昨日みた夢

小栗旬さんの魅力に触れて、
舞台の面白さにはまった管理人の独り言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やはり「花男」!!^^

2007年03月26日 | 小栗さんへの恋心^^
今日・・アップしようとしてた記事が何かの拍子に消えちゃって・・・
ちょっと脱力してしまった・・すいかです(^^;)
もう・・何書いてたか、忘れちゃうくらいガックリきたので・・・
違う話題にしよう・・・・・



・・・って、だから・・・アップ出来てないから、「違う話題」とか関係ないんだってば(笑)
ふぅぅーーーーーーー(笑)




では、気を取り直して・・・・


昨日のスマステで・・・少女コミックの人気ランキング・・なるものをやってましたね^^
堂々の第1位は・・・「花より男子」でしたね~~~
ま、今・・旬な話題ですし・・ドラマ化によって、知らなかった方も読んだりとかされただろうでしょうしね^^
でも、そういう事を差し引いても・・・・ストーリーがしっかりしてるし、ホントに良いお話だから
1位というのも頷ける気がします

それにしても5500万部でしたっけ?
凄い人気ですよね・・・ドラマ化される前ですら4000万部以上の売り上げだったそうですし・・・
「面白いもんね~~^^感動的だしねェ・・」と、うんうん^^と頷きながら観ていた私の横で



「50億くらい儲かってるな・・・・原作者・・」と笑い無しで言っちゃう所が・・うちの相方でございます(^^;)




一気にテンション下がるわ全く・・・(^^;)笑






でもでも、2位に「動物のお医者さん」が上がっていたのにはちょっとびっくり
ビックリしたけど、これも大好きなマンガで・・全巻持ってます


チョビ・・可愛い



これも以前にドラマ化されていましたが、期待していたほどではなくて・・ちょっとガッカリだったなぁ・・
と、思ったのを覚えています。
原作の中で、動物のセリフというか・・語りがあるものって・・ドラマ化すると難しいですよね・・
マンガゆえの面白さがあるっていうか・・・
主人公のハムテル(吉沢悠さんがされてましたね)・・・も、二階堂(要潤さん)も菱沼さん(和久井映見さん)も
実際にやるとなったら・・・かなり難しいキャラだと思います。
人によると思いますが・・・私はドラマ化はいまいちでした(^^;)

チョビは可愛かったけど(^^;)

このマンガによって、獣医師を目指す人が増えたとか・・。
おまけにモデルとなった北海道大学の獣医学科を受験する人が増えて大変だったとか・・・。
人気コミックの影響は凄いですね・・。






で、第3位には・・・これまた私の大好きな・・「有閑倶楽部」




「花より男子」も超お金持ちの英徳学園が舞台でしたが、こちらの「有閑倶楽部」も
負けず劣らず・・の超エリート集団、超お金持ちが通う「聖プレジデント」が舞台。
「花より男子」のドラマ化が決まった時、小栗さんは「ホントに出来るのかな?」と思ったそうですが
この「有閑倶楽部」はもっと・・・できんのか???ってくらい
有り得ない話の連続・・・のコミックですよねェ・・・。
つくしちゃんじゃないけれど・・・ありえないっつーーーの!・・って、感じ(笑)

その有り得なさ度が、コミックとしては本当に面白く、気分爽快で、読む者を魅了するところなんですが
ドラマ化となるとかなり難しいですよね(^^;)
実際に、過去にドラマ化されたはずですが・・・かなりいまいちだったらしく・・・(^^;)
そりゃそうだよと、思います。
ストーリーもドラマ化は難しそうだし、その上、主人公の6人を俳優さんがやるというのは
かなり・・・ハードだと思います(^^;)
だって・・・『女性なんだけど、腕っ節はそこら辺の男性より強くて、かなりおバカではあるけれど
運動神経は抜群で、各部門でオリンピック選手並か上を行く才能があり
色気ゼロだけど・・チョー美形で、女の子にモテモテ・・で
家柄は世界に名を馳せる「剣菱財閥」のご令嬢・・・・という、剣菱悠里』
なぁ~~~~んて人、誰がやれます?(^^;)(確かゆーりは国生さゆりさんだったと思います)
他の5人もそれぞれ凄い人ばかりで、みんな美形。
この世界観がコミックの中で確立されてるから、ドラマ化しちゃうと
どうしても見るのに無理を感じてしまう・・・と思うんです。

まぁ・・私は見てないので、なんとも言えないですが・・・・。





で、そういう事から言えば、昨日スマステで第1位になった「花より男子」は・・・
ドラマ化大成功のコミックだったんではないでしょうか?





舞台は有り得ないくらいのお金持ちが登場する話ですが、ストーリーの軸は友情だったり、恋愛だったりするし
みんなが共感できるストーリーなので・・・、身近に感じられて、それがドラマ化されても違和感がなかった理由の一つなのかなぁ・・
とか、思ったりします^^
それに、キャステイングが見事にぴったりはまりましたね^^

ドラマゆえの多少の話の変更があったにせよ、
決して原作のイメージを壊さず、傷つけず、邪魔をせず・・・尚且つ、より原作を魅力あるものへと
してくれたような気がします^^(エラい褒め様だな・・・^^;笑)




つくしちゃんと道明寺は・・もう・・まんまって感じだし
類は・・・十分に類っぽい上に、原作の類を更に魅力的なキャラクターにしてくれたし
西門くんは・・・最初、「もっと軽い感じの方がいいかなぁ・・」と思ったけど
話が進むにつれて、西門くんはこの人しか考えられないかも・・とおもわせてくれたし
美作さんは・・・・原作での印象が少々薄めなため(笑)、阿部力さんが「これぞ美作!」っていうキャラを作り出してくれたし
それがコミックの邪魔にならなかったと思います^^








そして・・・やはり特筆すべきは・・「花沢類」ですよ」
ハイ・・・そしてまたここで・・・・いつもの小栗さん凄いぞ話になるんですねェェェ(笑)


いや、ホント・・・今回の「花沢類」は素晴らしかったですよね。
前にも書きましたが、私・・・原作では圧倒的に道明寺が魅力的だと思っていたんですね。
あの一途なとことか、ちょっとバカなとことか、主役にして文句ないキャラだと思います。
で、ドラマ化されて、「花沢類」を見て・・・「あれ?類ってこんなに柔らかキャラだったっけ?」と
読み直したんですね・・・原作を。
じゃあ・・やっぱり道明寺の方が魅力的だったわけです。
でも、読み進んでいくと・・・小栗さんが最初から打ち出した「花沢類」像が浮かび上がってくるんですよ。
で・・・ピタリとはまるわけです。
原作のイメージとドラマの類が・・・・。
原作を読んでいても、ドラマで使われていたセリフが出てきたら
小栗さんが演じた類の声と言い方を思い出して読んでしまうんですよねェ・・・
すごいインパクトです


「花男」の監督さんが
 
「小栗くんは、頭のてっぺんから足のつま先まで、絶えず神経を注ぎ、完璧に『花沢類』になりきってくれた」

と言われていたのを読みました。
ホントにそうでしたね・・・。





ただ・・・やはり私は「舞台」での小栗さんにより魅力を感じるわけですよ。
最初に観たのが『タイタス・アンドロニカス』だったから・・・余計にでしょうか?
本当に舞台の上での小栗さんはドラマや映画とは全く違った・・・と言ってもいいくらいでした。









まずもう・・見た目が違いますよね・・。
イエ、姿形という意味の見た目と言っているわけではなく・・・
目の色・・というか、皮膚の表情というか・・・
「タイタス・アンドロニカス」ではシェイクスピア作品の中でもっとも残虐で暴力的な戯曲で
その中でも、至上最悪の極悪人・・と言われるエアロンを演じた小栗さん(初演は岡本健一さん)
本当に素晴らしく美しく、素晴らしく恐ろしく、DVDの画面越しですが
怖いくらいの眼光でした。
完全に極悪人、エアロンになりきっていた・・・というか、
歴史上に実際に生きた人物ではもちろんないんですが、小栗さんが生かしたというか・・
本当にエアロンがそこに生きていた・・・・と感じさせられた・・演技でした。




見てください。
この迫力のある・・・目、顔、立ち姿・・・・





ああ・・・本当に生で観たかったです。




今夏はその舞台が生で観れるかも・・かも・・・かも・・・(笑)しれないので
それを思うだけで嬉しくなります^^
それだけで、明日の活力になります~~~~~~


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガ~~~~ン | トップ | 『タイタス・アンドロニカス... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エアロンに♡♡ですか? (ミドリ)
2007-03-26 10:39:35
すいかさん、凄いスピードで転げ落ちてる・・・いやいや小栗さんの元へと駆け上ってますね~!
ちょっとニヤニヤしてます(笑)。
彼は観る者をいつも裏切り新しい顔を見せるのでハラハラドキドキの連続・・・役柄だけではなくて様々な分野に登場してきますし・・・。

もう  し~らないっ  ふふふ・・・
同類誕生に乾杯!です(笑)。

エアロンには魅了されますよね♡
タイタス全編は中々観れないのでエアロンの好きなシーンを観てから間違いの最初と最後をみて癒してもらうのが私のパターンですが・・・正しい見方では無い・・・ですよね?でもいいですよね?(笑)。

ホントにねェ・・・(^^;) (すいか)
2007-03-26 23:19:27
>ミドリさん^^
ホントに・・・ねェ?(笑)
どうしましょう?(笑)
でも・・・同類・・と言ってくださる心強い先輩がいらっしゃるので・・
安心して・・ついて行きます!(笑)

ホントにエアロンの時の小栗さんには圧倒されます。
何度見ても・・圧倒されて・・そのあまりの憎しみに満ちた瞳に
とてもとても切なく、怖さの中に・・胸が痛くなる思いがしてくるんです。
まるでそこに本当にエアロンが生きているような気持ちになって・・・。
自分の目の前で起こっている出来事のように感じてしまって・・・。

そう思わせてくれるって・・・・・これって凄い事ですよね。


それから、それから・・・・・!!
ミドリさんの見方・・。好きなエアロンのシーンを見て、「間違いの喜劇」の最初と最後だけ見る・・って!!
私と同じです!!(笑)
昨日は全編見ましたが。
最初DVDを購入して数回、しっかり見てたんですね。
で、その後は・・・ミドリさんが書かれているのと同じような見方をして・・・・ほぉ~~~~っと溜め息をついて癒されてます(笑)

ちなみに・・・エアロン。
私は乳母を殺す場面・・・自分の子供が生まれた事を知る場面・・・と
最後に「オギャーと生まれてから・・・・」のセリフを叫ぶ場面・・
あの時のエアロンが最高に迫力があって・・好きというか・・心に残ります・・^^
「間違いの喜劇」は・・あの音楽が凄く好きなんです。音楽に合わせて踊る最初のシーンも好きだし、最後・・・赤い糸で繋がりながら踊るシーン、大好きです^^

ああ・・・同じような感じがして・・嬉しい^^(笑)
これからも・・頑張るぞーーー!おーーーー!(笑)
初めまして! (シェリー・ルー)
2007-03-27 00:15:36
とは言っても、Ogurin総長の所でお名前拝見しておりましたよ。
コメントありがとうございました。
ボキャブラリーの無さに泣きながらも、
徒然日記かも・・・と言いながらも
ほぼ毎日ブログアップさせているのも、
ご愛嬌!って感じで、
今後ともおつきあい宜しくお願い致します。
小栗くんにハマってやっと半年です。
え?まだ半年しか経ってないの~?って言うのが
正直な感想です。この半年、とても濃密な時間を
過ごせていると思います。
小栗くんに出会えてよかった!
そして、すいかさんとも会えて良かったです。
ではまた!お邪魔しますね。。。
いらっしゃいませ^^ (すいか)
2007-03-27 10:59:19
>シェリー・ルーさん^^
いらっしゃいませ~~~~~~
ようこそお越しくださいました~~~
ありがとうございます^^

>>ボキャブラリーの無さに泣きながらも・・・・
とんでもないです!!
楽しく拝見させていただきました
小栗さんにはまって半年ですか?(^^)
それ・・・ほぼ私と同じくらいです
こうやって、ブログに書いたり・・相方に大っぴらに公言したのは
今年に入ってから・・・なんですが(^^;)
昨年の秋ごろから・・こっそりとDVDや本などを買い続け・・一人で浸っておりました(笑)
なので・・相方は「エライ急に盛り上がってるなぁ~~(笑)」と驚いてますが(笑)

私も小栗さんに出会えて・・知れて良かったです^^
幸せです~~~^^
そして・・こうやって、シェリー・ルーさんとも話せて・・
すごく嬉しいです~~~~
どうぞこれからもよろしくお願いします~~^^

「お気に召すまま」楽しみですね^^

コメントを投稿

小栗さんへの恋心^^」カテゴリの最新記事