村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

帰りたかったのにー

2008年06月30日 | Weblog
私は、雲南地域安全推進員をしている。
今日は、年1回開催される、推進員協議会が木次のチェリバホールであった。

午後からの会議なので、午前中は、小雨の中を我が家の梅採りをした。
何しろ、今年初めての梅採りである、一週間前に梅畑へ偵察に上がって見たが、まだ実が小さかったので今日まで梅採り開始を延ばしていた。
今年は梅の成りはいいが実が小さい! 成り過ぎなのだろう?
籠へなかなか一杯にならない! 

午後の会議で木次に出ると、朝方の雨が止んだ、・・・・人生はうまく行かないものだ?
どうせ降るなら午後に降ってくれればいいものを・・・・

会議の終わりに研修会があった、暗幕で暗くしてスライドでの発表があったが、終ってみると出席者が半減していた。
月末でもある、天気にもなった、・・・・・
暗みにまぎれて、自分の仕事に帰られたのだろ?
私もまだ採った梅の選別が残っている、・・・
帰りたかったのにー
コメント (1)

太陽の恵み

2008年06月29日 | Weblog
日曜日の雨は、おやすみなさい!と安息日を約束されているようである。
うつらうつらとしながら、床の中で雨の音を子守唄替わりに聞く心地よさはたまらない。

以前から頼まれていた、配食弁当に添える絵手紙を描く、
下手がいい、下手でいい!の絵手紙はボランテアの一つだ。
花の絵を主体にして欲しいとの事から、家の周囲の咲いている花を捜したが、梅雨の花はどうしても色が乏しい。
梅雨のじめじめ感はこんな所にも現れているのだろう?

太陽の光りをいっぱい浴びた南国の花は、色からして華やかだ!
太陽の光りは、人にも影響するにのだろうか?

南国の人にはうつ病?の患者など居ないのかもしれない?
太陽の恵みは偉大だ!!
コメント

卜藏庭園

2008年06月28日 | Weblog
家内の休み日に合わせて、予てから一度行ってみたいと思っていた奥出雲町の卜藏庭園に行った。
食事も山菜を中心とした卜藏膳?がおいしいと聞いていたので、家内のお友達と3人で行く事にした。
食べる事となると、やはり女性だ。 男の友人と違って食に対する意気込みが違う!
酒の仲間なら男がいい!!

奥出雲地方は、たたら製鉄が盛んな土地だった、卜藏家も田部家、糸原家、桜井家と共に栄えた時期があったようであるが 今はお墓と庭園にその名残があるだけである。

庭園も、小堀遠州の流れを汲む作庭師の手による名園だったそうだが木木の手入れもままならなかったのであろう? すっかり荒れているが・・・
灯篭、石橋、石組みに、当時の名園の様子が偲ばれる。  さすがに名園ではある。

料理も、山菜の一品一品に心配りが働いていて・・・満足できた。

奥出雲地方には・・・まだまだ隠された奥行きがある。


コメント

通学合宿2日目

2008年06月27日 | Weblog
子供達との、2日目の夜だ、なかなか子供達は床に入らない!なにやらわからないゲームに興じている、おじいさんは眠い!彼らのエネルギーを吸収しようと思ってぎやくに吸い取られそーだ、

子供達は、何時の世でもこうして大人達のエネルギーを奪い取って次世代を築いているのだろう?

私達は枯れ葉となって次世代の養分になる?
最近、車に枯葉マークを良く見かけるのは、老人の自覚の表れかも知れない?
コメント

通学合宿

2008年06月26日 | Weblog
毎年の行事で、小学生の通学合宿にボランテアで泊まりに行く、子供達はかわいいが、あまりの騒がしさに、少々辟易・同居家庭の苦労が忍ばれる、早く帰りたい!
コメント

ギャートルズ

2008年06月25日 | Weblog
掛合の総合センターでの会を終って、駐車場に出ると地元の猟師さん夫婦が、イノシシの捕獲確認に来ておられた。
害獣の駆除と言う事で、1頭3万円の補助金が出る。

今年は、我が家の周辺でもイノシシの出没が多い。
大体にこの近年はイノシシが多いように思える。
休耕田が多くなり、山も荒れてきたので、人里への野生動物の出没が多くなった。

昔、イノシシなどは猟でもしなければお目にかかることなど無かったが、今では庭先の畑でも油断がならない。
時折、有線放送では熊の出没情報まで流れるようになった。

人間と野生動物の住み分けが出来ていた山村も、今や野生動物と人間が混在する有様だ。
先人が営々と開拓して築いてきた地域社会が、原始社会に逆戻りしつつある。

松江市出身のマンガ家、園山俊二氏のギャートルズの世界だ!
案外、楽しい世界かも知れない?

コメント

初恋の味

2008年06月24日 | Weblog
郵便宅配で娘からさくらんぼが届いた。
あの山形の佐藤錦である。
アメリカンチェリーのどす黒いような赤色と違って、何処と無く淡白な朱色である。
毎年、さくらんぼどろぼーが話題になるほどの人気さくらんぼだそうだ。

作り出した佐藤栄助さんは山形一の有名人?のようである、確か山形駅前に銅像も建てられていると聞いた。

味も日本人ごのみ?である。適度な酸味と甘味が混ざり合っていて・・・うまい!!
初恋の味に例えられるようだが・・・・

本物の初恋の味は・・・遠い昔の事になって記憶も薄くなった。

こんな味だったろうか?
テーブルの向こうで家内も黙ってさくらんぼを食べている・・・・初恋を思い出しているらしい。
コメント

酔うて候

2008年06月23日 | Weblog
ふるさとの酒を作る会の年度打ち上げ会で、出雲市の御所覧場に行く。
ここは出雲市の奥座敷と称されるひなびた温泉場だ。
座敷の一枚ガラスをとうして見る、向かいの岸壁は、墨絵を見るような趣がある。
大いに盛り上がった。

昨日と違って飲める仲間だ・・・・
カラオケでは長谷川伸のファンを自称している私は、まぶたの母?を唄う・・・台詞入りだ。
後は、一本刀土俵入りも歌いたかったが・・・・どうも講談調は現代では受けない?

終ってから、次の会の掛合総合センターでのコミュニティー会長事務局長会に出席した、初会合である・・・が・・・・何しろ酩酊顔があからさまだ・・・それに遅刻もしたらしい? したらしいというのは遅刻の自覚も無いままに会場入りした。
出席者の顰蹙を買った。・・・・ 私はコミュイティー会長会の代表者でもある。
初会合がこの調子では、一年が危ぶまれる?

酔うて候~・・・ 山内容堂公もこの様な按配だったかな?
コメント

和服

2008年06月22日 | Weblog
地元商工会のだんだんカードで、玉造り温泉長生閣の豪華昼食コース?が抽選で当たった。
今日はその昼食会に参加した。
20数名の当選者の中で、男性は4名?・・・・
酒は充分にあったが、・・・・・こんな場面での酒にはやはり仲間が欲しい??
ウーロン茶相手では今一つ座が盛り上がらない?

長生閣には、地元掛合出身の若い仲居さんが居る。 I さんと言うそうだ。
高校を出てから数年のキャリアだそうだが、すっかり和服が板に付いている。
立居振舞も修行の成果なのか?  優雅で美しい!
この頃は、和服で働く女性をめったに見ないから、ほとんど外国人の感覚で見てしまう。
明治の始めに日本に来た外国人が、日本女性を見た感覚に近いかもしれない?

和服は、身体をほとんど覆って仕舞うのに、何故か女性特有の美しい体型が浮き彫りに見える。

日本人の美意識に乾杯!! 頑張っている I さんに乾杯!








コメント

退任

2008年06月21日 | Weblog
JA雲南の第16回通常総代会が加茂町のラメールであった。
今日限りで私も一期3年の任期が終わり、理事を退任することになる。
思えば・・・退職以来、めくら蛇に怖じず?でいろいろな大役を引き受けていたが・・・先月の森林組合監事といい、今日退任するJA理事といい、門外漢が無茶をしたものだ。

一応は、私なりにいろいろな資料を集めては、学習?らしきものをしてきたが、それぞれの理事会での発言は、的外れだったろう?と今更ながら赤面の至りである。

総代会が終って帰宅しても、今夜は家内が一泊で留守の日である。
地元の魚屋に立ち寄って、あご刺身を作ってもらった。
無事に退任できたことを、祝うつもりだ・・・・・
こんな退任時の祝は・・・ひとり・・あごの刺身をつまみながらの酒宴が一番相応しいように思う!

ご苦労さんでしたね・・・

ラメールの理事控え室は雨漏りがしていた、華やかな外観のラメールの雨漏りは、今日の私の退任を労わってくれていたかな?
コメント (2)