かつら たろう(桑本栄太郎)/花冠同人

かつら たろう(桑本栄太郎)の俳句ブログ

仲夏、6月30日(月)

2008-06-30 21:19:39 | Weblog
☆雨雲の空に咲き初む木槿かな
☆花ざくろ小さき一樹を炎とし
☆枇杷の実のいつしか採らる廃工場
☆沙羅の花雨に濡れても極めけり
☆六月の天に残すや慈雨の雲
☆東天に雨雲低く西日照る
☆田水早や緑なりたる仲夏かな
☆夏草や今日で半歳過ぎ往けり
コメント (4)

蓮(はちす)咲く、6月29日(日)

2008-06-29 18:28:27 | Weblog
☆深梅雨や雨足強きに目覚む夜
☆荒梅雨や激しく水の匂ふ朝
☆鈍色の空にうす紅蓮(はちす)咲く
☆実梅熟るほゝに紅刷き列を成す
☆枇杷の実の一枝揺れて鳥の翔つ
コメント (4)

午睡、6月28日(土)

2008-06-28 19:52:51 | Weblog
☆一鉢に二つのむらさき花茄子(はななすび)
☆苦うりの花芽の棘やベランダに
☆青梅雨や匂い立ちをり花茘枝
☆書を読みて雨に目覚めし午睡かな

☆桑の実や想いは深き遠い日よ

=注釈=
花茘枝(はなれいし)・・苦瓜の花

=苦うりの句に寄せて=
今年は、狭いベランダで去年と同じく鉢植えの茄子と、バケツ稲2個、それに
初めてプランターでゴーヤーを2株育てている。ゴーヤーの苦いあの大人の味
は好きであるが、身近に栽培した事は初めてである。丈夫で作りやすいとの
説明で手がけてみた。蔓がどんどん伸び、階上に届きそうになり可哀想である
が、途中で芽を剪った。栽培解説書どおり、気温の上昇と共に、枝蔓が伸び、棘
のある雌花、花だけの雄花が蔓にラッシュを思わせるほどついていて、毎日、朝夕
に眺め、観察していると気持ちが弾んで来て好いものだ。
コメント

短夜、6月27日(金)

2008-06-27 22:40:55 | Weblog
☆短夜や赤子泣きゐて朝迎ふ
☆草むらの虫の鳴きをり朝涼し
☆ざくろ咲く熱き想ひのある如し
☆紫陽花の色に秘めしは吾が想ひ
☆青田晴れ水面に微かな山の影

=短夜の句に寄せて=
通勤の時は毎朝、5時過ぎには起床してるが、やはり週末が
近くなって来ると疲れからか日中でも眠気がして来る事が
ある。昨日の夜は普段より早く床についたものの、朝方未明に
どこからか赤ん坊の泣き声が聞こえて来て目が覚め、そのまま
寝付かれず朝となってしまった。小さい子育ての終わった現在
では、夜更けの赤ん坊の泣き声は、子育て最中の遠い昔の想い出
と、何事かなと気になってしまうものである。つい聞き耳を立て
てしまい勝ちである。
コメント

花茄子、6月26日(木)

2008-06-26 22:11:11 | Weblog
☆花茄子やうす紫の東向き
☆凌霄花の朱色冴えけり夕間暮
☆雲晴れて河の茜や西日さす
☆天気図の梅雨前線押し押さる
☆梅雨雲の何処か去りて夕晴れに
コメント

泰山木の花、6月25日(水)

2008-06-25 22:12:36 | Weblog
☆樹上なる泰山木の花不動
☆梅雨雲や眠りを誘ひて空に充つ
☆紫陽花のうす紅ばかり線路脇
☆花ざくろ極めし色の恋焦がる
☆苦うりの花芽に棘や梅雨の晴れ
☆実梅熟る眠気さそひて雨もよい
コメント

揚羽蝶、6月24日(火)

2008-06-24 22:28:19 | Weblog
<団地の駐輪場から>
☆十薬や三輪専用駐輪場

☆子雀の羽ばたき重し梅雨の晴れ
☆花ざくろようよう日差しの戻りけり
☆葉の蒼く南瓜の花のかくれなし
☆凌霄花の朱色咲き初むバス停に
☆たゆとうて街の舗道や揚羽蝶
コメント (2)

西日さす、6月23日(月)

2008-06-23 22:04:53 | Weblog
☆白花の闇に落ちけり夏嵐
☆青柿やふくらみ増せる雨上がり
☆姫女苑うすむらさきの朝の径
☆梅雨晴や雨雲山に白く在り
☆慈しむ愛にも似たりざくろ咲く
☆街路樹のわくら葉散らし月曜日
☆雨雲の切れて青空西日さす
コメント

李(すもも)熟る、6月22日(日)

2008-06-22 19:36:33 | Weblog
☆青梅雨の傘に滴や樹下の径
☆李熟る雨にも負けず紅を差し
☆花ざくろ罪の深きを知る吾が身
☆梅雨はげし暫し窓から青い風
☆涼風の窓より来たれば又雨に
☆荒梅雨や雨の止みてもおらぶ風
☆昼寝覚話の続きはもう無しや
コメント (4)

青梅雨、6月21日(土)

2008-06-21 15:52:32 | Weblog
☆陽を集め朽ちしそのまゝ泰山木の花
☆雨上がる青田の水のうすみどり
☆鍬ふるう農夫畝間や梅雨晴間
☆青梅雨や水滴葉上に午後の晴れ
☆夏至の雨上がりて後も空見えず
☆夏至の日の雨にまかせて暮れにけり
コメント (2)