水滸聚義

中国古典『水滸伝』の紹介や考察を行っています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

基礎知識 『水滸伝』のあらすじ

2010-10-24 | 基礎知識
 ■『水滸伝』のあらすじ

 『水滸伝』の舞台は北宋末期の中国。物語は洪信という人物が、封印された108の魔王を世に解き放ってしまう場面から始まります。それから数十年後、108の魔王たちは、それぞれ多様な特徴を持った108人の好漢に生まれ変わり、宋国をさわがせます。最初は全土に散らばっている好漢たちですが、運命に導かれるように「梁山泊」という山寨に集結し、「替天行道(天に替わりて道を行う)」をスローガンに、悪漢たちや腐敗した政府高官を相手に戦い続ける・・・『水滸伝』はこのような痛快な物語です。

 好漢たちの拠点、梁山泊は四方を湖に囲まれた天然の要塞です。物語のタイトル「水滸(水のほとり)」はこれに由来します。より詳しい内容については、「あらすじ」カテゴリーをご覧頂くか、ぜひ『水滸伝』を読んでお楽しみ下さい。
この記事についてブログを書く
« 基礎知識 『水滸伝』ができ... | トップ | 基礎知識 『水滸伝』とは »

基礎知識」カテゴリの最新記事