太鼓ブログ

愛知県知立市にある江戸時代からつづく太鼓づくりの情報や、地域のイベント情報をお届けします。

皮張り

2018-12-11 16:54:01 | 日記

胴を削り直しして色を塗ったら胴の傷んだ部分はあまり目だたなくなりました。

 

 

今年の冬はありがたい事に暖かかったので大太鼓張り替えも順調に進み、ここに来て仕上げの段階にまで達しました。

天気の良い日を選んで皮張りをします。

今回は依頼主様の立ち会いはなしでお任せとのことなので喜んで頂ける音に張り上げなければ・・

太鼓の音は、ふたつとして同じ音は出せないので表、裏面の音は依頼主様のご要望を聞いて近い音にしあげます。

 

 

イベントの少ないこの時期に太鼓のメンテナンスをされてはいかがですか?ふそ

当店ではただいま、張り替え代金、通常価格の20%OFFで協力させて頂いておりますので

この機会に是非、ご利用お待ちいたしております。

尚、年末年始には定休日が変更になっていますのでお手数ですが、ご来店の折りには定休日を確認して

頂ければありがたいですが、お急ぎの場合は電話をして頂ければ対応させて頂きますので、まずは電話をお待ちしてます。

コメント

大太鼓メンテナンス第一段階終了

2018-11-14 15:50:27 | 日記

 

 

10月 半ばにメンテナンスの為に入庫した大太鼓ですが第一段階終了いたしました。

太鼓胴の中には次のように書かれていました。

今から約158年前の安政6年 巳午生まれの方たちで8月に寄付された太鼓だと思います。

おそらく厄にあたる方達だと思われます。

作ったのは名古屋押切の平野太鼓所だと思われます。

当時押切には太鼓屋が2~3軒あったように聞いていますが現在は営業しているお店はありません。

上の胴には虫に荒らされたような痛んだ大きな欠損部分がありましたが、したの写真のように綺麗に

なりました。

150年前の品とは思えないような木目の綺麗な太鼓ですね。

勿論、国産けやきです。

 

 

 

 

 

しばらくこのまま、乾燥させて色付けしながら次の行程に進んでいきます。

また、おいおいにアップしていきます。   

 

コメント

締め具合・・

2018-11-06 15:19:39 | 日記

 2尺5寸の桶胴太鼓、張り替え時の胴の組み上げの様子です。

一本づつロープの締め具合を均等に保ちつつ弛みを確認しながら一番難しい作業をしているところです。

このときの締め具合と弛み加減によって太鼓の音が決まりますので経験と勘で組み上げます。

 

 

 

作業を初めて2時間強、最後の止め部分です。

 

 

2本の帯を掛けて組み立て終了。お疲れ様でした。

さて、どんな音がするかな?

早速、刈谷市内の小学校に納品に行きました。子供達がとても喜んでくれて嬉しかったですね。

6日学校行事で演奏をするそうですので、皆さんに沢山の感動を与えていただきたいです。

コメント

桶胴太鼓

2018-11-02 13:21:25 | 日記

 桶胴太鼓・・と言っても近年では胴の材質には集成材やプラスチック等で出来た品もあり用途が多様化

され、かつぎ太鼓としても使われ活躍していますが桶と言えばやはり天然木が一番・・・

先日、豊田市の太鼓チームに納品させて頂いた桶太鼓(上記写真)は国産さわらの胴にタガには竹を編んで耐久性と弛み防止

鉄のリングに牛皮を張りロープで締めた1尺3寸の桶太鼓です。

当店のこだわりである熟練した職人の手作りをモットーに胴作りから皮張りも一針一針、糸が緩まないように締めながら縫い

良い音色が出るように精魂込めて作り上げた品です。

天然木の手触りの良さ、軽さ、優しい音色を味わって見て下さい。

 

コメント

大太鼓メンテナンス

2018-10-17 14:23:47 | 日記

秋祭りが終わり、その場にて来年に備えて大太鼓のメンテナンスを兼ねて修理に出された太鼓の引き取りに

出向き、搬入後皮を外したところです。

この先、この太鼓がどのように生まれ変わるかをこのブログ内にて逐次、写真にてお知らせしますので見て下さい。

お店に来られたときには現物を見て戴けるとびっくりされると思いますよ。

この太鼓は安政6年7月に作られたものです・・と言うことは調べたところ、西暦1860年だそうですので

158年前ということになります。

その時代に作られた太鼓としてはとても丁寧に作られている上に太鼓の形も良く、胴の中がとても綺麗に彫られて

いて、今までにもこの時代に作られた太鼓を多々見てきましたが、これほど細かい作業がしてあるのは初めてで感動いたしました。

この太鼓を作った職人さんはきっと几帳面でお客さんの気持ちを大事に思いつくられたんだな・・と

精魂込めて、今まで以上の仕事をしてお客さんに喜んで戴くのが職人冥利につきると思いますので、当店の職人さんの

腕の見せ所・・お楽しみに。

 

コメント