すぎな野原をあるいてゆけば

「おとのくに はるのうた工房」がある

073:トランプ(おとくにすぎな)

2006-08-21 20:36:54 | 題詠100首
うらがえすトランプみんな蔦のなか種もしかけもねむる小鳥も
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 072:箱(おとくにすぎな) | トップ | 074:水晶(おとくにすぎな) »

コメントを投稿

2 トラックバック

第22回 週末短歌サロン(sat) (小軌みつき-つれづれ日和-)
*掲載作の作者の方へ* お報せTBいたしております。気が向いたら遊びにいらしてね♪。 
073:トランプのうた (花夢)
トランプに踊らされる人々のうた。 トランプに物語のあるうた。 トランプの物語といえば、 ヨースタイン=ゴルデルの「カードミステリー」かな。 眠られぬ夜を紛らすトランプのひとり占いまた凶とでる 水都 歩 トランプの占いって言うのが、信憑性がなくていい。 少し...