村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

キーワード

2011年07月22日 | Weblog

飯南町での面作教室からの帰りは波多を経由して帰った、
途中、昔、賑わっていた、ふれあいの里奥出雲公園に立ち寄って見る・・・
今は、「さえずりの森」と名づけられて、地域コミュニティーの管理だそうである、

テントが4~5張り張られていて、子どもたちの歓声も聞こえた・・・・・が・・・・

広い・・・寂しい・・・荒れた管理棟にマムシに注意の看板がやたらと目立つ、・・・・
掛合町での地域振興グループの発表会の時に、管理担当者の熱い報告があったので・・・
多少は先行きに希望は見えるのだろうが・・・・・?

素人目には、どう見ても見捨てられた公園に見える・・・
「千と千尋の神隠し」で見せられたテーマパークの成れの果ての様である、

よほどの事を構えないと・・・森林公園から公園が消えて・・ただの森林になりそうだ、
盆地状のひろーい、昔は運動広場だった所へ、思い切って月の輪熊でも囲い込んで見たら面白いかもしれない・・・
熊の出没情報が頻発している、雲南市の山間地域対策を逆手に取ることだ・・・

他人事では無い・・・
今や・・山村では個人の家でも農地でも・・・大きくて広い所ほど、将来の継続的な管理に不安を抱いている・・
これからの山村は・・・小さく・まとめる・・・がキーワードだ!



コメント