中国語学習記録~試験でモチベーションを維持しよう!

2006年から趣味で始めた中国語。各種試験に向けての計画、実行、結果を綴っていきます。

中検2級を受けてきました(2010年3月)(4)~結果分析(3)

2010-03-31 19:44:06 | 中国語検定

前項筆記編(2)の続き。
2010/3/28実施・第70回中国語検定試験2級:結果分析のリスニング編です。

~(再掲)リスニングの自己採点結果~
(正式結果ではありません)

1(1)15/25(5問)・・・問いと4つの選択肢が読まれる。(各問が独立)
1(2)15/25(5問)・・・会話文の後それに続く対話が読まれる。(各問が独立)
2(1)25/25(5問)・・・長文の後、それに関係する5つの問いが読まれる。
2(2)15/25(5問)・・・長文の後、それに関係する5つの問いが読まれる。

今回のリスニングは、1.は前回並みで、2.が前回より易しい感触でした。といっても、前回は平均点が低かったので、どちらかといえば難しい方だったのだと思います。

さて、過去の得点推移は以下のとおりです。(今回の平均は予想。)

     66回  67回 68回 69回 70回(今回)
1(1) 20    20   20  15  15
1(2) 
25    25   10   5  15
2(1)  0    10   10  15  25 
2(2)
 15     5   10  20  15
--------------------------------
合計 
 60   60   50   55  70
平均 
71.2   61.6    56.3    58.0  60(予想)
差  
△11.2  △1.6   △6.3  △3  +10(予想) 

今回は頑張ってメモを取ったので、いくつか思いだせる問題があります。(少し違っているかもしれません。)

1(1)のパート

Aの発話についてのBの問いに答える問題。

(1):「打折」の問題。各種試験で頻出です。今回は200元の「打8折」でした。⇒○

(2):「排球」「足球」「棒球」「篮球」から選ばせる問題。発話ではこれらの競技名は読まれなかったので、恐らくどこかにチームの人数が入っていたのだと思います。試験中はそれに気付かず×。
⇒上記は間違い。「女排」で、「排球」を選ぶ、というのが正解でした。(pepeさん、ありがとうございます!)(2010/4/2追記)


(3):「宁可~也」の問題。これも各種試験で頻出のパターンです。ある程度の自信を持って答えたのですが、選択肢の聴き取りが完全ではなかったようで、間違っていました。⇒×

(4):発話中の「买不起」がキーワード。「经济(的问题)」を選ばせる。⇒○

(5)忘れた。2択で迷いました。⇒○


1(2)のパート

A、B2人の会話の後に続く適切な応答を選ぶ会話問題です。

(1):聴いていてすごく違和感があったのを覚えています。サルのことを言っているのに、青い服を着ている・・・とか、いかにもヒトであるかのような対話なのです。

・・・帰ってからハタと気づきました。「猴子」と思いこんでいたのは実は「伙子」だったのでは??ちょっと情けなく思いましたが、リスニングの弱点が一つわかりました。同じouとuoの聴き分けでも、「shuo」と「shou」、「zhuo」と「zhou」などはあまり聴き間違えないのですが・・・。⇒×

(2):試験に受かるにはどうしたらいいか?という会話。⇒○

(3):旅行の費用についての会話。⇒○

(4):忘れた。⇒○

(5):忘れた。⇒×


2(1)のパート

・長文問題の1問目。5問とも正解。

7大陸(南北米大陸を分けていたので6大陸+1)の最高峰を踏破した日本人青年の話。70%くらい聴き取れました。

たまたま聴読中国語で覚えたばかりの単語(「非洲」「大洋洲」等の世界の大陸の名)が完全に聞き取れたので、大意が推測し易かったです。

後半は、山でゴミを拾うということに意義を見出す話につながっていきます。このあたりの聴き取りがちょっと怪しかったのですが、なんとか正解にたどりついたようです。ややでき過ぎの感あり。

2(2)のパート

・長文問題の2問目。5問中3問正解。

若い男性が、非常に緊張した状態である会社の面接を受けた。緊張しすぎたので結果はダメだろうと思って家に帰った。ところが、実は面接官の女性も初めてのため緊張していた。同じような境遇から男性が緊張しているということが推察できたため、それを考慮に入れて能力を判断したところ、結果は合格。一週間後、男性の元に合格通知が届いた。・・・という話。

これは難易度的には(1)よりも易しく、本文の方は80%以上理解できたという実感があったのですが、問いの方の聴き取りが完全ではなく、2問間違っていました。
・・・やはり、問いのキーワードは完全に聞き取れないと、正解にはたどり着けません。


さて、今回はリスニングで初めて合格圏の70点に達したわけですが、あともう少しだけ正確に聴き取る力があれば、80点くらいは取れていたと思います。

以前から長文問題を苦手にしていたのですが、ここ半年くらいの間に聴き取る力がついてきているのではないかと自己判断しています。
特に今年に入ってからは、「聴読中国語」を使って聴力のトレーニングをしているのですが、それが効いているのではないかと感じました。


#最後に残念な気づき。中訳問題で、さらに1点マイナス要素がありました。
(4)の問題で、「远处」を「远」と日本の漢字で書いていたのです。
これで合格見込みは五分五分から20%まで一気にダウン。あれだけゆるい自己採点ですからね・・・。今回の合格はあきらめた方がよさそうです。

 
第70回中国語検定:結果分析シリーズ(おわり)

ジャンル:
学習
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 中検2級を受けてきました(2... | トップ | 中検結果到着!(2010年3月) »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スポーツを選ばせる問題 (pepe)
2010-04-01 15:43:18
スポーツの名前はヒアリングには女排→女子バレーででてきてたはずです。私も一度目聞き取れずでしたが、問題を聞いてから絶対どこかにスポーツ名言ってるはずだと思い聞いたらそう言ってたと思いました。
前日に見たcctvの字幕でちょうど女子バレーのニュースをやって見てたのでピンときましたが、見てなかったら分からなかったと思います。
RE:スポーツを選ばせる問題 (sugi)
2010-04-02 00:47:29
pepeさん

そういうことだったんですね!

手元メモでは、「yazhou nvtai」と書きなぐってありました。確かに、「nv(女)」と読まれたのは覚えています。そのあとを「tai」と聴き取ってしまっていたのが混乱の元でした…。

pai2と読む漢字は限られている(というより、「排」「牌」しか思いつきません…」)ので、この1文字さえちゃんと聞きとれれば正解にたどりつけたかもしれなかったということですね。


とてもすっきりしました。ありがとうございました。
はじめまして! (linlin)
2010-04-12 11:23:49
こんにちは!私も今回の中検2級受験しました。検索して、たどり着きました。( ^ω^ )
実は私も、 この問題nvtai と( ..)φ記入していました (*´ω`*)
そろそろ、合格発表でしょうか。
お互いに受かりますように!!!!
これからも応援しています!
中国語学習にお供させてください。
RE:はじめまして! (sugi)
2010-04-12 22:39:14
linlinさん

はじめまして、ようこそ!

同じ聴き間違いをした方がいらっしゃるとは。
1回目はまだしも、2回目には聴き取りたいところでしたね。

過去実績から推測すると、合格発表は4/15前後ではないかと思います。
お互いよい結果だといいですね!

応援ありがとうございます。ぜひまたご来訪ください。
☆合格発表☆ (linlin)
2010-04-14 15:10:09
先ほど、中国語検定協会のHPを確認したら、合格発表がされていました!
合格でした~!
今回で実は5回目のチャレンジだったので、そろそろ合格したかったというのが本音です!
これからも準1級めざして頑張ります!
Unknown (suka)
2010-04-14 16:51:47
私は初受験でしたが
不合格でした。リスニングがやはり
基準に達してなかったので。(60)
筆記は達しているので受け続ければ
必ず受かると思いますが・・・
今は不合格でやる気なくなってます。
なにかいい気分転換の方法&モチベーションの
維持をアドバイスあればお願いしたいです。
市販の問題集もやってますが
6月の試験まで2ヶ月半で
力がつくものなのか自信ないです。
RE:☆合格発表☆ (sugi)
2010-04-15 21:17:39
linlinさん

5回目ということは私と同じですね。おめでとうございます!

すぐに準1級に目が向くというのがいいですね。
続ける限り可能性はどんどん高くなるわけですから、今後もお互いがんばりましょう!
RE:Unknown (sugi)
2010-04-15 21:22:13
sukaさん

今回は残念でしたね。
でも、実感されているとおり、もう時間の問題で、いつ受かってもおかしくないと思います。
(今回は、リスニングの平均点が低い回でした)

モチベーション維持の方法としては、
・試験のみを目標とせず、短期的目標を工夫する。(例:適度な量の教材をやりきる、など)
・他の試験も受けてみる。(その分、中検にこだわる必然性が薄くなる)
・あまり根をつめない。(反動がくるので)
・「いつかは受かる」と楽観する。(楽しみは後に取っておく)
・新鮮な気持ちで学習する。
・どこにいても学習できる環境を用意する。(寝床の近く、PCの傍、カバンや財布の中、等)

・・・等々。すべて私が実践していることです。

2級レベルであれば、かけた時間だけ力は付くと感じています。
(上級者のレベルであればそう簡単ではないでしょうが。)

合格して実力が上がるわけでも、不合格だったところで実力が下がるわけでもありません。少しずつでも続けるための工夫をすることが大切ではないかと思っています。

お互いがんばりましょう!

コメントを投稿

中国語検定」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事