水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

2018年10月16日(火)発行/北海道漁協系統通信6359号

2018-10-17 16:21:35 | 系統通信

本道の海獣類の漁業被害状況(平成29年度)
15億6千万円と大幅減少、トドも4億2千万円減

10月から釧路地区で親魚確保の自主規制措置
共通で「陸網の垣網を枠長から200m以上撤去」

網走管内サケ・マス漁獲(10月10日現在)
サケ623万尾・2割増、金額137億円・3割減

道東サンマ漁(10月10日現在)
10月中旬をピークに増加、「低水準」の来遊変わらず

第19回JF全国女性連フレッシュ・ミズ・プログラム
今年から東西2回開き、意欲ある若手女性部員の活動後押し
山口道水産林務部主幹が「ハマドンナ」3年間の活動総括

えりも以西海域マツカワ漁獲状況(8月末)
8月漁獲実績は2.8㌧・800万円

釧路管内第2回昆布共同値決会
ながは第1回同、厚葉は前年同で妥結

道総研が平成29年度の主な研究成果を報告
水産分野ではホッケ、ムール貝、マス飼料、ブリ、サクラなど

ニッコーが第8回ロボット大賞中小企業庁長官賞受賞
湧別漁協で実証「オートシェラー原貝自動供給システム」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 網走管内サケ・マス漁獲(10... | トップ | 岩手県サケ漁獲速報(10月10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

系統通信」カテゴリの最新記事