話

2018年08月24日 | Weblog
集落で私の今年の役目は行政連絡員・・である、
市役所などから配布される書類などを回覧板で集落内に月に一度、回す仕事である・・・

今までの回覧順序を、今年から変えてみた・・・
田舎は、家から家の距離が結構ある、回覧板を廻すのにも、高齢者には負担が大きそうだ・・

比較的、若い世代の家から反対のルートで廻すことにした・・・
集落内では、一番奥のA家からである、

A家は、家の前の棚田が美しい・・・
狭い谷間に点在する山村の農家の佇まいは・・・なぜか心に響く物がある、
稲田には、一本もヒエが無い・・きれいな稲穂だ・・・
聞くところによると・・・
高齢のおばあさんが稗取りなどもこなされるそうだ・・・

お茶をご馳走になりながら・・・90歳も半場近いおばあさんのお話を聞くと・・・
秋野菜などの作り方や保存法、こんにゃくの作り方など・・・
私がまだ知らなかった昔からの百姓の知恵をいろいろと教えていただいた・・・

喜寿を越した私でも知らない、山村の百姓の知恵である・・・

もったいないような話である・・・


コメント (4)

ぼく ここ

2018年08月23日 | Weblog
田圃から背戸山の畑に通じる道端に、フシグロセンノウが群生している場所があった・・・
ダイコンの播種時期である今頃、畑への行き帰りに目を楽しませてくれていた・・・
だんだんと山畑は、野生動物の被害などで作らなくなり・・今では孟宗竹の藪になっている・・・

山畑にも行く機会が無くなると・・
途中の道も荒れ放題になって来た・・・

数年前に、まだ少しは藪の中から頭だけを出してフシグロセンノウの花が咲いていた頃に・・
このままにしておいては無くなるからと・・2~3株持ち帰って裏庭に続く柚子の木の下に植えて置いたが・・・なかなか花が来ない・・・
何時か、植えていたことも忘れていた・・・

今朝、見ると・・・草の陰からフシグロセンノウの花が一輪顔を出していた・・・
ちゃんと残っていたようだ・・・

「ぼく ここ」と言っているようである・・・
山口県の行方不明になった2歳児を思った・・・

コメント

スイカちゃん

2018年08月22日 | Weblog
家内の会社へは、時々地元のパン屋さんが新作パンを売りに来られるそうだ・・
時には試作品もある・・
パン屋さんと言えども、常に新しい風を起こさなければ生き残れないらしい・・・
厳しい時代である・・

今日は新作、「メロンパン」ならぬ・・「西瓜パン」のお目見えだったようだ・・・

緑色のメロンパンに黒い筋が入っている風の形から・・・
「何  ?」と思ったが・・・

割って見ると、中身は赤い・・・しかも・・
点々と黒い種を模した物が入っている・・・良く出来ている・・・

なるほど西瓜だ・・・

夏限定の商品かどうかは判らないが・・・気合が入っている・・・

漫画 「アンパンマン」にも・・これから「メロンちゃん」のお友達で「西瓜ちゃん」が生まれるかもしれない・・・

島根生まれの「西瓜ちゃん」



コメント