かつら たろう(桑本栄太郎)/花冠同人

かつら たろう(桑本栄太郎)の俳句ブログ

猫の恋、2月29日(水)

2012-02-28 20:31:47 | Weblog

☆北山の又も白きや冴返る
☆遠嶺となりて生駒の春の山
☆生駒嶺や雲に隠れし春の山
☆聖壇のつぼみあえかや桜の芽
☆草萌や天井川の土手を往く
☆冴返る追越し往けるのぞみ号
☆新駅のホームはずれや菜花咲く
☆生きる術(すべ)声に託せり猫の恋
☆ほんとうは吾の魔性か猫の恋
☆白梅の淡き光りにあわき色
☆青空のあおの透き居り二月尽
☆毎年は無き閏の年や二月果つ
☆日暮れより雲に覆われ月朧

 

 

 

コメント (2)

早春の乙訓散策Ⅱ、春の水、2月27日(月)

2012-02-27 10:26:58 | Weblog

☆畝の間のさざ波しきり春の風
☆ほほを過ぐ風の耳過ぎ揚ひばり
☆耕さる土に滲(し)みゆく春の水
☆さみどりの摘むによしなし蓬萌ゆ
☆野を過(よ)ぎりマルチさざめき風光る
☆風を避け草の葉陰や犬ふぐり
☆畦の陽を占めて色めくほとけの座
☆遠嶺のすその甍の春日かな
☆しつかりと風に起ち居る春菜かな
☆畦下のくぐもり流る春の水
☆下萌や青き空缶田の中に
☆漸くに白き首みせ春大根

コメント (2)

早春の乙訓散策、春野、2月25日(土)

2012-02-24 19:42:53 | Weblog

☆耕さる土の乾きや風光る
☆下萌やうすきみどりの田の風に
☆水音の春の小川でありにけり
☆山すその甍かがやく春野かな
☆犬ふぐり空を見上げる青さかな
☆星くずの畦に小さき犬ふぐり
☆山風に耐えて靡けりなずな咲く
☆風音の耳に途切れし揚ひばり
☆耳を過ぐ風に途切れし揚ひばり・・・推敲
☆たんぽぽの張りつく土手や南向き
☆たんぽぽの土手の南を占めにけり・・・推敲
☆止まりつつ眺めつつゆく春野かな
☆とどまりつ眺めつつ往く春野かな・・・推敲
☆はためきてポール打ち居り春の風
☆採り跡の千々のみだれや春の畑
☆こきこきと竹林渡る春の風

=「春野」の句に寄せて=
勤務先の商店街は改装工事の為、閉館と
なっているものの、男性職員二人の交代で
出勤対応をしている。前半は自分の出勤で
あり、昨日は休みのところ、所要が発生し
昼食後出掛けた。早めに用事も終わったが
このまま帰宅するのは勿体ないと思い、近在
の田園を散策した。勿論句帳を片手の散策
である。本当に久しぶりの田園散策となった。
日差しはかなり明るいものの、風が吹き抜け
れば未だかなり寒い、早春の田園である。
犬ふぐりが漸く咲き始め、ほとけの座は茎が
伸びただけで未だ花は無い。なずなの花が
風に吹かれ、震えるように咲いている。
二月も終わりに近いこの時季としては植物たち
の開花は例年よりかなり遅く思われた。

それでも、揚雲雀の囀りも聞こえ、彼方の山裾の

村の黒い甍が輝き、明るい陽射しはすっかり
春の光景であった

コメント (3)

春の夢、2月24日(金)

2012-02-24 11:16:17 | Weblog

☆素手にても日差し伸び居り暖かし
☆嶺影のうすく連なり春霞
☆公園で新聞読む人暖かし
☆きしきしと鳩の群れ去り暖かし
☆改装の槌音高く春の塵
☆うす雲の春の朧となりにけり
☆つんつんと色めく午後や柳の芽
☆うすうすとさみどりゆるゝ柳の芽
☆乙訓の風こそ良けれ菜花咲く
☆乙訓は風吹く丘ぞ菜花咲く
☆太古より目覚むナデシコ春の夢
☆山鳩のくぐもり告げる不器男の忌

コメント (4)

白梅、2月23日(木)

2012-02-23 14:18:35 | Weblog

<梅ほか>
☆梅が香や一気にひらく丘の上
☆いつせいにつぼみ綻び梅二月
☆梅が香のそよと乗りくる香りかな
☆ものの芽や枝の艶めきむらきに
☆はじらいの梅一輪の白さかな
☆はにかみの一輪二輪梅ひらく
☆白梅の香る夕日となりにけり

<夕暮れの阪急嵐山線>
☆上桂駅のホームの桜芽木
☆日暮れゆく松尾大社や春ともし
☆春雨の本降り来たる嵐山
☆水滴の枝に咲き居り春の雨

=「春雨」の句に寄せて=
勤務先の商店街は2月19日から28日まで
改装工事の為、閉館となっている。
今年で隣接するラクサイ高島屋と共に開店
30周年を迎え、上部団体である京都市
住宅供給公社の計らいで行う工事である。
 
テナントは個々に改装、内装替え、など色々
であり、全てのがテナントが同一と言う訳
ではなく、全く影響のない店舗もある。
それなのに、「何かあった時の為」との理由
により対応出勤となった。電話は「改装閉館
休業」と切り替わり、暖房も入らず、工事の騒音
で埃が舞い上がると言う最悪条件であり、隣接の
商店会休憩室で携帯を前に待機をしていた。
何かとは、何処何処の工事の為鍵を開けて欲しい
などの事ばかりで、その他はまったくの待機のみ
であり、ばかげた出勤対応である。
先日閉館前から22日(水)は男性二人、女性二人で
遅くなったものの、新年会を嵐山「谷口」にて行う
事になっていた。
夕方早めに対応を切り上げ5時45分嵐山駅で集合
の上谷口に向かった。こじんまりとした創作会席
料理の店であった。夕刻からの春雨が本降りとなった。

コメント

梅二月、2月21日(火)

2012-02-21 19:19:37 | Weblog

☆はだれ雪となりて歩道の間かな
☆ほどけゆく飛行機雲の春の雲
☆きのうより今日の爆ぜ居り梅二月
☆その中のいつぽんのみや梅ひらく
☆梅林の遅速際立ち梅二月
☆告白の機会うしない梅ひらく
☆梅が香や告げる機会のすでになく
☆手をつなぎ園児散歩や丘の梅
☆竹林の丘の彼方やうす霞
☆丘上のグランドゴルフや風光る
☆改装の工事かしまし雪解かな

☆ほんのりと染まる山ぎわ春夕焼

 

コメント

梅一輪、2月20日(月)

2012-02-20 19:36:00 | Weblog

☆春日さすはるか離宮の森の空
☆春めきてバスの系統変えてみる
☆残り菜の外葉白きや草萌える
☆下萌やたちまち嶺に雲の影
☆芽吹きとは言えぬ枝先むらさきに
☆残雪の坂を行くバス芋峠
☆竹林の闇を燈すやはだれ雪
☆つかの間の日差し明るく春北風
☆青空へ伸びる一枝梅一輪
☆梅が香の弾け初めいる朝かな
☆点々と空へ辿りし梅ひらく
☆梅つぼみ一気にひらき風生忌
☆北国は未だ時化おり多喜二の忌

 

コメント (2)

春北風、2月19日(日)

2012-02-19 20:03:55 | Weblog

☆青空の朝のバス停凍返る
☆ミニの娘(こ)のブーツ姿や春きざす
☆春めきて朝日に光る照葉樹
☆竹林の闇を照らせりはだら雪
<四条大橋、先斗町、木屋町界隈>
☆川岸を走るランナー春きざす
☆鴨川の堰水光り春きざす
☆あゆみ行く春の路地裏先斗町
☆先斗町の春の路地行く犬矢来
☆春日さす木屋町流る高瀬川
☆川床の光る春水高瀬川
☆春水の光る流れや高瀬川
☆托鉢の僧の独りや春北風

=注釈=
春北風・・・春先に吹く冷たい北風・・・春ならい、
                                              
はるきたとも

コメント (2)

凍返る、2月18日(土)

2012-02-18 20:46:41 | Weblog

☆凍返る嶺も森にも白きもの
☆凍返る山の見えざる雲の中
☆ぱりぱりと朝路の堅く寒戻る
☆階段の雪踏み出勤寒戻る
☆春雪のしずる朝日の並木かな
☆バス停へ足跡たどり寒戻る
☆エレベーターの降りし途端や冴返る
☆春雪の泥となりたる昼餉道
☆降り止みて歩道の真中や雪まろげ
☆哀しみの名残の雪や夕茜
☆瞬きの夜空の春の家路かな

 

コメント (2)

春の田、2月17日(金)

2012-02-17 19:51:47 | Weblog

☆下萌やグランド整備の部活生
☆頑なに季(とき)を待ち居り桜芽木
☆早春のカバー掛けらるベビーカー
☆春日射す松の多きや芦屋浜
☆いつせいに山の隠れる春霞
☆青空に吊るすライナー春の潮
☆春耕の畝に水溜め光りけり
☆大阪府三島郡とや菜花咲く
☆夕暮れの霞か雲の余寒かな
☆バス停の行列つづく余寒かな
☆さんざめく葉の光りけり余寒風
☆日々疎しでん気予報の冴返る
☆白きものの風に混じれる余寒かな

コメント (2)