かつら たろう(桑本栄太郎)/花冠同人

かつら たろう(桑本栄太郎)の俳句ブログ

夜寒、10月30日(火)

2012-10-30 19:03:27 | Weblog

☆満天星の紅の葉色や朝寒し
☆青空に彩の葉色や小鳥来る
☆朝冷えや朝日透きいる木々の葉に
☆残りては斯くのごときや朝の虫
☆ひと群れのどうだんつつじの紅葉かな
☆色鳥の彩の葉裏に鳴き居りぬ
☆青空のなんじゃもんじゃの黄葉かな
☆校庭に座り授業やななかまど
☆しな垂れて傾ぎて空へ秋桜
☆午後よりは雲の張りだしななかまど
☆かろがろと青桐の実の秋空へ
☆雨降れば尾灯のつづく夜寒かな

コメント (2)

秋日、10月28日(日)

2012-10-28 17:34:54 | Weblog

<四条大橋界隈>
☆南座の大屋根光る秋日かな
☆鴨川の桜紅葉の河畔かな
☆鴨川の堰水広し秋の川
☆堰水のさざなみ白く秋の川
☆せせらぎの色葉流せり高瀬川
☆サッカーの河川広場や秋うらら

☆秋雨の朝や静かに木々の色
☆秋雨に見下ろす木々の黄色濃し
☆商店街の積木広場や秋の雨
☆雨止みて色に残せり秋寒し
☆肌寒の雨のひと日の暮れゆけり

コメント (2)

泡立草、10月26日(金)

2012-10-26 18:55:41 | Weblog

☆秋冷の木々に朝日の煌けり
☆朝露の歩みゆくほど耀けり
☆みちのくの田に満ち来たり泡立草
☆見上げれば高層ビルに秋の雲
☆昨日より今朝の色濃き紅葉かな
☆日当たりに佇み見上ぐいわし雲
☆手をつなぎ老いの散歩や秋うらら
☆高階の庭に高きやうす紅葉
☆日を透かし妖しき彩の櫨紅葉
☆日を透きし照葉妖しきみずきの葉
☆黄葉に夕日射し居り更に濃し
☆すじ雲の夜空明かりや後の月

コメント (2)

秋の雨、10月23日(火)

2012-10-23 17:49:10 | Weblog

☆門扉越え色づき初めし実南天
☆梢より南京櫨の紅葉初む
☆青空ゆ黄葉初む木の色の濃し
☆頂きの枝垂れ桜の紅葉かな
☆ひとひらの葉となり居りぬ秋の蝶
☆草花の低きを探し秋の蝶
☆あてどなく何かをさがし秋の蝶
☆下枝にむらさき残し萩は実に
☆希望とは許しあうこと草紅葉
☆先触れのなく始まりぬ秋嵐
☆玉粒の窓にしたたり野分荒れ
☆駅前の雨の銀杏の黄葉かな
☆検査終え安堵の家路や秋の雨
☆秋雨や病院バスの黙の客

コメント

秋空、10月21日(日)

2012-10-21 18:06:14 | Weblog

☆山際のはきと青きや秋の晴れ
☆吹く風の時折冷ゆる朝の道
☆風吹けば葉擦れの冷ゆる朝の道
☆秋冷や朝の出勤の日当りを
☆日当たりを低く飛びけり秋の蝶
☆秋雲の高く留まり青空に
☆秋朝の日当たり好み雀どち
☆秋朝の朝日まぶしく仰ぎけり
☆朴の葉の落ちて秋空広げ居り
☆新月の秋の夜空に育ちけり

コメント (2)

もみづる、10月18日(木)

2012-10-18 18:50:00 | Weblog

☆コスモスの風に儚き丘の上
☆赤錆の鉄路につづく泡立草
☆延々と線路につづく泡立草
☆泡立草つづく黄色の車窓かな
☆小雨降る車窓明かりや泡立草
☆三川の集う中州や芒原
☆芦屋なる松の林や秋の雨
☆モノレールより見下ろす街の薄紅葉
☆もみづるや眼下の街の人工島
☆小雨降りタグボート行く秋の潮
☆白波を拡げ出船や秋の海
☆秋潮の岸に連なる浚渫船・・・花冠秀句
☆帰り来て吾の在所の紅葉濃し
☆もみづれば小雨に色の在所かな

注釈・・・もみづる・・木の葉が赤や黄色に色づく事。

コメント (1)

萩は実に、10月16日(火)

2012-10-15 21:32:15 | Weblog

☆朴の葉の落ちて白きや秋深し
☆秋天の青空仰ぎ日陰行く
☆水木葉の朝日透き居る紅葉かな
☆リーダーの長き子犬や秋の昼
☆鳴き声を交わし影見ず小鳥来る
☆灯明かりに野良猫鳴くや萩は実に
☆香り来る闇の家路や金木犀
☆仕事果てちちろの闇の家路かな
☆遠回りの夜の散策金木犀
☆迂回せる夜の家路や秋うらら

コメント

秋日照る、10月14日(日)

2012-10-14 20:40:40 | Weblog

<秋の四条大橋界隈>
☆南座の甍輝き秋日照る
☆青空の古刹の庭や花梨の実
☆鴨川のせせらぎ光り秋日ざし
☆とんび舞う四条大橋秋日ざし
☆大橋を渡り四条の秋の風
☆鴨川の川風掬い紅葉初む

☆秋晴れの妻の退院祝いけり
☆コスモスのほのと色香や秘めし恋
☆銀波
の片方かたへと芒の穂
☆ミズキ葉の葉脈確と紅葉初む
☆枝揺らしひえどり数多鳴き交わす
☆青空に花はなけれど秋の蝶
☆コスモスの倒れてなおも青空へ

 

コメント (2)

秋入日、10月12日(金)

2012-10-12 19:07:01 | Weblog

☆舞台装置のごとくストンと秋入日
☆庭木の葉静かに彩の秋しぐれ
☆西山の峰や朝霧抱き居り
☆いわし雲宵ともなれば金色に
☆坂道を歩む公園木の実落つ
☆椎の実を拾いつ歩む出勤路
☆公園のゲートボールや秋の空
☆鵙の声天に届けと盛りけり
☆青空の天を裂き居り鵙猛る
☆日当たりに佇む猫や秋の朝

☆コスモスの彼方に嶺と甍かな
☆カーテンの蛇腹透き居り秋日ざし

コメント (2)

秋の雲、10月10日(水)

2012-10-10 20:34:01 | Weblog

☆秋朝の独り吟行公園へ
☆秋朝の風なく落つる一葉かな
☆公園の円き頂き秋の雲
☆秋雲の嶺にぽつかり浮かびけり
☆なだらかな嶺の高きに秋の雲
☆竹林の天は青空竹の春
☆秋風やはらりはらりとプラタナス
☆色鳥や朝の公園にぎやかに
☆秋雲の昼ともなれば重く垂る
☆夕暮れのちちろの声の老けにけり
☆夕闇の路地の家路や金木犀
☆白雲の夜空明かりや秋の雲

コメント (2)