村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

縄綯い作業

2008年01月17日 | Weblog
朝起きてみると、里は白一色に染まっている。
積雪と言っても5~6センチほどだ。

こんな日は屋内作業に限る、 我が家の古物ながらも現役の縄綯い機が活躍する。
昔は農家は何処の家でも必需の機械だったが、今、現役で活躍している家は少ない!

便利な機械だ!、機能的にも良く出来ている、機能に於いて何の過不足もないと思うが・・・
どうして田舎から見捨てられたのだろう?

人間社会も同じかも?
能力的に優れていても、時代の中で不必要とみなされたら、いとも簡単に忘れられてしまう?・・・勿体無い・・ 
コメント