かつら たろう(桑本栄太郎)/花冠同人

かつら たろう(桑本栄太郎)の俳句ブログ

年惜しむ、23年大晦日(土)

2011-12-31 23:07:25 | Weblog

☆青空の雪雲育て北の嶺
☆蒼天の滋養吸い居り冬木かな
☆歳晩の爺は積み木で子守かな
☆自転車の傘とライトや雪しぐれ
☆歳晩の犬は戸外や商店街
☆下枝の残る紅葉やビルの影
☆小走りに急ぐ出勤年つまる
☆想い出の一つひとつに年惜しむ
☆原発の停まりて迎う去年今年
☆一閃の光りに初むる初日かな

コメント (1)

冬草、12月29日(木)

2011-12-29 17:17:41 | Weblog

☆朝日映え残る紅葉や風の前
☆校門の閉じらる前やミニ葉牡丹
☆黄と白と紅の冬菊フェンス越し
☆歩みゆく朝日にさくらの冬木影
☆朝日透く桜並木や冬木影
☆枯草の赤き縮れに朝日かな
☆橙の重き黄色に耐えかねて
☆最終診察待合室の寒さかな
☆振り返る今年となりぬ年の暮
☆父と子のボール遊びや年暮るる

コメント (2)

数へ日、12月28日(水)

2011-12-28 20:26:09 | Weblog

☆天窓の冬日明るき商店街
☆数へ日や行列長きレジスター
☆数へ日のカート山盛り媼かな
☆数へ日のドアに挟みし薬ゆび
☆竹林の竹を伐る音冬ざるる
☆冬朝の筋雲ならび走りけり
☆木枯や白き小枝の数多地に
☆刻々と変わる天空冬晴るる
☆一刻も留まり知らぬ冬の雲
☆歳晩のおのこ珈琲館で休み
☆駆け足の小犬の散歩年の暮れ

コメント (2)

冬月、12月27日(火)

2011-12-27 19:48:50 | Weblog

☆朝日射す小枝賑わい寒雀
☆風花の風のひと吹き又空へ
☆風花の千の煌めき青空に
☆あゆみ行く程に風花舞いにけり
☆ひかり溜め空に漂う風の花
☆天蓋の雪載せ来る貨物かな
☆散り残る冬の紅葉に朝日かな
☆天窓の冬日明るき商店街
☆冬月や硬く尖りて西の空
☆冬月の花王のマークとなりにけり
☆ゴンドラに誰を乗せしか冬の月

=「冬日」の句によせて=
昨日の朝8時30分過ぎに商店街事務局へ出勤し
館内8箇所の出入り口へイベント告知のポスター
を貼った。終わりに近い7箇所目の自動扉の場所
で未だ電源が入って居らず、手動で開け又館内
に戻ろうとして手動で扉を閉めたが、意外に重く
思いっきり閉めたところ、加減が分からず薬指
を詰めてしまった。自動扉は反対の一方も同じ
ように閉まることを失念していた。
閉めた途端に指の感覚がなくなり、血が噴出した。
事務所に戻り、ティシュで拭きとりティッシュをぐる
ぐる巻きに輪ゴムでとめ、指サックをしたものの
血がにじみ、午後3時ごろになって近在の外科に
時間外で診察して貰った。初期治療が悪かった
為か中々止血しなかった。たいしたケガではない
ものの、づきづき痛む事と年末にむけて右の利き
腕と指先が使いづらいのは大変難儀な事である。

コメント (2)

風花、12月26日(月)

2011-12-26 20:24:09 | Weblog

☆雪白し殊に車の上なれば
☆青空のあおに染み居る風の花
☆うつすらと京の町屋に雪が降る
☆風花の空に煌めく通勤路
☆つくるには降り足らざりし雪まろげ
☆降り落ちてすぐに湿れる風の花
☆青空に冬木の幹の白さかな
☆冬山のひねもす雲を放ちけり
☆多忙とは物を忘れる年の暮
☆あと幾つ重ね迎うや年忘

コメント

年用意、12月25日(日)

2011-12-25 20:17:49 | Weblog

☆青空の水面耀く冬の川
☆冬草の色はそのまま輝けり
☆山肌の赤く縮めり寒波急
☆冬日さす車内明るき家路かな
☆生駒嶺の低く遠きや冬の雲
☆鍋囲む若人らの言うクリスマス
☆三川の集う中洲や枯葎
☆昼の日のみどり新し冬菜畑
☆むき出しの工事現場や枯尾花
☆赤錆のごとき冬木や駐屯地
☆山畑に光り輝き芒枯る
☆これ以上歳は望まず年用意

コメント (2)

冬の雲、12月24日(土)

2011-12-24 18:54:35 | Weblog

☆朝日射す波の向こうに鳰浮ぶ
☆川波に躍り浮ぶや鴨の陣
☆冬日さす明るき車窓の家路かな
☆操車場の電車数多や冬の空
☆冬萌の土堤のみどりや遊歩人
☆冬耕の黒き畝間や水光る
☆山肌に影移りゆき冬の雲
☆草枯るる中の工事や縦貫道
☆冬雲の嶺に親しき生駒かな
☆金色に光る銀杏の落葉踏む
☆休耕の畑の賑わい草枯るる

=「冬の雲」の句に寄せて」=
休日となった今日、所要があり大阪梅田まで
バス、電車を乗り継いで出掛けた。
仕事の勤務先が徒歩10分の所で、通勤には
大変便利なものの、仕事の疲労が溜まっても
やはり外出をしなければ、ストレスも溜まり、中々
疲れが癒されない。この週末は天気予報通り
クリスマス寒波の襲来であり、昨日は初雪も
あった。温かい格好をして外出したが、風が
無ければ、バス電車の車内は暖かくて明るく
大変心地よいものである。
昼前に帰り、午後から風邪寝の家内に代わり
掃除、洗濯、ごみ出し、片付けを行った。
夕方疲れが出て来て、1時間ほど休養した。

コメント (2)

初雪、12月23日(金、祝)

2011-12-23 19:22:57 | Weblog

☆雪雲の峰を降り来る怒涛かな
☆吾が行けば冬の雀の一斉に
☆風吹けば肩に時雨や朝の道
☆冬空の青く晴れ居り日照雨(そばえ)降る
☆山茶花の蘂いつぱいの陽射しかな
☆青空の山に雪雲日照り雨
☆背の低き庭木に残る冬もみじ
☆蘂ひろげ花びらひろぐ山茶花は
☆テレビ独り話す風邪寝の内儀かな
☆寒風に赤を極めリピラカンサ
☆初雪の道を光らせ降リ止みぬ

コメント (2)

柚子湯、12月22日(木)

2011-12-22 19:48:41 | Weblog

☆との曇る空に冬木や鳥の声
☆通勤の道に積み上げ楡落葉
☆冬霧の空の一点朝日射す
☆行く人の小走り多し街師走
☆小走りの人の行き交う師走空
☆昼の陽の厨に陽射し春待たる
☆送りきし容そのまま柚子湯かな
☆仕事先の倉庫片付け年用意
☆古紙回収の最後の知らせ冬至かな
☆寒拆の響く夜陰の静寂かな

コメント

冬茜、12月21日(水)

2011-12-21 20:26:31 | Weblog

☆さえざえと朝の冷気や鳥の声
☆暁の四方の小枝や冬茜
☆山茶花の散り敷く紅の背丈かな
☆背の低き残る紅葉に朝日かな
☆散り残る冬の紅葉に風が吹く
☆血脈と見ゆや冬木の小枝かな
☆乙訓は嶺の近くて暮れ易し
☆ふるさとは嶺の彼方や冬茜
☆送り来し柚子の形の定まらず
☆体力と気力勝負や年用意

コメント