かつら たろう(桑本栄太郎)/花冠同人

かつら たろう(桑本栄太郎)の俳句ブログ

夏木立、6月26日(火)

2018-06-26 11:54:58 | Weblog

☆梔子の大輪香る八重の花
☆花合歓や西施が花と云われをり
☆雨傘の日傘となりぬ梅雨晴間
☆女子会の温泉行きや夏至の妻
☆梅雨晴間今朝の鞍馬は確とあり
☆釣り人の日傘並ビぬ湾処かな
☆余震なほ転び起きたる夏暁
☆山の端に峰雲育つ今朝の晴れ
☆余震なほブルーシートや梅雨晴間
☆梅雨晴間新幹線の疾走す
☆峰雲の生るる山の端天王山
☆緑蔭のトンネル為すや阪急線
☆万緑の一画為せる古墳かな
☆一本に花の満ちたり花芙蓉
☆うす紅の花びら風に合歓の花
☆放れ雲天に動かづ梅雨晴間
☆蕊長き未央柳や風の街
☆緑蔭や肺の奥まで深呼吸
☆片隅に固まり雨の余り苗
☆戸を揺らす風におののく青嵐
<高速中国道>
☆朝よりのうすき曇りや炎暑来る
☆炎熱の気温予報や梅雨晴間
☆あぢさゐの赤に変化や梅雨晴間
☆朝日射す伊丹空港梅雨晴間
☆谷間(たにあい)の水田鏡の青田かな
☆草茂る車窓のつづく中国道
☆谷間(たにあい)の津山の街や青田波
☆足もとに蛍の絵ありパーキング
☆パーキングエリアにありぬ青葡萄
☆ハイウェイの中国道や合歓の花
☆内陸の津山盆地や日盛に
<高速米子道>
☆青空に杉の木立や夏の雲
☆稜線に夏の木立や青き空
☆黒瓦屋根の眼下や夏の川
☆トンネルを出でて輝く山茂る
☆さみどりの樹上にありぬ栗の花
☆花合歓やトンネルつづく米子道
☆赤瓦屋根の眼下や合歓の花
☆緑蔭の谷あいつづく米子道
☆熊笹の坂道村へ夏の峰
☆新庄の村へと杉の夏木立
☆箱庭のやうな眼下や米子道
<米子市内>
☆日盛や”だんだんバス”の米子街
☆中海の夏日盛んや米子港
☆中海のヨットハーバー夏の潮
☆懐かしき花火大会錦公園
☆嶺の端の重なり夏の夕霞
☆花合歓や夕日の紅と競ひをり
☆花合歓の色濃くなりぬ入日かな


=「石破 茂ブログ」への投稿内容=

石破先生

今晩は!!。
梅雨の中だるみの間に急激な気温上昇となり、当地関西は34℃以上の猛暑日であります。そのような中、国会審議にその他政務に又週末の地方講演へと、相変わらず多忙のご様子に大変お疲れ様であります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
この度は、田舎の実家の弟が米子医大に入院していまして、その見舞いを兼ねて帰省して来ました。その為投稿が少し遅れました事を先ず、お詫び申し上げます。
米子駅前より、珍しい真っ赤なミニバス「だんだんバス」に乗車して、米子市内を周遊しまして、久しぶりに懐かしさが一杯でした。

1、さて本日はアメリカ「トランプ政権」について拙論を述べさせて頂きます。

アメリカは一週間前、国連人権理事会より離脱する事を表明しました。これは世界中の世論がイスラエルを批判する拘りを持っている事、人権はおざなりになっている中国、その他の国が容易に人権理事国へ選出される事への反発であるとも言われています。しかし、世界中で民主主義を真っ先に標ぼうして来たアメリカ合衆国とは思えない、暴論ではないでしょうか?トランプ大統領の就任以来、全ての政治、軍事、経済の事柄が内向きとなり、世界が収縮してしまったような感じでもあります。トランプ大統領の世界のリーダーより、先ずアメリカ国内の人民優先との政策は良いとしても、貿易赤字是正の為として関税の大幅な引き上げを世界中に発表しましたが、貿易は民間企業の余りある国が、不足している国へ物、事を売り、お金があっても物、事が不足している国が購入すると言う「通商の原理」のもとになり立っています。今回の一方的関税引き上げは、その通商過程での国家の介入なのであります。当然対抗措置としての関税引き上げも行われ、まさに世界経済は大混乱を迎えようとしていて、世界中の輸出企業は大混乱であります。急激な株価の変動があり、又その事が金融市場を混乱させています。従来のTPP交渉からの離脱も含め、アメリカは全く傍若無人の振る舞いと云うべきであります。トランプ大統領はブレーンを片っ端から首にしてしまい、専門的な見地からの政策が打てないのではないか?との懸念も出る始末です。

今回の米朝首脳会談後もその具体的実施に向けて、話し合いが進行していてもその内容は明らかにされず、気がつけば米朝二国間のみの利益優先となり、他の日本、韓国、中国、ロシアは蚊帳の外との懸念も大きいのであります。完全でかつ不可逆的核兵器の廃絶の実施に向けての話し合いは、米朝二国間で行われるべきものではなく、当然その安全保障にかかわる他の国々も話し合いに参加するべきものと思うのです。その為、早急なる南北朝鮮の終戦、そして米朝の平和条約、不可侵条約を結び、そして同時進行的に米・中・ロ・韓・日、北朝鮮の六ヶ国協議を行い、国連安保理理事会にて世界からの承認を得るべきであります。この事は取りも直さず、北朝鮮を孤立状態から解放させ、半島における普通の国家体制の国と為すべきであります。アメリカトランプ大統領の方針はどう考えても自国利益のみであり、世界の平和と安定に向けた大国たり得ない不安が残ります。

さて、そのような状況にあってわが国内では、安倍総理は森友、加計問題も解決に向けての進展は全く見えません。この事は野党の追及の中だるみと云われ、与党の相変わらずの説明放棄によるものと云われ、国会の会期を延長しても法案のみが強行採決され、その結果国民の知る権利は全く蚊帳の外に置かれてしまいます。又その結果、国民が政府を信ずる事が出来ず、民主主義の崩壊へとつながって行くのでは?と大変具体性を帯びた懸念が大きく残ります。
更に安倍総理の従来よりアメリカべったりの追随外交により、日米首脳会談を北朝鮮に望んでも、これまでのアメリカを凌ぐ強硬な圧力外交によってその事が裏目に出て、大変厳しい状況であります。このような状況では拉致問題の解決へ向けての進展も難しく、北朝鮮の安倍総理への頑なな拒否反応を見る時、やはり安倍総理後の新体制でなければ、進展を見ないのではないか?と思われます。

最近のアメリカトランプ大統領の言動を見るにつけても、嘗てより石破先生が言われています「同盟は見捨てられる不安」もあると言言われていますように、やはり我が国日本も一本貫く独自の外交方針を持つべきものと思います。世界を股ににかけて来たとしても、安倍総理は決して外交が上手であるとは言えません。
我が国の安全保障の観点からの、「遠交近攻」の昔からの外交政策があったとしても、北東アジアに位置する我が国の地政学的見地から見れば、我が国の安全保障の観点からも近くのアジア諸国とは、常に安定的関係に努めなければなりません。その意味に於いても安倍総理のアメリカ追随外交は失敗と云うべきものと云えます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 夏の雲、6月18日(月) | トップ | 炎昼、7月2日(月) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (みどり)
2018-06-27 09:29:32
☆花合歓や西施が花と云われをり
☆女子会の温泉行きや夏至の妻
☆万緑の一画為せる古墳かな
☆谷間(たにあい)の水田鏡の青田かな
☆中海のヨットハーバー夏の潮

梅雨の合間のみどりゆたかな夏景色、
奥様も温泉を楽しみ鬱陶しい梅雨も
どこかに吹きとんでしまいますね。
暑い日が続きますね。
Unknown (桑本栄太郎)
2018-06-28 17:32:50
みどり様
今晩は!!。
当地京都は一昨日より急激な暑さと、強い風の青嵐です。
「花合歓」「夏至」「万緑」「青田」「夏の潮」と
沢山お選び頂き、嬉しいコメントも頂戴
しまして大変有難う御座います。
合歓の花が淡く美しい花をつける時季となり
ました。又、家内と同郷の中学校の同窓生、大阪在住の同窓生と3人で我が家に泊まり
女子会がありました。
近くにボーリングによるものながら、天然温泉
があり、3日間毎日行っていました。
大阪高槻市はその昔、継体天皇が納めた
事もあり、古墳のある場所です。その古墳が万緑の状態です。
6月25日に大阪梅田より高速バスを利用して
田舎の弟を病院に見舞いに行って来ました。
矢張り抗癌剤使用の副作用が出ていましたが本人はいたって元気でした。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事