村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

鋸の歯研磨

2019年01月08日 | Weblog
手伝いに出ている酒造りが今日はお休みだ・・
月一で通院している地元のお医者さんへ行ったり、役場での用事を済ませてから・・

刈り払い機の歯の研磨をする・・・
刈り払い機の歯は、中山間地域直接支払制度が出来てから、毎年2枚づつ配給があるので、使う分には困らない・・・
近頃はチップソーなので、そうそう歯を研磨することもないが・・・
小石をはねたり、鉄柵に歯があたったりして歯も折れることが多い・・・

歯の折れたチップソーを点検して、使用出来る歯と出来ない歯を分けたり、摩耗した歯を研磨する作業を、冬の間に一年中使う分だけやることにしている・・・

それでも一年中使うのには、10数枚の歯は必要である・・・・

チップソーが出回るまでは、チップの付いていない、草刈り用鋸刃だったが・・・
一度の草刈りでも2枚ぐらいは、切れ味が落ちるので歯を変えなければならなかった・・・
その研磨が大変である・・・

農業をしながら、現金収入の為に植林の中刈作業に出ていたが・・・
夜、仕事が終わってから、グラインダーで刈り払い機の歯を研磨する仕事が毎夜だった・・・

農夫にとって、鋸の歯の研磨は自己責任である・・
下手に研磨すると、極端に能率が落ちる・・・
いろいろと自己流に工夫して、一番、切れ味の良い研ぎ方を考えなければならなかった・・・

今頃は、鋸の歯も業者に頼む農夫がいるそうだ・・・
鋸刃一枚の研磨料は500円とか・・?

今日は、10,000円分以上は働いた・・・



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 七草粥 | トップ | 昭和も遠くなりにけり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事