かつら たろう(桑本栄太郎)/花冠同人

かつら たろう(桑本栄太郎)の俳句ブログ

冬の空、11月30日(金)

2012-11-30 18:17:56 | Weblog

☆うす雲を刷いて青空ビルの朝
☆えにしだの落葉明かりの冬日かな
☆チチチチとすずめ降りたつ小春かな
☆小春日の蛇腹カーテン影長し
☆木の葉散り空に朝日の陽射しけり
☆冬暁の窓のすずめに目覚めけり
☆散り敷きて土にしとねの落葉かな
☆プラタナス舗道に葉を敷き冬深し
☆除けもせず鳩のついばむ小春かな
☆彩りを染めし舗道や落葉踏む
☆青白き十一月の終わりけり
☆一年(ひととせ)の終の想いや冬紅葉

コメント (2)

銀杏黄葉、11月27日(火)

2012-11-27 10:04:40 | Weblog

☆ひと年のしがらみ彩に冬の雨
☆雨降れば己が明るき銀杏黄葉
☆木守とは言うに数多や門の中
☆冬菊の門を飾りて雨しきり
☆しがみつく冬の紅葉や駅ホーム
☆陸橋の手に触るるかに銀杏黄葉
<時雨の四条大橋界隈>
☆時雨るるや京の町家の青き空
☆鴨川の堰水過ぎるつがい鴛鴦
☆大橋を渡り南座北しぐれ
☆南座にまねき上がりて時雨れけり
☆顔見世や暮るるに早き東山

☆時雨来るバスの家路や山路越え
☆点しゆくバスのライトや銀杏黄葉

コメント (2)

落葉踏む、11月25日(日)

2012-11-25 15:02:51 | Weblog

☆部活子の朝の声ゆく銀杏黄葉
☆落葉踏み大きな音に驚きぬ
☆落葉踏む歩幅にあまる葉音かな
☆童心に返るひと時落葉ふむ
☆剪定の枝につぼみや冬ぬくし
☆鉢植えの南の部屋に冬日ざし
☆南面の鉢に日当る冬日かな
☆地に積もる彩の錦や落葉踏む
☆室咲きとなるガラス戸の陽射しかな
☆ポインセチア赤し室に陽射しの影落とし
<田舎の冬の追憶>
薪積み海鳴り遠き冬構・・・花冠秀句
☆海鳴りのごろた石曳き冬の海
☆笹鉄砲作る肥後ノ守冬の藪

コメント (4)

落葉、11月22日(木)

2012-11-21 18:53:26 | Weblog

☆階(きざわし)の踊り場彩に落葉積む
☆冬紅葉日当る方(かた)の色の濃し
☆朝日射しためらう傘にしぐれ来る
☆ボランティアの背中に木の葉のしぐれ降る
☆吹き飛ばすマシーンに彩の
落葉掃く
☆赤黄色みどりもありぬ落葉踏む
☆アコーディオンカーテンの影日向ぼこ
☆バスターミナルの発着しきりや冬紅葉
☆峰と谷深く見せ居り冬日影
☆日を透かし銀杏黄葉や本通り
☆街路樹のすでに冬木や二三本
☆ぽくぽくと生気ありけり落葉踏む
☆踏みしだき路地に積もりし
落葉かな
☆下校時の子等駆け戻る虎落笛

コメント (2)

鴨の声、(嵐山~嵯峨野Ⅲ)11月20日(火)

2012-11-20 20:11:16 | Weblog

<鴨の声、嵐山~嵯峨野>
☆松籟の木枯しつよき渡月橋
☆堰水の溢れんばかり鴨の声
☆尾花枯れ川風荒ぶ橋の上
☆師の髪の白きほほけや枯尾花
☆冬風の一幹に初む竹の音
☆雨降りて重き木の葉の降りにけり
☆落柿舎の冬の紅葉や萱の屋根
☆嵯峨野路の路地に迷いし冬紅葉
☆時雨るるや傘を差す間に陽射し居り
☆嵯峨野行く路地をせばめる落葉かな
☆緋の色を日差しにかざし冬紅葉
☆彩と言う色を踏み居り散紅葉

コメント (2)

落葉の雨(嵐山~嵯峨野Ⅱ)、11月18日(日)

2012-11-17 18:42:17 | Weblog

<落葉の雨、嵐山~嵯峨野>
☆嵐山の彩重ねけり冬の峰
☆大堰の冴えて耀く渡月橋
☆嵯峨野路や落葉の雨の色に染む
☆陽の射すをかざし見て居り冬紅葉
☆がまずみの垣に冬日や天龍寺
☆冬空の青き梢や竹の径
☆彩をなす野宮神社や神の留守
☆車夫写す二人の背中に冬紅葉
☆佇みて句友待つ間や石蕗の花
☆柴垣の中に日向や石蕗の花・・・推敲
☆車夫の曳く冬の嵯峨路の緋色かな・・・推敲
☆先達の百人一句碑しぐれ降る
☆佇めば句帳滲みて時雨れけり

コメント (2)

冬紅葉(嵐山~嵯峨野)、11月16日(金)

2012-11-16 11:07:33 | Weblog

<冬の紅葉、嵐山~嵯峨野>
☆七五三松尾大社の赤鳥居

☆嵐山線駅に桜の冬紅葉
☆嵐山の彩の錦や冬の峰
☆行き交うは冬の一会や渡月橋

☆通り過ぎもどり眺むる石蕗の花
☆仰ぎみる竹の梢やしぐれ空
☆小春日や五百羅漢の泣き笑い

☆咲き尽くす事を知らざりかへり花
☆落柿舎の蓑笠常に時雨れけり
☆しぐれ降る去来の塚に柿ひとつ
☆十哲の去来も斯くや冬の句座
☆いしぶみの文字をなぞれば時雨来る
☆祇王寺の寒くあらんや尼の御前
☆木枯らしの今朝来たるらし嵐山
☆しぐれ降る峰に日差しや小倉山

コメント

時雨れ、11月14日(水)

2012-11-13 22:21:05 | Weblog

☆亜浪忌の雲に託せる旅寝かな
☆枯蓮の赤き茎折れ水に立つ
☆トンネルとなりて車窓の冬紅葉
☆又一葉落ちて紅敷く落葉かな
☆冬菊の雨に濡れ居り日差し来る
☆駅毎に冬の紅葉や阪急線
☆腰高に農婦もんぺの葱畑
☆飛沫上げ着水つづき鴨来たる
☆寺町の黄落しきりや本能寺
☆泣きに来て映画果てれば時雨れ居り
☆映画果て新京極のしぐれけり
☆京野菜並べ錦の冬市場
☆冬ざれや錦小路のアーケード
☆落葉踏む雨の家路の日暮れけり
☆ふゆもみぢいろはにほへとちりぬるを

=「時雨れ」の句によせて=
昨日は予ねてより観たいと思っていた、吉永小百合主演
の映画、「北のカナリアたち」を観に行って来た。
小生は高校生のころよりかなりのサユリストであり、嘗ての
「キューポラのある街」「泥だらけの純情」などに
はじまり
大抵の映画は観ている。

実はこの「北のカナリアたち」が封切になる前、テレビ対談
でこの映画の撮影状況を吉永小百合の口から聞いていて
大変興味をそそられていた。北海道での撮影は「北の家族」
でも経験したが、それとは比べものにならない程酷寒の中
で行われた事。全国数千人の中から選ばれた6人の子供たち
は演技力ではなく、歌の上手下手で選ばれた事など。
吉永小百合は現在では一年に数本の出演と言う寡作であり
出演する映画は台本を選び気に入った作品のみ出演するとの
事である。それほど思い入れの強い映画出演なのである。
映画鑑賞が主たる目的であるものの、気分転換のための
散策でもあり、かなり早めに出掛け新京極のMOVIX京都で
切符を購入後、京都の台所と言われる錦市場、四条通界隈
をゆっくり1時間ほど散策し、又映画館に入った。
映画「北のカナリアたち」は、最初のストーリー展開がゆったり
過ぎる事、現在と過去に戻る回数とその必然性がもどかしく
理解しづらかった。時間を追う毎にストーリー性も盛り上がりを
見せ、映画の中での言葉(せりふ)も味わいのある考えさせ
られるものがかなりあった。男の子が苛めた女の子へ詫びる
機会を見出だせなかった時、吉永小百合のはる先生の夫
柴田恭平演ずる大学の先生が男の子を諭す言葉「もし世界が
明日滅びようとも、今日は明日の為に1本の林檎の木を植える
今日は今日出来る事を行うのみである・・分かったな・・良し
気後れせず行って来い」など。又、吉永小百合のはる先生が
殺人事件を犯し警察から追われている嘗ての教え子に、生きる
為に宿題を与える。人生の宿題とは?また人生の宿題の答え
とは?・・・最後に理解出来た答えは、「人はそれぞれ日々生きて
行く中で色々な事情を抱えているものの、それでもその事を
乗り越え明日に向かって『生きて行く』事であると分かった。
最後の方の場面には周囲の観客から、すすり泣く声が沢山
聞こえていたが、中高年層の観客が殆どであった。
皆泣く為に映画を観に来ているようである。

=映画の紹介=・・・ヤフー映画案内より

あらすじ

日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる(吉永小百合)は、ある事故をきっかけに島から出て行ってしまう。それから20年後、東京の図書館で働いていた彼女は、教え子の一人が事件を起こしたことに疑問を抱き、かつての自分が受け持っていた生徒たちに会うため北海道へ向かう。恩師と再会した教え子たちは、それぞれに抱える複雑で苦しい胸中を明かす。

解説

『告白』の原作者である湊かなえの小説「往復書簡」の一編「二十年後の宿題」を、日本を代表する女優・吉永小百合を主演に迎え、『大鹿村騒動記』の阪本順治監督が映画化したヒューマン・サスペンス。20年前に起きた悲劇により引き裂かれた教師と教え子たちがある事件を機に再会し、それぞれが抱える心の傷や真実が明らかになっていくさまを描く。共演には柴田恭兵、里見浩太朗、仲村トオル、森山未來、宮崎あおい、松田龍平など、ベテランから若手まで実力派が勢ぞろいする。

コメント (4)

落葉掃く、11月13日(火)

2012-11-12 19:57:24 | Weblog

☆青空を残し雲間へ冬日かな
☆葉の色のいよよ彩なし冬に入る
☆落葉掃くボランティアへと又一葉
☆始業チャイム校舎に流れ冬ぬくし
☆朝日透き哀しきほどの冬紅葉
☆葉の少し小さき銀杏の落葉踏む
☆冬菊の畑に傾げる黄色かな
☆冬風に穂のむらさきや力芝
☆小春日の坂道歩む村の路地
☆桐の実のかざす青空曇り来る
☆白壁の屋根に青空コスモスは
☆冬紅葉南京櫨の紅を透く
☆見上げれば雲間に青の銀杏黄葉
☆蔦の紅竹を伝いて冬空へ
☆さざ波の彩の錦や冬の池
☆色もしや菊に勝れり泡立草

 

コメント

初冬の洛西Ⅱ、初冬、11月11日(日)

2012-11-11 17:47:18 | Weblog

☆日当りを選び出勤今朝の冬
☆日翳れば明るき彩の庭紅葉
☆ひつそりと風の社や神の留守
☆落ち水の音心地良き冬菜畑
☆雲よりの出でし朝日や草紅葉
☆小春日の村の路地往く独りかな
☆池の面に落葉敷き詰め沼の朝
☆冬菊の低く傾ぐや野に風に
☆吹く風に稲株香り冬田晴れ
☆コスモスの茎の赤さよ天に向き
☆南天の実に黄色有り村の門
☆冬耕の土の香散らしトラクター
☆下枝に花の有りけり萩は実に
☆初冬の風にむらさき力芝
☆青空のあおに透き居り銀杏黄葉
☆色もしや菊に勝れり泡立草
☆雨降りて妖しき黄なり泡立草

コメント (2)