水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

10日からえりも以東で親魚確保の自主規制措置

2017-10-06 16:44:56 | ニュース

 えりも以東海区秋サケ定置等漁業協議会は4日、正副会長、役員の合同会で、歴史的な来遊の低迷に見舞われている秋サケの河川そ上を促し、採卵に必要な親魚を確保するため、襟裳岬から根室太平洋までの共通ルールとして陸網の垣網を岡側から3分の1撤去する自主規制措置に踏み切ることを決めた。

 また、釧路地区は陸網の垣網を岡側から2分の1撤去するさらに強い自主規制措置を実施する。えりも以東は9月末で秋サケ沿岸漁獲が東部で前年同期の23%、西部で同36%という極端な不漁となっている。単価が高いため、漁業者は一匹でも多く秋サケを獲りたいところだが、4年後の回帰率を確保するためには、親魚の確保を優先する苦渋の決断を行った。

 河川そ上は全道的に振るわず、余剰分を移出できる河川が限られており、まず自助努力として自主規制措置が求められる状況。えりも以東の協議会では、11月20日までこの措置を続けるが、来遊状況を見ながらさらに対応を検討する方針だ。同じく親魚の絶対数不足が見込まれる根室海区も何らかの措置を講ずると見られる。

コメント

10月6日(金)発行/北海道漁協系統通信6278号

2017-10-06 16:42:29 | 系統通信

秋サケ沿岸漁獲量速報(9月末日現在)
前年同期比4割減の684万尾 金額前年同の233億円
太平洋沿岸で落ち込み 道南・日本海は前年上回る

網走管内秋サケ漁獲速報(9月末)
326万5千尾と約6割、魚価高で金額1割増

道東サンマ歴史的な大不漁か(9月末)
2万㌧を切り前年の45%、価格は1.5倍

道東沖のイワシ豊漁(9月末)
小型棒受け網でイワシ約7,800㌧、前年の3.7倍

羅臼天然昆布値決会 全銘柄前年比高で妥結
元揃走1等48,200円・走白1等39,700円 白1割強の高に 

道漁連・漁協女性部「浜のかあさん料理教室」今年も開催
北海道の旬の魚料理を伝授 交流楽しむ

信漁連の常任監事に渡辺亮介氏

全漁連の漁連運動功労者に高橋、千葉組合長

10月10日、平成29年度第1回全道JF共済推進協議会

 

10月15日、道漁連×コンサ食育サッカー教室

コメント