水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

北海道秋サケ沿岸漁獲速報(9月10日現在)160万尾・150%、29億2千万円・84%、根室復調

2018-09-15 21:56:27 | ニュース

 本道沿岸に来遊する秋サケの定置網による漁獲量は台風、地震の影響の中で、予想通り前年の1.5倍の好スタート。根室海区が復調し前年の2.5倍。全体的には小型魚が多いせいもあって金額は下回っている。

 道連合海区漁業調整委員会によると、9月10日現在の秋サケ漁獲は全道で159万8,959尾と前年同期の150.2%。魚体が小型で1尾当たりの単価が4割以上低下しているため、漁獲金額は29億2,290万円と同83.9%。

 地区別では、尾数で前年を上回っているのは、オホーツクの西部、中部、東部、根室の北部、南部、えりも以東の東部、西部およびえりも以西の日高。えりも以西の胆振、噴火湾は地震の影響、日本海は網入れが遅れたため、まだ本調子ではない。金額で前年を上回っている海区は根室のみ。

▷オホーツク=943,721尾(149.5%)、1,742,059千円(79.8%)▷根室=309,762尾(258.4%)、576,047千円(135.5%)▷えりも以東=200,973尾(149.6%)、381,515千円(88.9%)▷えりも以西=57,436尾(88.2%)、106,908千円(56.2%)▷日本海=87,067尾(76.7%)、116,375千円(45.0%)▷総計=1,598,959尾(150.2%)、2,922,904千円(83.9%)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« カムチャッカ地方太平洋サケ... | トップ | 網走管内サケ・マス漁獲(9月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事