水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

サハリン太平洋サケ・マス 11万㌧を突破、シロザケの漁獲勧告量8千㌧上積み

2018-10-23 16:32:03 | 系統通信

 北海道に隣接するサハリン州の大平洋サケ・マスは、好調を伝えられている。道機船連によると、10月12日までのサハリン州における太平洋サケ・マスの生産量は11万3,945㌧となり、このうち、カラフトマスが8万2,872㌧、シロザケが2万9,884㌧を占め、そのほかギンザケ、ベニザケとなっている。

 サハリン州の遡河性魚種生産管理委員会は、南クリール漁業区のシロザケ漁獲勧告量の8千㌧上積みを決定した。これにより択捉島のシロザケ漁獲勧告量は1万9,380㌧、サハリン州全体では4万1,180㌧となる。

 また、東サハリン沿岸のシロザケ漁獲量が1万2千㌧に近づき、漁獲勧告量の700㌧上積みを決定した。10月19日までに東サハリン沿岸のシロザケ漁獲量は、1万1,898㌧となり、同遡河性魚種生産管理委員会は東サハリン漁業区のシロザケの漁獲勧告量を700㌧上積みし、1万4,430㌧とした。択捉島の操業も継続され、1日約300㌧の生産を行っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ロシア漁業者の漁獲量約400万... | トップ | 岩手県サケ漁獲速報(10月20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

系統通信」カテゴリの最新記事