村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

無用の技

2017年08月31日 | Weblog
今日は稲ハデを組む・・・
若い頃のようにハデ木を結束する際に力が入らないが・・・その分だけ、要領は良くなって来た・・・

稲ハデは、空ハデの時にはグラグラしていても、いざ 稲束を掛けてゆくと・・・
掛けた稲束の重みで、助木も働き・・稲ハデ全体が、しっかりと固定してくる・・・

古老から教わった百姓の技だが・・・
稲ハデが無くなりつつある今・・・次世代に伝えようにも伝える相手がいない・・・無用の技になった、

今日はここまで・・・
明日は、刈り稲を寄せて掛ける作業が待っている・・・
そして・・・

もう一枚の稲ハデを並べて組み・・・次の田んぼの稲を刈る準備だ・・・

稲ハデを組んでいる田んぼの脇の斜面には、曼殊沙華が植えてある・・・
曼殊沙華は、節季を感じるセンサーでもあるのか・・・
彼岸の2~3日前から花芽を出して・・・彼岸には一斉に花開く・・・・

刈り稲がハデに一杯に掛かっている田んぼの脇で、赤い曼殊沙華が咲き乱れる風景は・・絵になりそうだ
と、10年前から植えて置いた曼殊沙華だが・・近年ようやく満足出来るまでにコラボが楽しめるようになった・・・
曼殊沙華は彼岸の花・・・貧しい百姓で、一生を終えた父や母への供養になる・・・

コメント

戦争のルール

2017年08月30日 | Weblog
わが家の稲刈りは9月4日からを予定していたが・・・
草刈り予定地も秋野菜の播種も、すべての作業が予定より早めに終り・・・やることが無くなった・・・

稲刈りに備えて、バインダーや運搬機の整備も済ませる・・・

バインダーの試運転に少し田んぼに入れてみようか・・?  と・・・
夕方からⅠ時間ばかり刈り始めたら・・結局は大半を刈ることになった・・・

明日は、急遽予定を変更して稲架つくりにとりかかる事にした・・・

2反ばかりの稲を掛けるには、2枚の稲架を作らなければならない・・・
若い頃なら一日に仕上げていたが・・・
身体の衰えを自覚してから、無理は出来ない…3日ぐらいは掛かる予定にしている・・・

北朝鮮のミサイル発射に対して日本も石油禁輸などの新たな制裁処置を関係国と協議するそうだが・・・
おもえば・・・七十数年前には、国際社会から孤立した日本も石油の禁輸を恐れて宣戦布告・・真珠湾に奇襲を掛けたことがあった・・
その奇襲も宣戦布告の通告時間で前だ、後だと利用され・・・戦争中を通じて、汚名を受けた・・・

もし・・ミサイル攻撃で奇襲をかけるなら・・・
宣戦布告の通告も発射の数分前でも有効なのだろうか・・・・・

発射の2~3分後には日本に着弾するらしい・・・奇襲も何も・・・いつでも奇襲状態だ、

兵器がこれだけ進歩したのなら、宣戦布告の方法も新しい国際基準が必要である、

そもそも・・戦争のルールなどが今の国連の議題になったことがあるだろうか・・?
世界の各地で紛争が絶えないが・・あまり宣戦布告の話など聞かない・・・
毒ガスだろうが、細菌だろうが、核、ミサイル、レーザー・・およそ、殺人の道具は何でもありの世界が戦争だ・・

だから・・・日本の憲法は大切である、

コメント

最重要課題

2017年08月29日 | Weblog
毎朝日課のしている朝のテレビドラマを観ようとテレビを付けると・・・・
北朝鮮のミサイル発射の報道一色である・・・
結局、今朝のテレビドラマを観ることは叶わなかった・・・

北朝鮮も島根の大黒様には遠慮しているのか、最初に予告があった島根県上空の飛行は無かった・・

北朝鮮のミサイルに怯える日本だが・・・不謹慎にも江戸時代の黒船来航に怯えた当時の市民もこんな様子ではなかっただろうかと・・想像した・・

 泰平の眠りを覚ます 上喜撰 たった4杯で夜も眠れず

黒船来航時は・・攘夷派、開国派と国を二分しての大騒動だったようだが・・・
北のミサイルに対しては、テレビ報道などを見ていると、今のところ日本の対抗手段は・・政府も報道機関も制裁強化、圧力強化派が全てである・・・対話と交渉で解決を図る・・と言った意見は・・・あまり見受けない・・

思考も力も無い・・老いた国民の一人としては・・・
トランプさんに頼っての強硬手段もなぜか危うい気がする・・・
対話と交渉で解決を呼び掛けている、中国政府が大人の対応に見える・・・

それにしても、金首領さんは、ミサイルや核開発よりも・・・写真で見る限りでは自分の身体の減量が最重要課題の様な気がする・・・

今日は・・北のミサイル発射の危機にもかかわらず・・・
私は呑気に、わが家の墓地の前の河原の草刈りを済ませた・・・泰平の眠りのままである、


コメント (2)

料理の味は・・個性だ

2017年08月28日 | Weblog
今日の夕餉は・・いただき物のコロッケ・・・
これがなかなかに美味しい・・・

何が入っているのだろう・・? 掛けるソースも手作りのソースを一緒に戴いた・・・

料理は個性だ・・・
作った人の顔が浮かび上がる料理ならではの味がある・・・

市販されているコロッケなどは、いくら味が良くても・・何かが足らない・・・

行列の出来る何々店・・に・・・一時間以上も並んで食べても見たが・・・・
これも何かが足らないような気がした・・・

個性には、愛も含まれている・・・

おふくろの味は・・・

料理本来の味よりも、おふくろに例えられる愛情を舌が感じるからだろう・・・?

外食は、和食の事が多いが・・・
膳についている味噌汁は、どんな料理屋の味噌汁より、我が家の味噌汁が美味しく感じる・・・

わが家の味噌は、家内と二人で作る自家製味噌だ・・・
夫婦二人の自己愛が、どこの味噌汁よりもわが家の味噌汁の味を美味しく感じさせるのだろう・・・

人間の舌の感覚は、意外とあてにならない・・・





コメント

運動会のテント設営

2017年08月27日 | Weblog
朝7時から、今日の地区民体育大会の集落応援席の設営に出る・・・
集落役員の仕事である・・・

テント設営も、昔なら6人以上は必要だと言われていたが・・
集落全体の人口が少なくなると、半分以下の人員で設営できるようになった・・・

少子高齢化した山村の集落維持には、黄色信号が出ているような話題ばかりだが、少なくなればなったで知恵も出て来る・・・

戦国時代の話に・・・
寡兵よく大軍を撃破する戦記物を子供の頃によく目にしていた・・・
漢の武将、韓信がとった背水の陣もその類だろう・・・

今日の地区民運動会は、昔の様な盛大さは無いがそこそこ楽しめた・・・
少人数でも出来るようになったテント設営が・・・

これからの集落維持のヒントになる、
コメント

稲刈り、一週間前

2017年08月26日 | Weblog
家内の通院の送迎で里に向かうと・・・
鍋山あたりから稲刈りが始まっている・・・

年々稲刈りが早くなるような気がする・・・
子供の頃には、稲の品種も違っていただろうが、稲刈りと言えば10月の農作業だった・・・
地区の氏神が天神様なので祭りは10月25日と26日の二日祭りと決まっていた・・・

家内総出の稲刈りも、祭りまでに終わら無いことがあり・・・宴の後のけだるい身体で稲刈りで田んぼに入るのが何ともつらかった記憶がある・・・

わが家も昨年は8月30日の稲刈りだったが・・・帰宅後に、田んぼを回ってみると・・・

稲刈りまでにあと一週間は欲しいところだ・・・日数的には十分だが田圃の日影の部分の熟れが悪い・・・
長期の天気予報では、今年は9月の中頃からは晴天の日が多いそうである・・
昨年のはで干しの米の乾燥があまり良くなかったので・・・はで干し期間の晴天はありがたい・・・

明日は、地区運動会の日である・・
週間天気予報では、8月31日と9月1日は雨マーク・・
9月3日は集落の昼常会・・・空いた日には電牧下の草刈りと秋野菜の播種・・・

よし・・9月4日から我が家の稲刈りだ!!
コメント

慈雨

2017年08月25日 | Weblog
久しぶりのように感じる今朝の雨だった・・・
畑にとっては願っても無い雨だ・・・

まさか・・・梅雨前線が山陰上空に停滞することは無かろうとは思うが・・・
わが家も稲刈りを真近に控えている・・・少し心配になる・・・

折角の雨である・・・
ご無沙汰していたところへの便りをしたため・・・
来月の歌会の詠草を出し・・畑の食べごろになった蕎麦の若芽を刈り取って帰り・・ちょっと気にかかっていた映画を観たりと・・・充実した休日だったが・・・

電話で、地区のコミニテーの定例会が7時からと連絡が入り・・・
一度に充実感が覚めてしまった・・・

わたしのブログの破壊力?は、地区の公的な役職を含めた委員たちにバズーカ砲並の脅威をもたらせたらしい・・・一か月前だったか・・地区の治安維持法違反??に引っかかったような扱いがあった、

喜寿を迎えた老人としてのプライドもある、
定例会には行きたくなかったが・・・
今年度は集落の役員を引き受けている・・・コミニテーの会合が嫌でも集落委員としては集落の為に出ざるを得ない・・・

帰って風呂に入り・・・もう一度、昼間の充実感を思い出し・・・浸りなおそう・・・

コメント

種の自家採取

2017年08月24日 | Weblog
秋野菜の種をJAで買って来た・・・
畑の準備も出来たので、一雨降ったら落とそうと計画している・・・

食糧の自給率が問題になるが・・・
本当は種も大切な自給への道なのだろう・・・

私の子供の頃の田舎の農家では、自家栽培する野菜のほとんどの種は自家採取だった・・・
カボチャ、キュウリ、茄子、瓜、ジャガイモなどはもちろんだが・・葉菜類も花が咲くまで畑に置いといて種が出来たら採取したものだ・・・

高菜だけは、今でもわが家は自家採取している・・・
市販の高菜の種では高菜独特の辛味が出にくいからである・・・

近頃は一代交配種の種が主流だが・・・一代交配種では種が取れない・・・
結局は自給していると思っていても・・農家の野菜栽培は、種苗会社の手の中にある・・・・

種苗会社も国内企業ならまだ救いがあるが、将来、遺伝子操作された種を外国の種苗会社から買うようでもになったら・・・いよいよ危ない・・・

今のうちに、農作物の種子の自家採取の方法は・・忘れない内に各家庭内ででも記憶して置くことが必要だ・・・

わが家も、種の自家採取を忘れないようにと・・
今年は・・・カボチャ、瓜、コリンキーの種を家内からもらって干している・・・
コメント (2)

ホームセンター頼り

2017年08月23日 | Weblog
庭の雑草退治にナイロンカッターを使っているが・・・・
とうとうナイロンカッターの予備が無くなってしまった・・・

夕方、地元にあるホームセンターへ買いに行く・・・
近頃は、JAの資材売り場が地元の支所から撤退して無くなったので、ちょっとした農業資材はホームセンター頼りである・・・


ちょっとした資材どころか・・・農薬、肥料、農機具、工具に至るまで・・およそ農業に欠かせないものは全てホームセンターに頼らざるを得なくなった・・・

ホームセンター側も心得たものだ・・
ナイロンカッターのロープをレジに持って行くと・・・
すかさず、「玉ネギ苗の予約はどうですか・・・?」と・・声が掛かる・・・

もう玉ねぎ苗の注文かと驚いたが・・・商魂はたくましい・・・

汽車の路線やバス路線もだが・・今まで利用していた商店や役所などが地元から無くなると・・・
どうしたものかと・・不安感が先に立つ・・・

其の内に・・どこからか規模は縮小されても代替の方策が作り出されると・・・
あまり違和感もなく、生活の中に組み込んでいる自分がある・・・

人間のこころは意外と柔軟性に富んでいるものだ・・・
コメント

身体がなまる

2017年08月22日 | Weblog
東京では8月に入ってから雨続きだったそうだが・・・
島根はやはりお加護がある・・・
お盆の14日の夜に降っただけで・・・降りそうで降らない・・・・

白菜の種を落としてから天気続きだったので、水やりには閉口した・・・
ようやく朝晩に涼風が感じられるようになり、野菜も人間も一息ついているところである・・・

白菜苗もようよう一本立ちにまで成長した・・・

今日は、大根などの秋野菜の播種の準備に耕耘して置いたあった畑に播種床を作る・・・
10日先には、いよいよ我が家の稲刈りが待っている・・・

バインダー刈りで稲架干し農家の我が家にとっては、稲作り一番の大仕事だ・・・
種々の雑仕事を片付けて、当分稲の収穫作業に専念しなければならない・・・
体調を整えるために・・この頃は昼寝を十分に取るようにしている・・・

今日も昼寝から起きたら・・・・3時に近い・・・
体調を整える前に・・・・身体がなまくらになりそうである・・・・

コメント