水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

序盤低迷の道南太平洋スケソウ刺し網漁業 10月末現在2,664㌧、前年同期比63%減

2018-11-06 16:27:43 | ニュース

 渡島・胆振のスケソウ刺し網漁業は、10月1日の解禁から31日までの1ヶ月間で3千㌧以下の水揚げに低迷している。不漁だった28年同期より低く近年最低で推移している

 道水産林務部漁業管理課のまとめによると、31日現在の漁獲量は2,664㌧で、渡島管内が1,468㌧、胆振管内が1,205㌧。

 10月の採捕上限値(TAC管理計画)8千㌧の消化率は33%にとどまっている。渡島、胆振から最大各50隻程度の漁船が出漁しているが、CPUE(操業1回当たりの漁獲量)は渡島・胆振合わせて1.41㌧/隻と低い。生スケソウの浜価格は、沖底ものが㎏50円前後、沿岸刺し網ものは㎏100円を切る水準とぱっとしない状況が続いている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 道秋サケ沿岸漁獲速報(10月3... | トップ | 2018年11月13日(火)発行/北... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事