■炎のクリエイター日記

美味しいもの・史跡が持つ歴史のご紹介。お料理はプロ・自作を問わず鮮明な画像で、どんな素材も関西仕立てにクリエイトします。

真鯛の塩焼き ~尾頭付きな真鯛を調理した~

2022年09月25日 14時39分25秒 | 魚介料理
見るからにふくよかなお姿の「えびす様」は、七福神の1柱で唯一釣り竿と真鯛を抱えてらっしゃる。1柱とは神さまの数え方で、鬼滅の刃で「柱」と呼ばれている人たちも、この考えから来ているのだろうが、あの人たちは非常識な人ばかりで‥‥‥お話が逸れた。





大阪では、恵比寿さまのことを商売繁盛の神さまとして「えべっさん」と親しみ込めて呼ばれ、日本古来からの商売・漁業などの神さまの認識だ。さて本日は、えべっさんが小脇に抱えている真鯛を婿どのが釣ってきてくれた。今回は粗塩オンリーで焼いてみるも、折角の尾頭付きな真鯛の尾も頭も落として、ガスレンジのロースターに入るピッタリサイズとなるので「真鯛の塩焼き」を一人前ずつ焼いてみた。



長芋が少々あったので、オクラも刻んでポン酢と和え、かつ節も混ぜ込んで一品つくった。これは格好の箸休めになり、全員にウケた「長芋とオクラの土佐ぽん酢和え」が即できあがり。10センチぽっちの長芋が大活躍してくれた。



ヒョンなことから信楽で買った七福神さまをご紹介。現在は伐採禁止の世界遺産の屋久杉で彫られた、128,000円の布袋さん(台座@18,000円)は、今でも我が家におわして、5月に可愛い孫を健康な身体で授けて頂いた。従ってメルカリに出せない恩人のようになっており‥‥‥決して霊感商法とかではないので「布袋さん」を手に入れた時のブログにリンクさせておく。楽描堂さんのお父様が、このような彫刻を手掛けられていてご興味があるようだ。


▲上の「布袋さん」画像を突っつくと拡大される






‥‥‥‥‥<切り取り線>‥‥‥‥‥

ご訪問して頂きありがとうです。
どなたさまもお気軽にコメント戴けると嬉しいです。
酔っ払いが「iPhone 12」と「CANONカメラ」で撮影。
日本ブログ村「こだわり料理部門」に参戦しております。


バナーをクリック🎵して頂くと感激です。




明日のブログ更新は午後15:00の予定です。

URLの不明な方はお邪魔する都合上お知らせください。


PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント (8)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ワンタン長崎チャンポン麺 ... | トップ | 鶏もも肉のガーリック焼き ... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ra9gaki_do)
2022-09-25 15:08:31
こんにちは(^_^)
いつも温かいリアクション
ありがとうございます。
真鯛の塩焼き〜良い香りが
伝わってくるようです(^_^)
義父は晩年、仏像教室に通って
熱心に木彫りの仏像・観音像などを
彫って居ました。

素晴らしい屋久杉の布袋様!
元気いっぱい頂きました(^-^)
今日もどうぞお元気でご活躍を。
Unknown (くにちゃん)
2022-09-25 15:46:31
こんにちは^^
炎クリさん♪

誠ふくよかで、柔和なお顔の布袋様!!
本当そうですよね~
炎クリご一家に、幸せを運んできて下さいましたよね~
で~次々に、
真鯛を小脇に・・いえいえ釣ってきてくれるお婿様は現代版恵比寿様(笑
益々、炎クリご一家の繁栄!!喜ばしいばかりですね。
キラキラ光放つ立派な鯛!!惚れ惚れしちゃいます。
それを活かす如く、炎クリさん捌いて、塩焼き🐡て。。。。。素晴らしい連係プレーです(笑
切り身にしても、やはり格が違うのは。「鯛」だらこそ。
神に遣え、崇められるお魚だと、、現代に至っても、つくづく思われます。

オクラね^^アタシもまたまた真似っこ(笑
同じく山芋と和えて!!
オクラpowerだけでも、福の神宿る炎クリご一家から、、いっただっきーー(笑

も一回(笑。布袋様をクリックして、、拝んで帰りまーーす!!
炎クリさん♪布袋様💛ありがとうございまーーす
Unknown (sinjyusai)
2022-09-25 16:56:46
こんばんは。

真鯛一匹を綺麗に料理して
頭は?何処いった!(笑)

屋久杉も高価に成りましたね

置いて置けば家宝に成るかも。(笑)
Unknown (おおばかめぐみ)
2022-09-25 18:03:05
こんばんは。

買いましたねー。これ(笑)
びっくり価格でしたが、効果はかなりあるみたいで、長くsugichan 家を見守ってくれると思います。

釣り好きの婿さまが大物釣ってきてくれるからいいですね。サザエさんのマスオさんみたいに釣れなくて近所の魚屋さんで買ってくるみたいなことはないと思います(笑)
Unknown (まさむら)
2022-09-25 18:38:55
こんばんは。

 せっかくの尾頭付きの鯛・・・ ですが、オーブンにピッタリサイズならやむを得ないですよね。その分こんがりと良い焼き加減。美味しかったと思います。
 山芋ってちょっとした一品にいいですよね。短冊に切って、化学調味料を振って醤油をたらしわさびで。炎クリさんと違い非常に簡単・・・
 ちなみにえびっさんとは当地でも言います。最近は隣りの県の県庁所在地である「えびす講」が有名になってます。神社はそんなに大きくはないのですが・・・
Unknown (ビオラ)
2022-09-25 19:52:57
今晩は〜。

うわぁ〜!綺麗な真鯛ですね〜😍
これ・・・、釣りでゲットされたなんて・・・、すごいです〜✨

ボリュームたっぷりで、鮮度が保たれているうちに、調理なさって・・・、各人方々が、美味しそうに、満足そうに、食べていらっしゃるのを、想像しちゃいます〜(^-^)🎵

こー言うのって、シンプルに、塩焼きが、一番美味しいかもしれませんね〜👍

長芋とオクラと鰹節のこれは、ネバネバコンビに、カツオが、良い感じに、風味づけされて、すっごく好きな一品です〜(^-^)b

お魚とネバネバの2品・・・、そして、ここに、ホカホカご飯あったら、もう、それだけで、大満足しそうです〜🎵

素敵な夜を、お過ごし下さいませ〜♪

ゆっくり行きま〜す〜!😊
またね〜(^o^)/
Unknown (しじみ)
2022-09-26 14:19:39
こんにちは

カリカリの皮とふんわりの白い身
最高の焼き具合だすね

長芋とオクラのあえ物も
日本酒にぴったり

どちらも美味しそうだすね

ぷっちんだす
白身が透明のような感覚に‥‥‥ (sugichan_goo)
2022-09-27 00:07:14
こんばんは。(*⌒ー⌒*)ゞ
いつもコメントありがとうです。


楽描堂さん
お疲れさんです。こちらこそ何時もリアクションも含めてありがとうです。真鯛の塩焼きは、釣ったものであれば白身が透明のような感覚に思える時があります。これって新鮮な証かといつも思っています。お義父さまの晩年は、仏像を彫られていて剣豪宮本武蔵のようなイメージですね。戦争ご経験者なので何か思うところがあったのかも知れないですね。千年杉ではないですが、屋久杉の布袋さまをお約束通り見て頂きました。

くにちゃん
くにちゃんくらいになれば、どうして手に入れたかご存じだろうし、なにか特別なものがやどっているってワシが言うのも、解かって貰えそうで。柔和なお顔の布袋様ですが、こういうのも何か良いものです。やぁ~婿どのは恵比寿さまには程遠いイメージで、似ているのは鯛を抱えているところだけですよ。塩焼きをご紹介していますが、実はお刺身でも食べています。オクラは食物でありながら食べるお薬だと考えて、最近は付け合わせにする時も多いですよ。山芋と和えればネバネバコンビで美味しいのが倍増するんですよ。布袋さま、大きくなりましたか? 千年杉には神がやどり布袋さまにはパワーがやどっているようなイメージを持っています。

Sinjyusaiさん
鯛の身は何故か甘く感じて、焼くと東名みたいなイメージを持っています。一匹まるまる焼いたので、頭も鯛の鯛は持って帰るように言いました。今では、屋久杉でこう言うのは作れないそうです。家宝って言うか、興味がない方にはゴミのように写るでしょうけど、ワシは何らかのパワーを持っていると踏んでいます。

おおばかめぐみさん
実は買ったんですが、お金を出したわけではないんですよ。効果とかは、形が無いので具体例は言えないですが、本人の心ですから難しいものです。持つは釣り好きの魚嫌いの知り合いって言いまして、婿どのはマスオさんみたいな気は遣わないですが、生簀釣りなんで釣れないときには最低限度の1枚は持たせてくれるそうです。

まさむらさん
尾頭付きの鯛でも焼けないと駄目ですからね、一匹マルマル焼けるロースターって家庭ではそんなに無いでしょうね。こんがりと良い感じの焼き加減にするには、お焦げ防止の化粧塩が大量に炒りますよね。その点「身」だけでしたら均等に焼けるんで焼きやすいですよ。山芋は身体にも良さそうなんで、醤油だけでもイイ感じだと思いますし、オクラがはいれば尚更良いものになりそうですね。えびす講は「欲」が渦巻く感じで人間臭くて駄目ですよ。

ビオラさん
釣りと言っても、海の岸に作られた生簀に目の前でお魚をドバドバッッと放り込んで、さぁ~釣ってみなさいみたいな感じです。釣果ゼロなところは、最後にお土産に真鯛を一匹持たせてもらえるんですよ。釣りの場合は魚体を痛めることなく、お魚にストレスなく釣り上げられるので、鮮度が保たれるって感じです。お刺身でも戴きましたが、流通に乗ったものよりも、プリプリって雰囲気を味わえますよ。そうそう、生でわさび醤油か塩焼きがシンプルで一番なんですよ。長芋とオクラの土佐和えみたいな感じですが、ネバネバの食材であれば、納豆でもモロヘイヤでも何でも合うんでネバネバ大歓迎ですよ。

しじみちゃん
塩焼きの皮が美味しいので、仰る通り外皮パリッとで焼きますからね。鯛の塩焼きは、シンプルで冷えても食べられるし、鯛茶漬けへのリメイクと言うか応用も、たまには良いもんですよ。


皆さんの応援を感謝します。
いつもありがとうです。(^_-)-☆

コメントを投稿

魚介料理」カテゴリの最新記事