かつら たろう(桑本栄太郎)/花冠同人

かつら たろう(桑本栄太郎)の俳句ブログ

梅雨明け、7月9日(月)

2018-07-09 15:09:18 | Weblog

☆一滴の滴り大河となりにけり
☆蓮開くその音聞きに朝の池
☆子供等の下校の声や昼寝覚
☆ばりばりと胡瓜を食むや畑の風
☆滴りの大河となりぬ民の声
☆この国にリーダーありや梅雨荒るる
☆一強のリーダー要らづ梅雨の穴
☆携帯に避難メールや梅雨の荒
☆サイレンの何処か遠くに梅雨出水
☆いつまでも雨音窓に梅雨荒るる
☆くねりつつ蚯蚓這ひ出る雨上がり
☆足跡の白くためらひかたつぶり
☆雨あがり早やも咲き初むコスモスよ
☆峰の間を雲駆け昇る梅雨晴間
☆合羽着て雨傘さすや梅雨晴間
☆はたた神の光りも有らづ雨となる
☆鳥からす鳴かぬ朝や梅雨荒るる
☆梅雨晴間それでも傘を持ち出でぬ
☆川床並ぶ鴨川河畔や流木に
☆鴨川の空晴れ渡り梅雨出水
☆鴨川の流木ありぬ川床座敷
☆梅雨出水川幅広き桂川
☆梅雨荒や湾処も水の桂川
☆荒梅雨や水の溢れるる水無瀬川
☆朱の色の火焔畑にグラジオラス
☆天辺に花びら至る立葵
☆梅雨晴間はるか嶺上又雲に
☆何処からか山鳩鳴きぬ梅雨晴間
☆夏草やブルーシートを突き抜けて
☆夏草の車窓につづくや線路脇
☆中腹に白き十字架夏の峰
☆山崎や鉄路を覆ひ緑蔭に
☆芋の葉の畑のあはひや梅雨出水
☆花びらの赤く垂れをり額の花
☆隠岐やいま漁火せまる楸邨忌・・・花冠7月ネット句会銀賞
☆一斉に鳴くもの出でぬ梅雨明くる

=「石破 茂」ブログ投稿内容=

石破先生

今晩は!!。
ここ数日間は梅雨の猛烈な豪雨が続き、西日本を中心にほぼ日本列島に跨り、大変な被害を齎しました。50年に一度の豪雨と云われ、同じ地域に何日も雨が降る「線状降水帯」と言われるそうです。
そのような気候の最中石破先生於かれましては、日々の政務にテレビ出演に又週末の地元講演会へと積極的にこなされ、大変お疲れ様であります。
小生は石破先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
7月5日の無所属江田憲司議員との「深層ニュース」、7月8日の元官房長官武村正義氏との「時事放談」出演も確かにビデオにて拝見致しました。深層ニュースでは「安倍外交にもの申す」とのテーマで、江田憲司議員の歯切れの良さには改めて胸がすっきりする想いがしました。「北朝鮮をめぐる核廃絶へ向けての進み方は、米朝二国間が中心ではなく、北東アジアの安全保障に関係する六ヶ国の間で連携と補完を行いながら行うべき」、との石破先生の主張、江田議員の主張とも、小生もいつも述べている通りの「わが意を得たり」との想いが致します。そして、時事放談では石破先生の総裁選に向けての指針は「国民の共感と納得」をと述べられ、改めて先生の国民と共に歩む政治家としての姿勢に感動する次第であります。
又、鳥取、倉吉での講演では嫌がられても正義を国民に伝えると述べられ。又、以前より先生が提言されています「防災省」の設置をとの内容と聞きました。

先生が真っ先にのべられました船戸結愛ちゃんの事件も、防災省設置の件もその解決に向けては「行政の縦割りを排し、縦断的役割」が絶対必要と想われます。子供の虐待防止には、文科省、厚労省、警察庁、防災省設置には、国交相、自衛隊出動の為防衛省、厚労省など各省庁間の連携プレーが必ず横断的に必要となります。

今回の梅雨の連続豪雨は50年に一度の未曽有の豪雨被害と云われていますが、先年より言われています「爆弾低気圧」と一緒であり、新しく「線状降水帯」と云われ、今後もこのような豪雨が日常的に現れる事も懸念されるのであります。
我が国は昨今切迫しています、東海、東南南海大地震、火山の噴火なども至る所にあり、今回の豪雨にしても従来からのデーターは通用しなくて、改めて災害予測に基づく対策の再点検が必要であります。例えばどの地域に降雨量がどれだけあれば、その近隣の河川は水位がどれほどになり、氾濫の危険の予測など大点検すべきであります。

小生は大変懸念しています事に、来たる東京オリンピック開催年度に大地震、火山の噴火、豪雨災害などが発生すれば、我が国のこの先のインバウンド効果は壊滅する事は必定であります。
何から何まで、経費の掛かる事ながら「命を守る」政策が第一とされるべきであります。

先日の豪雨では30分ごとに緊急避難指示メールが携帯によって伝えられ、テレビでも「直ちに命を危険から守る行動をとって下さい」と述べられ、さすがに恐怖が走りました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 炎昼、7月2日(月) | トップ | 宵山、7月16日(月・祝) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (みどり)
2018-07-09 19:05:25
☆蓮開くその音聞きに朝の池
☆滴りの大河となりぬ民の声
☆梅雨出水川幅広き桂川
☆天辺に花びら至る立葵

梅雨も明けましたね。
西日本では広範囲にわたって考えられないような災害が起きました。
桂川は氾濫しなくてよかったですね。
とはいえ恐怖も感じたことでしょう。
地球環境の悪化を感じます。
御礼 (桑本栄太郎)
2018-07-10 17:20:21
みどり様
今晩は!!。
「蓮開く」「滴り」「梅雨出水」「立葵」と沢山
お選び丁寧なコメントも頂きまして、大変
有難う御座います。
五十年に一度の未曽有の豪雨と云われ
ても、先年の「爆弾台風」と同じであり、
気候変動もあって常態化するのでは?と
大変懸念しています。
今回は「線状降水帯」などと新しい言葉で
表現され、日本列島の同じ地域に豪雨でした。
先年も土砂崩れの大きな被害のあった広島
安佐北区も又同じ被害とは?どうなっている
事でしょう?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事