水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

道秋サケ沿岸漁獲速報(12月31日現在) 2,092万尾・33%増、441億円・21%減

2019-01-10 10:32:56 | ニュース

 平成30年シーズンの本道沿岸に来遊する秋サケの定置網による漁獲量は、最終的に2,090万尾台と前年に比べ3割、520万尾上回ったが、魚体の小型化などで金額は440億円と前年に比べ2割減、120億円下回った。尾数の増はオホーツクディヴィス217万尾、根室で157万尾、えりも以西で134万尾とめだち、金額の減はオホーツクの90億円、日本海の33億円が大きかった。

 道連合海区漁業調整委員会によると、12月31日現在の秋サケ漁獲は全道で2,092万5,408尾と前年同期の133.1%。漁獲金額は441億5,399万円と同78.7%。漁獲数量では、オホーツクが1,076万尾で25.3%増、根室が369万尾で73.9%増、えりも以東が149万尾で103.0%増、えりも以西が375万尾で55.4%増、日本海が124万尾で33.7%減。魚価金額では、オホーツクが237億円で27.6%減、根室が74億円で2.3%増、えりも以東が30億円で18.0%増、えりも以西が80億円で2.9%減、日本海が21億円で61.1%減となった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日高管内にスケソウ2千㌧を追... | トップ | 岩手県サケ漁獲速報(12月31... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事