かつら たろう(桑本栄太郎)/花冠同人

かつら たろう(桑本栄太郎)の俳句ブログ

しぐれ来る、12月17日(月)

2018-12-17 16:07:29 | Weblog

☆山茶花の花びら零れ青き空
☆歩みゆく頬に額にしぐれ降る
☆玄関の緋色震えをり実南天
☆ほつほつと頬に額にしぐれ来る
☆ちりちりと峰のあはひや山眠る
☆子の呉れしミニの花とや冬の薔薇
☆ワイルドと言ひて実のなる冬いちご
☆寒波来るひよどりばかりの逞しく
☆寒風をついてバス停へ辿り着く
☆しぐるるや雲のあはひに青き空
☆注連飾り並ぶ入口のイオンかな
☆水色の空の彼方やしぐれ雲
☆電線のあまたや冬の送電塔
☆山の端の水色空や片しぐれ
☆松籟の寒風荒ぶ建仁寺
☆せせらぎに迫り出し水に実南天
☆せせらぎの音に虜や八手の実
☆冬日さす駅のホームや影長く
☆冬晴の午後には雨の予報かな
☆冬耕の畝くつきりと整然と
☆冬耕の整然たりし黒き畝
☆鈍行の桜冬木の名所かな
☆あおあおと苗のやうなり冬田晴れ
☆柿灯る田中となりぬ丘の村
☆三川の集ふ中州や枯野原
☆中州よりはるか淀川冬かすみ
☆嶺をゆく雲の影あり山眠る
☆冬日さす追ひ越し行けり新幹線
☆大根のみな立ち上がる河川畑
☆造成のブルーシートや冬ざるる
☆午後よりの空に拡がりしぐれ雲
☆との曇る空や午後よりしぐれ来る
☆青々と畝の盛りや冬菜畑
☆嶺の端のほんのり赤く山眠る
☆鈍行の電車ホームや冬田べり
☆ご無沙汰といつも書き出す賀状書く
☆あもります主を待ちわびぬ待降節
☆主の生誕の待降節の祈りかな
☆ラグビーの遺影ほほ笑む神鋼に

=「石破 茂」ブログ投稿内容=

石破先生

今晩は!!。
先週末より寒さが本格となり、当地関西では朝は2~3℃、日中でも8~9℃ととても寒い日となって居ます。
そのような中、石破先生の年末の中国訪問を控えられ、何かとご多忙の折柄大変お疲れ様であります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身のものであります。

本日は先生の中国訪問前でもあり
①日本外交の基本的スタンスについて
②出入国管理改正法案について
③来年の消費税増税について・・・等々、僭越ながら少し短めに拙論を述べて見たいと存知ます。
1、日本外交の基本的スタンスについて
この年末に、石破先生は中国共産党要人の王家瑞対外交渉部長より招待を受け、中国訪問を行われるとの事をニュースによって眼にしました。
中国数千年の歴史の中では必ず、外国との交渉ごとには「会同」と言う言葉があり、必ず場所を決めて相手と顔を合わせ、相手の人品、顔の表情などにより信義に足りる人物かどうか?を見極めて、将来の政策を決めていました。又、広大な地域で隣接する為対外的には「遠交近攻」などの政策を進めて来ました。これは読んで字のごとくであり、自国が将来に亘って存続し、どうすれば繁栄出来るかの為の政治の世界であります。

吾が国は戦後アメリカの占領政策下で、更に独立後もアメリカ一辺倒の政策の政治が行われて来ました。現在はそのような強固な「日米安保体制」の下に、世界でも有数の戦後復興を成し遂げる事が出来ました。その理由は吾が国日本は国土も狭く、資源も少ない中で多くの人口を抱え、勤勉に働き、貿易立国として経済的にも復興を遂げる事が出来たからであります。そしてその事は、世界が政治、経済、文化に於いてグローバリズム化して行った状況の経過があっての事でありました。

しかし、現在の世界は経済、政治、軍事を中国と二分するアメリカ合衆国がトランプ大統領の出現により自国中心主義となり、保護貿易政策を採り、友好国である吾が国日本に向けてさえ関税の引き上げを強固に要請するなど、昨年より大きな変化が見られました。
更にこの保護主義的政策が世界へ蔓延しそうな兆しさえあります。

我が国は今後も日米安保体制を堅持するものとしても、すべてに於いてアメリカと共同歩調をとる事は、将来に於いて困難な局面を迎える事も予想されるのであります。
今後はアジアの先進国として、地政学的に見てもアメリカ一辺倒の政策ばかりではなく、中国は勿論、ロシヤ、韓国などのアジア諸国と協調の上、政治、経済、軍事的にもバランスを保つ為に模索する事が、絶対に必要であります。アメリカとは「是々非々」の独立国としてきっぱり意見を述べる事も時には必要であります。
石破先生に於かれましては、国内視察の多くの経験により、その辺りの見極めに優れて居られ、成果を大変期待している所です。
ただ、南京虐殺、靖国参拝などの過去の歴史認識についての発言は、くれぐれも充分慎重を期されますよう僭越ながら申し上げます。日本国内には、鵜の目鷹の目のネット拡散を狙って、先生の足を引っ張ろうとする輩が沢山居ります。

2、出入国管理改正法案について
先日の読売新聞の実施しました世論調査によればご承知かと思いますが、( )内は前回
〇あなたは安倍内閣を支持しますか?
・支持する47%(53%)
・支持しない43%(36%)
〇支持する理由
・これまでの内閣より良い41%
〇支持しない理由
・首相が信頼出来ない38%
〇今どの政党を支持しいますか?
・自民党34%(41%)
〇安倍内閣の下で、景気の回復を実感していますか?
・実感している22%
・実感していない70%
〇安倍首相は憲法改正を実現し2020年の施行を目指す方針です。この方針に賛成ですか?反対ですか?
・賛成36%
・反対47%
〇先の臨時国会の憲法審査会は憲法改正に関する与野党の議論は行われませんでした。今後の憲法審査会で与野党が憲法改正について議論する事を期待しますか?
・期待する68%
・期待しない24%
〇あなたはこれまで医師や研究者など、専門的な技能を持つ人に限って来た外国人労働者の受け入れを、単純な労働に就く人にも拡大する事に賛成ですか?
・賛成する46%
・反対する39%
〇来年4月から外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国・難民認定法が臨時国会で成立した事を評価しますか?
・評価する37%
・評価しない48%
〇政府は改正出入国管理・難民認定法の国会審議で、外国人のうけいれの具体策は成立後に示すと説明しました。政府のこの対応は適切だったと思いますか?
・適切だった18%
・そうは思わない65%
〇~以下の質問と答えは省略します。
どうでしょうか?
比較的自民党政権に好意的な読売新聞の実施しました世論調査でさえ、国会に提出された案件に国民は賛成しながらも、安倍政権の議論を尽くさない拙速な成立には、悉く否定的な結果ではありませんか?いみじくも国民は程よいバランス感覚を持って居り、国民の良識は疑うべきもありません。国会の威信を冒涜する現政権は当然野党の賛成ばかりではなく、国民の信頼を得ることは無理筋と言うべきではありませんか?丁寧な国会審議を尽くし、国民に正しく説明する事は現内閣の国民より負託を受けている責任であります。これほど負託を受けている内閣の無責任さ、ひいては与党自民党議員の声をあげない無責任さも糾弾されて然るべきであります。

特に今回の出入国管理、難民認定法改正法案は、将来の吾が国の国柄を決めるほどの重要な内容であり、安保法制、憲法改正に匹敵するほどの重要さであります。今一度差戻ししてでも議論を尽くすべきであります。

3、来年実施の消費税増税について
政府は来年10月より実施の消費税増税による、消費の落ち込みを警戒してあらゆる方策を示しています。曰くキャシュレスの支払い手続きを行えば、2%、5%を消費者に還元する、又、そのレジスター改変への事業者への補助、一人親家族への補助、低所得者への一時的補助、或いは住宅取得税の減税、自動車取得税の減税、自動車税の減税などが言われています。しかし、キャシュレス支払いも事業者によって還元率が異なり、補助にも期間の限定があって、消費者も事業者も困惑ばかりであります。しかも、キャシュレス支払いの還元率の差異などは、税制の公平にも反する事になり、住宅取得減税、自動車税の減税などがどうして低所得者への対策となる得るのでしょうか?財務省、経産相など実態を知らない机上の対策ばかりと言うべきであります。
これ程の対策を行えば、経済の専門家によれば消費税増税分は消滅してしまい、増税の意味が無くなると言われています。事業者も困り国民も困る今の現状は、再値上げの時季に不適切であると言う事ではありませんか?



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 枯銀杏、12月10日(月) | トップ | 12月24日(月・祝)歳晩 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好きな句 (みどり)
2018-12-19 06:03:54
☆ちりちりと峰のあはひや山眠る
☆しぐるるや雲のあはひに青き空
☆冬耕の畝くつきりと整然と
☆中州よりはるか淀川冬かすみ
☆大根のみな立ち上がる河川畑
☆青々と畝の盛りや冬菜畑

おはようございます。
師走ということ場だけで気ぜわしくなりますね。体調はいかがですか。

すっかり冬景色のなってきましたね。
山眠る、近くに山の無い当地では
詠めない句です。静けさが伝わってきます。
そんな中に菜畑は生き生きとしていますね。

御礼 (桑本栄太郎)
2018-12-19 20:03:02
みどり様
今晩は!!。
冷え込みが続き、血圧が薬を飲んでいても
少し高めです。それぐらいで、その他はまず
まずです。
「山眠る」「しぐれ」「冬耕」」「「冬霞」「大根」「冬菜畑」と沢山お選び頂き、大変有難う
御座います!!。
近在に連なる西山の嶺があり、毎日眺めて
います。嶺の奥側には西に位置します亀岡
があり、しぐれ雲が嶺を伝ってこちら側に
下りて来るのが見えます。
一日に何度も時雨が降る、不安定な天候
ですが、暖かい時には時折散策に出かけて
います。


コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事