杉森神社の物語(東広島市河内町)癒しのある風景

人生は、実験の連続。愛される神社を目指して頑張っています。祭りとは奉ること。ご祈願毎に神饌をかえ丁重なお祭りをします。

9月の日記16 餅藁 宇山DNA

2012-09-17 05:33:40 | 日記

9月16日

ブース=見本市などの展示用の小部屋

 

今日は午後から餅藁をとりにいきました。

帰路に立ち寄った宇山地区 山深い位置にある小さな集落ですが、宇山そばで有名になるほど地域住民の結束が固そうなです。

この宇山地区で二週間にわたり「宇山DNA」が行われています。

地区内にある安広神社では三つの作品。

一つは「こだま」

拝殿階段に座りしゃべると 後ろからコダマが聞こえてくる作品、私たちがやろうとしたときはコダマしなかったんですが、地元の係員がついさっき、誰もいないのに、コダマが聞こえたそうです。怖くなって帰りたくなったそうです。

 

さらに拝殿の脇に宇山で見られる山野草がうえられ、花花をみながらしゃがむと、なんと拝殿下に映像が…芸術家の発想にびっくり。

 

そして神楽殿では「宇山の風」にゆられる作品

ほかにもいろいろありましたが、徒歩での見学はちょっと大変そう……………でもでもでも 羨ましい限りです

杉森神社境内が作品で彩られたらきっと感動するだろうなあ…と勝手に総代さんと話していました

そのあと違う総代さん宅に行き、有難い物をいただきました、また後日お披露目です。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 東広島情報へにほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 9月の日記15 ヒヨドリバナ | トップ | 9月の日記17 小縄作り »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-09-17 11:49:44
公園じゃないんやしこうなるのは氏子みんなが賛成するとは思えんです。
神社は神社らしゅう1000年前と変わらん佇まいがあるけ心が落ちつくんじゃないんかと思うんですが。
Unknown (すぎもりくん)
2012-09-17 16:37:05
賛否はあるでしょうね
Unknown (Unknown)
2012-09-17 17:54:06
確かに賛否はあるでしょうが、恒久的なものではないし、どこまでを許容範囲とするかでしょうか。
普段無人の神社が、この催しで境内がきれいになり、人々もお参り乃至見学されることは、よきことだと思いますよ。あちこちの神社で様々な奉納がされているし、中には疑問符もありますが、神社離れしている若者たちに、鎮守の杜の大切さを感じてくれる機会になるかもしれません。尊厳護持という面で強いて言えば拝殿はいかがなものかなあ。
Unknown (すぎもりくん)
2012-09-17 18:16:50
許容範囲は、それぞれですね

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事