中国語学習記録~試験でモチベーションを維持しよう!

2006年から趣味で始めた中国語。各種試験に向けての計画、実行、結果を綴っていきます。

11/15C.TEST締切間近!(他、実用中検、BCTも)

2009-10-18 23:14:47 | C.TEST

11/15(日)のC.TESTの締切が迫っています。(11/2消印有効)
C.TEST日本事務局公式サイト

なお、実用中国語検定の1次試験も11/15です。(10/20消印有効)
また、11/14(土)には、BCT(ビジネス中国語検定)(10/30消印有効)もあります。

11月の集中ぶりは異常ですね。


前回9月のC.TESTは、申し込んだのですが諸事情により受けることができませんでした。なので、今回はパスしたくないのですが、11/1のTECCとあわせると、4週連続試験という恐ろしいことになってしまっています。

6月の中検に受かっているか、HSKを12月に回すか、またはC.TESTを9月にもし受けることができていれば、ここまで過密にはならなかったのですが、どうもめぐりあわせが悪いようです。

無理やり1つ良い点を挙げるとすると、おおむね年内に結果がわかる(であろう)ことでしょうか。

・・・今年の初めに立てた目標にどこまで迫れるか。
いよいよ今年の学習効果測定の総決算です。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11/22中検申込締切間近!

2009-10-13 01:55:35 | 中国語検定

11月22日の第69回中国語検定試験の申し込み締め切り(10/15)が近づいてきました。

公式サイトの「受験申込」によると、申込締切日までに投函すること、とのことです。今週木曜ですね。お忘れなく!

また、受験用紙の入手が間に合わない方は、インターネット申込という手段があります。上記サイトにて、「インターネット申込の場合には、締切日翌日の午後2:00まで受け付けます。」とあります。ただし、使用できる写真には条件がある(例:携帯電話のカメラは不可、等)ので、ご注意ください。


以下、雑記です。

中検2級をクリアするのが今年の目標の一つだったのですが、3月、6月と失敗し、とうとう最後のチャンスとなってしまいました。
遊びですが、現時点の私の実力から合格可能性(率)を予想してみます。

筆記については、過去2回は合格基準点を超えていたので、中訳問題等で失敗しなければまあ大丈夫だろうと見ています。(得てしてこういうことを書くと足を掬われてしまうものですが・・・。)

カギを握るのは、過去3回とも受験者平均点にも満たなかったリスニングです。
つまり、私の場合には、リスニング難易度が合否を決めるといえます。

リスニング難易度は平均点で測れるので、以下に、リスニング平均点に応じた合格可能性を予想してみました。根拠は・・・単なる勘です。


(過去20回分のリスニング平均点は、65.3点)

A判定:合格可能性80%ライン(多分受かる
 ○リスニング平均点:75点以上
  ⇒過去20回の試験で2回


C判定:合格可能性50%ライン(当落線上
 ○リスニング平均点:70点以上
  ⇒過去20回の試験で6回


E判定:合格可能性20%ライン(また来年!

 ○リスニング平均点:60点未満
  ⇒過去20回の試験で5回

 
う~む・・・。自分で勝手に予想したとはいえ、厳しい結果が出ました。
過去20回の平均点である65点付近では合格可能性35%くらいと思われます。

少し悩みましたが、イチローの打率と同じぐらいだということに気づきました。

それに、もし平均点60点未満の難問だったとしても、9番打者がヒットを打つくらいの望みは持てることになります。

こう考えるとなんだか希望が湧いてきます。偉大な選手はこのような形ででも人を勇気づけることができるのですね

 

・・・くだらない計算をしているうちに、もうこんな時間になってしまっていることにも気づきました。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11/8 HSK締切間際!

2009-10-04 20:42:49 | HSK

次回11/8HSKの締切間際です。
10/9(金)必着なので、申し込みがまだの方はお早めに!
(後述しますが、かくいう私は未申込です。)

HSKの運営もいろいろとあるようで、9月頃からHSK日本事務局サイトのトップページに以下のようなお知らせが掲載されています。(抜粋)

------------------------------------------------
※HSK日本事務局の事情により2009年9月よりHSK試験種類を変更します。

HSK基礎・・・・2009年9月から試験中止
HSK初中等・・今まで通り試験継続
HSK高等・・・今まで通り試験継続

追加で冬季試験(早稲田大学のみ)を実施することになりました。
また冬季試験は早稲田大学でも高等試験を実施いたします。
------------------------------------------------

HSK基礎がなくなってしまうんですね。例の「改訂版HSK」問題もあることなので、今後もいつ運営が変わるかわかりません。要注意です。


さて、上述した未申し込みの理由は、上記の運営変更に起因しています。

冬季試験が実施されるのはよいのですが、11月の東京会場の試験場所が桜美林大学のみになってしまったのです。完全に個人的な話なのですが、早稲田なら30分程度で行けるのですが、桜美林だと1時間半くらいかかってしまうのです。
さらに、11月は11/1から4週連続の試験ラッシュ。これはさすがにちょっと・・・。

・・・というわけでぎりぎりまで決めかねて今日にいたっている次第です。
とはいってももう悩んでもいられないので、思い切って11月の試験に申し込むことにしました。気が変わったら12月の方を受けることにします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加