村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

つる梅擬の実が成っている

2021年11月29日 | Weblog
テレビを観ていたら・・・
近頃の不思議なこととして・・・今まで身近に感じていたスズメの姿を見かけなくなった・・?と疑問を投げかける番組があった・・・
雀を見かけなくなったのは、私たちの近辺でも感じていたが・・・
雀だけではない・・・セキレイなどの野鳥が少なくなったようである・・・

庭先の蔓梅擬の実が・・・今年は沢山付いている・・・
今までは、小鳥たちの餌になり、実が裂けて紅く彩る頃にはほとんど無くなっていたが・・・今年は期待できそうなほど付いている・・・

雀が少なくなったのは、住環境の整備が進んで、街部では雀の餌になる雑草の実も少なく・・巣作りに適した、軒先の隙間の空いた日本家屋を見かけなくなったことなど・・
雀の住環境が無くなったからだそうである・・・田舎の住居も、暖房や冷房の機能が付いたために、隙間が無い家屋が多くなったので雀も住みにくくなったらしい・・・

ツバメも見かけなくなったと思ったら田舎の家屋の変化から住みにくくなったようだ・・

農村の住生活の変化は、自然界の小動物や小鳥たちの姿を消して行くこともあると聞いて・・なるほどと納得できた・・・

農村の少子高齢化で人口が激減して来たのも、小鳥たちと同じなのかもしれない・・・

住環境の進化は・・自然界の生物全体に影響がある様だ・・・

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 地球温暖化で生活が変わる | トップ | 虎屋の羊羹 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事