村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

小さな幸せ

2008年11月06日 | Weblog
そろそろ冬支度に取り掛かる。
家内に頼まれていた白菜と里芋を取り込む。

里芋の洗いは、私は桶に水を張り、里芋を入れて棒で掻き混ぜる方法を取っている。
昔は、背戸の流れで芋車を回していたが芋車も無くなった。
棒で掻き混ぜる方法も意外と早くきれいになる。

なんと言っても暇だけは充分にあるようになった老年である、30分ぐらいの時間はいつでも取れる・・・ 昔の農家は、30分の芋洗いの時間も惜しんで働いていた事と思うと、過酷な山村の生活を厭うて都会へと出て行った若者達をいちがいに責めるわけにも行かない?
昔ほどの生活の過酷さもなくなった山村だが、いまだに忙しい、忙しい!!と口癖の様に言う人が田舎には多い!

のんびりと桶の中の里芋を見ながら棒で掻き混ぜていると・・・・
世の中の動きが静止したように思える。

小さな幸せだ。

コメント (2)