村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

藁叩き

2018年10月16日 | Weblog
今年の祭りは、集落に頭屋が当たっている・・・
頭屋組は鳥居の注連縄を架け替えることになっている・・・

今日は注連縄に使う削げ藁を叩いて軟らかくする作業をした・・・

祭り一週間前の日曜日には集落有志でしめ縄を作る・・
その日に、藁叩きも予定されていたが・・・当日は祭り準備の掃除もあるので時間が無い・・・
材料の藁を用意する役目のハデ干し農家の私が下準備をして置くことにした・・・

子供の頃・・・
父が藁仕事をするときには、藁叩きの向こう打ちしていた・・・
その頃には叩く加減が判らないので、藁が切れるほどに強くたたいて,注意を受けていた・・・
記憶も随分と遠くなってしまったが・・・
小槌を打ち下ろすたびに、父の顔をついつい思い出す・・・

あの頃の父は、今の私より若かったのに、随分とおじいさんに見えた・・・

私も、はたから見たらあの頃の父のような風貌になっているのだろうか・・・?

小槌で藁叩きは、減量作戦にはだいぶ効果がありそうだ・・
コメント

人口柱

2018年10月15日 | Weblog
昨日、何年ぶりかで地元の故郷祭りに出掛けて見ると・・・
随分と町民の数が減って来たような気がする・・・

子供が少ない・・・若者が少ない・・・

お年寄りも・・・少なくなった印象だ・・・


オリンピックの年、2020年の雲南市の人口予測の人口ピラミッドを見ると・・・
とてもピラミッドとは言えない・・きのこ雲だ、

確実に予測に近い形できのこ雲が出来つつあるように見える・・・
このまま少子高齢化が進むようなら・・・
高齢者層が窄んできて・・きのこ雲と言うよりは・・・

槍の穂先の様な人口柱・・・と言うような形になるのだろうか・・・

私もオリンピックの年には80歳目前だ、
先の東京オリンピックの時には、我が家にはじめてテレビが入った・・・

あれから54年・・・・一生に2回も日本で開催のオリンピックが見られる事は・・幸せかもしれない・・

それにしても・・・町の人口構成の逆ピラミッドは何とも不安定な姿だ・・
見れば見るほど不安になる、



コメント

祭り漬け

2018年10月14日 | Weblog
掛合町故郷祭りの日である・・・
子供達が成人してから、あまり出掛けたことも無かったが、今年は地区選抜ののど自慢大会があるというので出かけてみた・・・
見知った人の意外な一面も見ることが出来るのど自慢大会には興味津々・・・

Ⅰ時間、審査員の後方で立ちっぱなしの見学は・・・さすがにくたびれた・・・
若者のコンサート会場などはいつもこんな状態なのだろうが・・・
流石に高齢者は・・・筵でもよいから座るところが欲しい・・・

お祭りの秋ともなると、休日はどこの街でも祭りだらけだ・・・

のど自慢が終わってから、みとやで開催されている「三刀屋工芸会展」を見学・・・
次いで・・・
木次の「小原ダム湖祭り」に行って見た・・・

田舎の祭り会場は、どこも同じような催し物と屋台だが・・・人の出はそれぞれの主催地の人口に比例している・・

近頃は催事場で食事をとろうと思っても・・・あまり無い・・・
唐揚げ、焼林檎、ホットドッグ、などなど・・・おやつの様な屋台が多い・・・

農村地帯の催事場なら、「おにぎり屋」などどうだろうか・・・?

具に工夫を凝らした、新米のおにぎりに味噌汁付き、味噌漬け付きのセットなど・・・
売れそうな気がする・・・

今日の昼食は、ネギ沢山のお好み焼き500円で済ませた・・・お茶は無い・・コーヒー缶での食事になった、
コメント

足枷、首枷

2018年10月13日 | Weblog
これも減量グッズだろうか・・?
棚を整理していたら、大方は足首に着ける重りだろうと思われる一対のバンドが出て来た・・・
 誰が買ったのか・・貰った物かはわからない・・・

足首につけて見ると・・・ぴったりと合う・・装着した違和感はない・・・
昨日は、一日中装着して野良仕事をしてみた・・・

ローマ時代の奴隷の足首には、似たような重しが付いている図を見かける・・・
命を懸けての戦いを強いられる、奴隷の戦士たちの足首にも着けられていたような気がする・・・

動き回るには、あまり不自由はない・・・

これで減量が出来るなら容易い御用だ・・・
一日、足首に重しを着けた奴隷の気分で動き回ってみたが・・・足首に重しが着いていることを忘れるほどだった、

ちなみに・・・夕方体重を測って見ると・・・

月初めの69キロから1キロ減って68キロになっていた・・・

足首で効果があるのなら・・今度は手首や首にも着けて見ようか・・・

足枷、首枷を着けたら・・江戸時代の罪人の様である・・・
コメント

農村の明日

2018年10月12日 | Weblog
今年の秋まつりは私たちの集落が頭屋である・・・
頭屋にあたると、祭りの準備進行が待っている・・・

頭屋組の役目の一つに、神社に架かっている、本殿を除いて、一切の注連縄を新しく架け替え無ければならない・・

ハデ干し農家が少なくなってから、新しい稲わらを準備できるのは我が家だけになった・・・
今日は、新藁を削げて置く準備だ・・・

新藁を削げて芥を除くには、昔は各家庭に小さな爪鍬のような道具があったが、夜なべに藁仕事などやらなくなってから、その道具もどこかに失ってしまった・・・

今日は、レーキを逆さにして柱に括り、削げてみた・・・
我ながら感心するほどの効率の良い道具になった・・・

後は、藁を小槌で叩いて軟らかくする作業が待っている・・・・

最近、隣村に大社の大〆縄なども手掛けられる、しめ縄館が出来てから、しめ縄も商品となり、買って準備される集落もあるが、地元のお宮さんの注連縄は、出来たら自前で揃えたい・・・

ハデ干し農家も無くなり、藁も手に入らなくなって、わら細工なども知らない世代が多くなる日は目の前だ・・・・

昔の農村のイメージはもう無い!




コメント

ホトトギス

2018年10月11日 | Weblog
今月の二十日には、広島の介護施設にいる姉が、甥の世話で里帰りする日だ、
姉弟5人は、まだ健在である、・・・
良い機会なので実家の我が家で姉弟会を予定している・・・

今日から少しづつ、片付けなどの準備をしている・・・
棚などを片付けていると・・昔陶芸教室に通っていた頃の鶴頸の花瓶が出て来た・・・
老人教室で俳句クラブに入っていた時の短冊もある・・・

 後ろ手に ホトトギス持ち 老女行く

丁度・・後ろ庭には、山から株を掘って来たホトトギスが花の盛りだ・・・

5人姉弟の男一人で育った私は随分と姉たちにはかわいがってもらったようである・・・
姉たちも皆、80歳代,90歳代の文字通りの老女だ・・・

年取ってから、一緒になることは少ない・・一緒になった時には何時も・・
「これが今生の別れだ・・」と言って帰る姉たちだが・・・
20日の姉弟会に、全員,揃うことが出来たら幸いである、
コメント

原発安全協定

2018年10月10日 | Weblog
今朝の新聞には、・・・
周辺自治体の原発安全協定を「立地並み」に結ぶことに松江の市長が改めて否定・・・と出ていた・・・

前々から松江市長が周辺自治体と同等の協定を結ぶことに反対していることを不思議に思っていた・・・

松江市は「原発立地市」で何かやましいお金でも沢山もらっていて、パイの分け前が減るのが心配なのだろうか?

原発事故が起これば、松江市だけの問題では済まされない・・・
周辺自治体と共同歩調を取って原発の安全を図ることが立地自治体としての本当の姿のように思える・・・

松江市長は松江市の周辺に高い壁でも作って、事故となったら松江市は封鎖され、原発と心中でもする気なのだろう・・・

市民がかわいそうだ。
コメント (2)

減量作戦中

2018年10月09日 | Weblog
減量作戦用の秘密兵器がまだある・・・
家内が、30年前に求めていた腹筋運動器具である・・・
当時、まだ若かった彼女は、減量器具が必要だったようだが・・・今ではほとんど必要ない・・・

この器具も、当時の上司に進められて求めたものらしい・・・

なるほど、効果はありそうだ・・・
何しろ場所を取る・・運動量が大きいのですぐに疲れる・・

20回も動かせば後が続かなくなる・・・

今日は月一回の地元の医院へお薬を出してもらいに出かけた・・・
主治医の先生に減量を開始したことを告げると・・・
「減量したら、今のお薬はほとんどいらなくなるでしょう・・・」と・・励ましの言葉をいただく・・・

宣言したからには後には引けない・・・

減量開始して2週間目に入ったが・・・

未だ効果は無し・・・体重計が壊れているのだろうか?
コメント

真弓の実

2018年10月08日 | Weblog
背戸山の辺に生えている真弓の枝にびっしりと実がなっていたが・・・
この頃ピンク色に染まって来た・・・

持ち帰って、部屋中の花瓶に活ける・・家中が真弓だらけになった・・・
丁度用事で来られた近所の奥さんにもお分けする・・・

真弓の花ことばは・・・真実だそうだが・・・

真弓の花は春に咲く、薄い緑色の花だ・・・花より、ピンク色にぶら下がる実が可愛くて美しい・・・

真弓の花ことばは、花だけでなく、実にも適用できるのだろうか・・・?

コメント

日々是好日

2018年10月07日 | Weblog
13日から公開予定の映画「日日是好日」が、今日、明日とT・ジョイ出雲で先行上映されると新聞に載っていた・・
主演の黒木華さんは、「小さなお家」以来ファンになった・・・

丁度、家内が3連休中なので、「私がおごるから」と・・・誘って観に行くことにした・・・
映画を観るには、後で感動を共有するためにも連れが有ったがいい・・・

亡くなられた、樹木希林さんの初めてのお茶の先生役でもあると話題になっていたからか・・・
入場者は多かった・・・少し狭い9号の上映館はほとんど満席に近かった・・・

茶道教室の先生役の樹木希林さんは、さすがである・・・
季節の移ろいに溶け込む様な茶道の決まり事は、人間の生き方にも通じるものがある・・・

日々是好日・・

映画の 日々是好日 の題字は、小学生の少女が書いたものだそうだが・・・
不思議な魅力を秘めた題字だ・・・

黒木華の和服姿は・・・日本女性の美しさを再確認させた・・・

良い一日だった・・・日々是好日 



コメント (2)