花冠俳句叢書

花冠発行所 主宰高橋正子

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第Ⅰ期 第23巻「花の昼」臼井愛代句集

2009-03-23 10:36:51 | Weblog
  序  

 臼井愛代さんは、九州佐世保の生まれだが、東京の大学に進学し、三十年
も東京の生活が続いているので、初心の俳句は、都会風で、軽く明るい。句
集冒頭の二句は、

  メトロ降り春浅き東京を歩く
  春ショールふわりと巻いて助手席に

で、「メトロ」、「ショール」といった外来語の片仮名表記も軽く明るい。
 愛代さんの句歴は、五年で若いが、日頃の精進があって、明るい句に少し
ずつ深みが加わってきた。

  秋草の触れくるままを触れ歩く
   皇居外苑
  噴水の斜めに流れ黄落も

 句が平面的でなく、時間の経過を詠んで、そこに深みがある。「触れくる
」、「触れ歩く」に、「斜めに流れ」、「黄落も」に時間の経過がある。
 明るくて深いところのある俳句は、かって無かったが、そこに向って進む
姿勢がいい。
 愛代さんの俳句は、東京に染まって小さく纏まっていないところが良い。故郷の精神風土を失っていないので、句柄が大きいのである。首都圏の東京や横浜や川崎を詠んでも大きい。

  春月を仰いで銀座四丁目
  横浜に汽笛の曳ける花の昼
   横浜・日吉本町
  葉桜が空と触れ合う丘のうえ
   川崎・梶ヶ谷
  吾が街に今日立冬の空の青

 句集「花の昼」の方向は、確と定まっている。明るくて深く、そして大きな世界である。迷うことは無い。ただひたすらに前へ前へと進めばいい。臼井愛代さんは、将来が楽しみな俳人である。 

 平成二十年初冬
                     高橋信之



▼その他は、下記アドレスをクリックし、ご覧ください。
http://www.suien.org/0005/kusyu/hananohiru.htm

▼読後感想などは、下記の<コメント>にお書きください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (32)   この記事についてブログを書く
« 第Ⅰ期 第22巻「雲梯」飯島... | トップ | 第Ⅰ期 第24巻「南港」高橋... »

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
句集ご送付のお礼とコメント (桑本栄太郎)
2009-03-23 21:42:47
高橋信之先生
高橋正子先生
臼井愛代様

句集「花の昼」の発刊おめでとうございます。
早速、ご送付頂き本日到着致しました。じっくり拝読させて頂き、勉強としたいと考えております。
全て、秀句ばかりですが小生は以下の句が特に好きな句です。

☆秋草の触れくるままを触れ歩く
爽やかな秋の風が目に見えるようです。風を言わず、それでいてご自身の秋風に吹かれるままの情景を「風の能動、自身の受動」により巧みに表現され、作者の立つ位置がはっきりし、爽やかな秋の景を詩情豊かに詠われました。

☆春月を仰いで銀座四丁目
☆吾が街に今日立冬の空の青
小生の拙いながらの持論としまして、俳句は写生と嘱目、花鳥諷詠と言っても毎日野山や田園、名所を訪れて作句する訳にはいきませんから、自身が置かれて居る場所で詩情を感じとる心を涵養し、句を吟ずる事が大切と考えております。都会の真ん中、人込みの中にも心が動き、句材を感じ取る感性さえあれば句はものにする事が出来るものと思っております。
冒頭に信之先生のご紹介と、讃のお言葉がありますように、都会の景を詠っていて、それでいて生まれ育ち物心のついた土地の情感をも、心の深奥に継続されていると感じました。
お礼 (丸山美知子)
2009-03-24 19:14:16
高橋信之先生
高橋正子先生
臼井愛代 様

 句集「花の昼」の発刊おめでとうございます。
また、お送り頂きましてありがとうございました。正子先生の跋にありますように「菜の花」色の柔らかな色彩の装幀が愛代様のやさしいイメージと重なってすばらしいと思いました。
どの句ももすばらしく好きな句はたくさんありますが特に
 春ショールふわりと巻いて助手席に
 秋草の触れくるままを触れ歩く
 横浜に汽笛の曳ける花の昼
 不意という軽さありけり夏落葉
 春雲を引き寄せ海の真青なる

愛代様の句には希望と明るさがありとても励まされます。ありがとうございました。
お礼 (藤田洋子)
2009-03-24 19:29:21
本日、愛代様の句集「花の昼」拝受しました。発送のお世話をいただきありがとうございました。
臼井愛代様、このたびは句集の刊行おめでとうございます。花の季節にこのような素敵な句集を贈っていただき心明るくなりました。心よりお礼申し上げます。ゆっくり拝読します。
お礼 (藤田裕子)
2009-03-24 22:30:49
本日、愛代様の句集「花の昼」拝受致しました。お送りいただきまして、有難うございます。
臼井愛代様、このたびは句集の発刊おめでとうございます。すてきな句集を贈っていただき、感動いたしました。心よりお礼申し上げます。ゆっくり読ませていただきます。
お礼 (臼井愛代)
2009-03-25 09:08:50
桑本栄太郎様、丸山美知子様、藤田洋子様、藤田裕子様
句集がお手元に届いたとのお知らせ、そして、温かいお祝いのメッセージをありがとうございます。
栄太郎様、美知子様には、早速感想までお添えいただき、うれしく拝読いたしました。
句集が出せましたのは、先生方、句友の皆様のご指導とお励ましのおかげと存じます。
これからも真摯に学んでいきたいと思っておりますので、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
お礼 (小川和子)
2009-03-25 09:38:22
昨日、愛代様の句集「花の昼」を拝受致しました。有難うございます。
臼井愛代様、句集「花の昼」をご恵贈頂きましてありがとうございました。楽しみに待っておりましたが、句集への御句「花の冷え纏いてさらの句集来る」のとおりの、さらのご本をとても嬉しく手にとらせて頂きました。どのペ-ジを開いても、ほっと心温まるものを感じます。さわやかで、落ち着いたお人柄の愛代様がつむがれた御句の数々は一つ一つ、すっと心に届きます。「横浜に汽笛の曳ける花の昼」・・
ゆっくり、くり返し読ませて頂きたいご本です。句集「花の昼」の発刊を心よりお喜び申し上げます。
御礼 (小河原宏子)
2009-03-25 15:21:26
臼井愛代様
 この度は句集「花の昼」の発刊おめでとうございます。そして私にまで、お送り下さって、有難う存じました。まず手にしました時、本から愛代様の都会的なセンスを感じ、未だお目文字致しておりませんが、お人柄をも感じ取られる素敵なご本ですね。句も都会的なセンスにあふれて、取り上げると、沢山になりますので、ゆっくり拝読させていただきます。そしていつも、いろんな事でお手数をお掛けしており、申し訳ございません。まづは、お祝いとお礼まで。
御礼 (小口泰與)
2009-03-25 15:27:27
臼井愛代様
 この度は句集「花の昼」発刊おめでとう御座います。
 先ほど句集「花の昼」を拝受いたしました。
 有難う御座います。突然の事でとてもうれしく感謝申し上げます。
 これから早速拝読させていただきます。
 時節柄、いっそうのご自愛をお祈り申し上げます。
お礼 (黒谷光子)
2009-03-25 19:54:48
この度は句集「花の昼」の発刊おめでとうございます。早速ご恵贈いただきまして、ありがとうございました。
楽しみに拝読させていただきます。
お礼 (黒谷光子)
2009-03-25 19:55:26
この度は句集「花の昼」の発刊おめでとうございます。早速ご恵贈いただきまして、ありがとうございました。
楽しみに拝読させていただきます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事