のらさんのうだうだ日和

ドラマ・映画の視聴率情報中心

「タイヨウのうた」の話7

2006年08月28日 11時08分43秒 | 2006年07月期ドラマ
「タイヨウのうた A song to the Sun /Official Site/ 第7話(視聴率9.4%、平均視聴率10.06%)

加藤晴男濱田岳「何だよ別にって、俺すっげぇ、すっげぇ頑張ったのに、すっげぇ楽しみにしてたのにコウちゃんにとってはどうで良い事だったのかよ。」
バンドも辞めると言った藤代孝治山田孝之「別にいいだろ。」と言う言葉への晴男の反論なんだけど、濱田岳くんが一番頑張ってる気がする。
普段おとぼけキャラを演じているだけに、シリアスなシーンには力が入るのかな?
彼と松前美咲役の佐藤めぐみさんは上手い下手では無く、とても正直に役と向き合ってるように見えます。
一生懸命演技する役者さんは好感が持てます!


天音由紀黒田知永子「どんな恋にも辛い事はつきものよ。病気だからって薫だけが特別なんじゃないわ。」
何か良いセリフだったので。

大西雄太田中圭は孝治と反発する為に作られたキャラなんだろうね。
今回見ていて、とても強く感じました。


雨音薫沢尻エリカが、孝治を昼間に防護服着て捜すとは思わなかった。
この間まで防護服カッコ悪いって嫌がってたくせに!
ビラまで配って。(孝治って身長170cm無いんじゃないのかな!?)
座り込んだ時には”孝治のヤロウ、あの防護服不良品かよ!”とか思っちゃった!
暑かったんだね。
でも、防護服の背中の腰の部分に2つ付いているの、もしかしてファンじゃない?
もしそうなら結構、高性能じゃん!
孝治があのまま、あの場を立ち去っていたら、軽蔑の対象となっていただろう!
ちゃんと駆け寄って良かった。


このドラマは紫外線をナメてるね!
あんな短いトンネル下に入った位で紫外線が防げる訳ないだろう!
照り返しとか反射とか考えないのだろうか?
例え夜だって紫外線が強い日があるって聞くのに。
世の黒い傘差してる女性達の方がはるかに紫外線の怖さを知っていると思う。


孝治は薫の作った”見た目は悪いけど味は良いおにぎり”食えよ!
夜になってるじゃん!腐るぞ!


バンドフェスティバルの控え室(テント)で孝治を待つ薫とオトボケ3人組。
晴雄「でもさ、でもホントに間に合わなかったらどうする?」
薫「いざとなったら、私がギター弾くし。」
オトボケ3人組「治ったの左手?」

弾けんのかよ!
薫「治る訳ないじゃん!ギター逆に持つの右手でコード押さえるの。」
立浪隆介川村陽介「出来んの?」

出来んのかよ?
薫「出来る訳ないじゃん!」
出来ねーのかよ!
オトボケ3人組と同じような反応をしてしまった自分が悔しい!


橘麻美松下奈緒「良かった来てくれて。何処に行こうか?」
誠「未来!」

志田未来!
おいら、このネタ(志田未来ネタ)何回してるんだか?


バンドフェスの司会をしている三浦結子役の小林麻央を見ていて一言。
アナウンサー目指さなくて良かったね!


薫が孝治にしたキス。
あまりにも来るのが遅いから、怒って口に噛み付いたのかと思った!


みんなと一つになった夜
それは満月みたいにでっかく輝いて
どんな宝石を持っているよりも誇らしく思えて
それがもうすぐ汚されるとも知らず
とっても誇らしく思えて

タイヨウのうた」よりStay with me」の方が良いね!
でも観客のスタンディングオベーションはやりすぎかな?


追記:【参考:8/25(金)】
レガッタ 君といた永遠…7回4.3%、平均5.59%
黒い太陽…10.2%、平均11.34%
金曜ロードショー「タッチ」…15.2%

コメント (3)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 「レガッタ 君といた永遠」... | トップ | 「誰よりもママを愛す」の話9 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ライブ♪ (まこ)
2006-08-28 13:40:21
>「タイヨウのうた」より「Stay with me」の方が良いね!



「Stay with me」の方が聞いた回数が多いせいか

あたしもこっちの曲の方がお気に入りです

ここんとこ「タイヨウ」ばっかだったから、

久々に聞ける!しかもバンド演奏のフルコーラスだ、

わ~い と、喜んでたのに・・・

ブチッと切れやがってがっかりでしたわぁ
同じとこ突っ込んでた (K)
2006-08-28 23:55:10
こんばんわ、のらさん

>松前美咲役の佐藤めぐみさんは・・・好感が持てます!

同感です、まっすぐな感じがとても良いです^^

>短いトンネル下に

地下入れよ!!って突っ込んじゃいました

>腐るぞ!

同感

>アナウンサー目指さなくて良かったね

激しく同意^^

のらさんの記事テンポよくって思わずわらっちゃいました^^
コメントありがとうございます! (のらさん)
2006-08-29 09:26:20
★まこさんへ

そうそう、切れたんですよね!

もう少し位聞かせてくれても良いのにねぇ!



★Kさんへ

実は私の中では「タイヨウのうた」は記事を書くのが難しいドラマなんです。

(毎回悩みます!)

なので楽しんで読んで頂けると、とても嬉しいです!

コメントを投稿

2006年07月期ドラマ」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

タイヨウのうた 第7話:約束のステージへ (あるがまま・・・)
孝治、おかえり~!o(*´∇`*)oニコ いやぁ~こういう状況の場合、ギリギリで間に合うか、もしくは少し遅れるのが定番と わかっちゃいるんですが、ヒヤヒヤしたぁ~{/hiyo_oro/} あぁ、もうだめか・・・と思った瞬間に孝治登場!!!{/good/} しかし、まさかあの ...
タイヨウのうた (FULL OF LOVE)
 先週の昔の仲間はどこへやら・・(^_^;)  ということで、先週の少年院騒ぎは、孝治が薫たちの元を離れるきっかけだけでしたね。で、今度は薫が孝治を救ってあげるという展開。自分の過去をいつまでもひきずって、麻美のように過去に生きている人と逃げようかと ...
タイヨウのうた 第7話 「約束のステージへ」 (テレビお気楽日記)
突然逢いに来た麻美(松下奈緒)。少し考えさせて欲しいと答える孝治(山田孝之)。何を?一緒に逃げる事?一緒に暮らす事?付き合う事?しかし、このシルエットはかわいそう・・・。誰かー、台持ってきてあげて・・・。
タイヨウのうた 7話~約束のステージへ~ (アンナdiary)
ライブのシーンは良かった。そこだけドラマとかけ離れた気分で見入ってしまった。仲間の笑顔が良かったね。薫のぎこちない歌い方が良かったよ。でも、ストーリーは自分の思い描いていたものじゃなく、好きじゃないよ。
タイヨウのうた 第7話 (いつかのダイアリー)
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/34b8d2c3238cefa6f519998fab99847e/3b http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10016254799/4a88fd01
・TBS「タイヨウのうた」第7話 (たまちゃんのてーげー日記)
TBSのドラマ「タイヨウのうた」。2006年8月25日(金)は、第7話「約束のステージへ」でした。(22:00~22:54)。 いやー、毎日、色々あって&早く過ぎていって、レビュー遅れてる~!!まあ、いいっしょ(笑) マイペース♪(この所、ドラマレ ...
沢尻エリカさんの似顔絵。「タイヨウのうた」第7話「黒い太陽」第4・5話 (「ボブ吉」デビューへの道。)
◎「タイヨウのうた」第7話 沢尻エリカ(雨音薫名義)のCD「タイヨウのうた」 カップリング曲「Stay with me」 (収録曲を見ると「Wish」も入ってるんですね) いよいよ今週30日発売。 先日のMステ「着うたランキング」でも、2位にランクイン。 大ヒ ...
『タイヨウのうた』第7回「約束のステージへ」感想? (つれづれなる・・・日記?)
また、裏が強力みたいで。「タッチ」より、「甲子園特集」が。 打ち切らないで最後まで言ってほしいなぁ。ちょっと不安
《タイヨウのうた》 #7 (まぁ、お茶でも)
逃げ出すように、姿を消した孝治。それでもみんなは、孝治が絶対戻ってくると信じてバンドの練習をしていた。 孝治は、麻美が現れたことで一気に昔の感情に流されたようです。
タイヨウのうた 第7話 (ドラマの話をしてみよう)
前回、少年院にいたことを知られ、そこで知り合ったチンピラが薫(沢尻エリカ)に酷いことをしたことなどから、薫から逃げた孝治(山田孝之)。 その孝治に会いに来た麻美(松下奈緒)は連絡先を渡し、一緒に昔に戻ろうって・・・。 結局あのチンピラ達 ...
田中 圭(たなか けい) (芸能人履歴書名鑑)
1984年7月10日生まれ。トライストーン・エンタテイメント所属。渋谷教育学園幕張中学校・高等学校卒業。2000年、深田恭子主演の映画オーディションをきっかけにデビュー。その後、「ごくせん」や「ウォーターボーイズ」「世界の中心で、愛をさけぶ」に出演し活躍中 ...
タイヨウのうた 第7話 (Gecko's Cyber Cafe)
麻美(松下奈緒)と一緒に逃げようとする孝治(山田孝之)、少年時代を過ごした施設に隠れてるあたり、『白夜行』そのままです(^▽^;) デジャヴおこしたかと思いました(笑) 弁当屋で自分は孝治の彼女だと言い切る薫(沢尻エリカ)、そうだっけ? はっきりと告ってなかっ ...
タイヨウのうた ~難病ものは食傷気味か?~ (ドラマ!テレビ!言いたい放題)
「1リットルの涙」がヒットしてなぜこの作品がヒットしない?? って考えると、”難病ものが飽きられている”じゃないかと思う。 つまり、 「セカチュー」に始まった難病ものは、「タイヨウのうた」で転機を迎えようとしている。 それでも、 このドラマは出演者一 ...