かつら たろう(桑本栄太郎)/花冠同人

かつら たろう(桑本栄太郎)の俳句ブログ

寒晴、1月14日(月、祝)

2019-01-14 16:39:49 | Weblog

☆歯科治療の終へてコーヒー冬温し
☆グレンミラーのジャズ流れをり冬の店
☆朝日さす水面まぶしく寒晴るる
☆嶺々のうつすら見ゆや冬の霧
☆山の端の早やも黄沙か薄曇り
☆寒晴の峰のあはひやけぶり立つ
☆朽野や畑も田圃も眠りをり
☆寒晴や車輛の眠る駐屯地
☆竹林の高き梢や寒の晴れ
☆寒林の高き梢や青空に・・・花冠1月ネット句会銀賞
☆押し広げ探してみたり竜の玉
☆山茱萸の赤き実残る冬木かな
☆寒禽の呼ぶ声しきり森の奥
☆凍滝の細き飛沫のつたひけり
☆寒晴の雲の切れ間や青き空
☆寒晴やハウス開けらる河川畑
☆嶺の端のうすき茜や寒の朝
☆寒暁の茜となりぬ放れ雲
☆冬木なる桜並木の眠りをり
☆北摂の嶺に朝靄山眠る
☆動くもの雲の影のみ冬田晴れ
☆冬萌の稲株埋まり青きこと
☆探梅のしげしげ眺む古木かな
☆冬川の浅き流れや水光る
☆寒晴や乗換ホームの眩しかり
☆寒晴や日差しきらめく田のありぬ
☆寒晴やつぎつぎ走る雲の影
☆冬萌の峰のあはひや天王山
☆水仙の線路の土手を見上げをり
☆冬耕の畝に白きや稲の株
☆冬日さす駅のホームの眩しかり
☆冬萌や天井川の土手青し
☆バスに乗り日差しまぶしく冬日向
☆山すそのマルチきらめく冬の畑

☆トースターの目盛を深く寒の朝
☆尾ひれてふ噂話や女正月
☆鴨川や今朝の鞍馬は雪の嶺
☆きらきらと水面きらめき春待たる
☆寒椿高き梢の建仁寺
☆青空に桜冬芽や高瀬川
☆カップルの鴨川べりや冬日向
☆外つ人の路地に数多や冬日さす
☆冬日さす水面あかるき桂川
☆鴨の群れ湾処につどふ桂川

=「石破 茂」ブログ投稿内容=


石破先生

今晩は!!。

正月明け早々よりご多忙中の折、律儀に更新アップ頂き、大変有難う御座います。
1月10日の深層ニュース「政界手鉄ちゃんあいのり旅」第3弾として、先生と国民民主党の前原議員による若桜鉄道の車内での今年の抱負、更にその後、SL-C12-167とディーゼル機関車の運転の光景を拝見致しました。お二方とも心からお楽しみの様子に、とても心が和みました。SLの汽笛は良いものですね?聞いて居れば、一瞬60数年前の田舎の山陰線を想い出し、望郷の涙が溢れる程であります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
本日は
①厚労省保険金過小支払い問題、②韓国徴用工問題とレーダー照射事案のその後、③トランプ政権の行方について拙論を述べさせて頂きたいと存じます。

1、厚労省保険金過小支払いについて
厚労省の雇用保険、労災保険の支払いについて、毎月の勤労統計が不適切調査の為、約1900万人の受給資格者に保険金が少なく支払われていた事が明るみになりました。

勤労統計は全数行うべきところ、一部の抽出調査によってその平均値を求め、全体を類推すると言う出鱈目さであります。厚労省の役人の中には、その事が不適切であると知りながらもその侭行っていたと言う事が判明しています。
その過小支払いの額は約680億円にものぼると言われ、再度予算を組み直し編成を行い支払い予定であると、根本厚労大臣より説明がありました。しかし、原因は解明中であるとして理由は明らかにされませんでした。

一昨年の防衛省文書隠匿、昨年の財務省の文書改竄、厚労省の働き方改革審議への国会提出資料の不備、去年の外国人材受け入れ審議への不備資料など、官僚の業務懈怠の頻発は凡そ行政の国民より信頼を損なう事甚だしいと言わざるを得ません。

そもそも嘗ての年金資料不備の問題もあり、やはりその仕事内容と仕事量により、昔の厚生省と労働省を合体した事は無理があったものと想われます。今後、別行政単位に戻すべきあります。そして官僚は不適切で出鱈目な業務が発覚しても、民間企業のように誰も責任を取らず、減給、解雇などは聞いた事が有りません。国民からの行政への信頼回復へ向けて、原因究明は勿論、刑事罰も含めて処分すべきであります。勿論総理大臣を始め政府閣僚の責任を問う事は、言うまでもありません。
特に少子高齢化による医療費、一人親家庭への給付、高齢生活困窮者などへの社会保障制度化改革が叫ばれている折、担当省庁の厚労省がこの有様では、国民はとても納得出来ず怒り心頭であります。改革にどうして協力出来ると言うのでしょう?
世の中、政権首脳を始め政府省庁の出鱈目さには、呆れて言葉を失う程であります。

2、日韓徴用工問題、レーダー照射事案について
先日10日、韓国文在寅大統領は日韓徴用工問題に対して、「日本はもっと謙虚であるべきだ」と述べ、レーダー照射事案に対しては「日本は政権運営の為の政争の道具とすべきではない」と述べました。文大統領自身の韓国国内を掌握しきれず、自国の不始末を他国の所為にする卑怯さであり、さすがにアメリカトランプ大統領も「日・米・韓三国の結束を乱すものである」として、韓国に対して大変激怒したと伝えられています。

徴用工問題に関しては、日韓請求権協定に基づき、実務者どうしによる話し合いが行われるようになったものの、レーダー照射事案に関しては未だに平行線であり、逆に我が国に対して言いがかりの無礼を謝罪するように求めて居ます。他国の排他的水域に居て、北朝鮮の船の海難救助にあたっていたとしながら、何故救助船ではなく、韓国海軍艦艇なのか?も明白になって居りません。国際法上の取り決めにも従っていない事が判明していて、韓国が言い募れば募るほど自国韓国にとって分が悪くなるばかりであります。
我が国は事態を大きくならないよう気配りを行うべき事はさりながら、韓国の不法を認めず他国に謝罪を求めるなどは「毅然と対処」すべき事であります。

しかし、以上の事を勘案しても我が国政府は昨日の新聞では今回のレーダー照射事案に対して、他国の軍事的レーダー照射を攪乱する為、電子防御機器装置を航空自衛隊機に装備すると政府発表がありました。今回の韓国のレーダー照射事案がきっかけとなって、それでなくても突出している防衛予算を簡単に増やすべきではなく、国防に名を借りた軍事強化は大変問題があると国民目線では思います。従来の対北朝鮮からの防衛としての、イージスアジョイの導入、ステルス型戦闘機のF35、及びF35Bのアメリカからの購入などの予定が目白押しとなっているではありませんか?どのような軍事力増強も最初は「自国防衛」の名の下に行われて来て居り、良く言われる「最大の防御は又最大の攻撃力」ともなるものであります。

3、アメリカトランプ政権について
メキシコ以南よりの南米移民流入を、公約通り壁を建設して阻止を計る言い張るトランプ政権は、議会での野党民主党の反対に遭って予算化が困難となり、政府機関が封鎖されてしまいました。政府職員は給料の未払いもあってアルバイトで仕事をせざるを得ず、公的機関がストップしてしまい荒れ放題となって居ると言います。
凡そ国民生活に支障をきたすアメリカ大統領の政権運営など、過去にあったでしょうか?

トランプ大統領は自国利益のみを保護追及するあまり、地球温暖化パリ協定からの離脱、TPP合意からの離脱、イランと核合意からの撤退、ロシアとの核兵器合意からの離脱など、枚挙のいとまがない程であります。更に自国アメリカ国内の政権内でも次々に閣僚を辞任に追い込み、トランプ大統領は精神的に不都合があるのではないか?と言われる始末であります。そして、身内を登用していて、今度は世界銀行総裁に、自身の娘イバンカ氏を就けると言われています。

現代民主主義の中核的存在であるはずのアメリカとしては国民自ら自覚を行い、中小企業の「おっさん的」発想のトランプ氏とは決別すべきであります。
この世は世界中何処でも混沌とし過ぎていて、時代の流れは今年以降は良い方向へ向かうのであろうか?と不安になるばかりであります。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 寒鯉、1月6日(日) | トップ |   

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好きな句 (みどり)
2019-01-16 16:44:41
☆グレンミラーのジャズ流れをり冬の店
喫茶店でしょうか。懐かしさを感じます。

☆朽野や畑も田圃も眠りをり
☆冬萌や天井川の土手青し
☆動くもの雲の影のみ冬田晴れ
☆寒椿高き梢の建仁寺
☆青空に桜冬芽や高瀬川

冬の乾いた京都の光景が目に浮かびます。
間もなく大寒、まだ寒さは続きます。
お風邪などひかれませんように。

こんばんは

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事