中国語学習記録~試験でモチベーションを維持しよう!

2006年から趣味で始めた中国語。各種試験に向けての計画、実行、結果を綴っていきます。

新HSKを受けてきました(2010年11月)(2)~新旧HSKの対応&得点予想

2010-11-21 20:54:55 | HSK

前項の続き。(2010年11月14日実施:新HSK(5級))

新HSKの5級は、だいたい旧HSKの6級~8級に相当するようです。
公式サイトによると、以下のとおり対応するとのことです。

===新旧HSK難易度比較===
新HSK5級(180点~194点) = 旧HSK6級
新HSK5級(195点~209点) = 旧HSK7級
新HSK5級(210点~300点) = 旧HSK8級
===============

まだこのような情報が公開されていなかった頃に、新旧HSKの対応について以下のような予想をしたことがあります。

==新HSKのレベルについて(2010/2/7) より、新旧対応を予想した箇所を抜粋==
    旧HSK   新HSK5級
    5級 = 180点未満       ⇒不合格
    6級 = 180点(60点平均)~ ⇒合格(低レベル)
    7級 = 210点(70点平均)~ ⇒合格(中レベル)
    8級 = 240点(80点平均)~ ⇒合格(高レベル)
============================

当時は、「新HSK5級は旧HSKの初中等に対応する」旨、公式サイトには書かれていました。
初中等だと3級~8級までということになるので「ちょっとそれはないんじゃないか??」と、上記のような予想にしたのですが、当たらずとも遠からずといったところでした。(そういえば、「新HSK5級=旧HSK初中等」の記載は、いつのまにやら公式サイトからは消えていました。)

さて、余談はこれくらいにして、今回受験した新HSK5級の感触です。

<今回の予想>
【聴力(30問/30分)】予想:66点
⇒3分の2くらいは正答していると思います。ひねりのある問題は少なかったように感じました。
旧HSK初中等(以下、「旧HSK」と記述。)より、やや易しくなっていた印象です。
旧HSKと同様に統計処理によって点数が出されるとすれば、点数は正答率よりも低くなると思われるため、その場合には60点くらいになるかもしれません。

【読解(45問/45分)】予想:84点
模擬試験ではさほど集中もせずにやった結果9割とれたので甘く見ていたのですが、旧HSKとあまり変わらないレベルだったと思います。旧HSKの閲読ではだいたい5~10分程度時間があまり、見直しの時間に充てられたのですが、一部の文章でちょっと時間をくってしまい、ほとんど時間ぎりぎりでした。
旧HSKで出ていた語彙問題はなく、純粋に読解のみ。日本人にとっては点数を稼げるところでしょう。

【書写(9問+2問/40分】予想:60点
⇒新HSK5級を受けてみようと思った理由は、新設されたこの「書写」部門にちょっと興味があったからです。

最初の9問は、4~5個の与えられた語句を、意味の通る語順で短文に書き直すというもの。
わざわざ書き直させる意味がよくわからない(客観問題にすることも可能)のですが、もしかすると漢字がちゃんと書けるかを測定しようとしているのでしょうか?といっても、語句は問題文中に印字されているわけなので、注意深ければ漢字の書き取りを間違うはずはありません。
中検3級レベルの実力でも、2問間違うことはないでしょう。全問正解も容易なサービス問題です。

実質的に問題となるのは後半の2問です。
1問につき20分弱の時間で短い文章を2つ完成させなければなりません。

1問目のお題は、「满足、健康、压力、その他2語(忘れた)」の単語を用いて、80字の文章を作成する、というもの。

2問目のお題は、 禁煙マークのような写真があり、それに関連する80字の文章を作成する、というもの。

両方ともなんとか70数文字は埋めましたが、表現は稚拙極まりないものでした。

この種の問題のポイントは、文章の論理構成(主題がきちんとあることや、前後の文の関係、など)ができていることでしょう。難しい単語や表現を使うのではなく、自分が使うことのできる語句を、語法に基づいて論理的に書くことが大事なのだと思います。

書写は客観問題ではないため、点数予想は難しいですが、以下のとおり予想しておきます。(配点も予想です。)
 並べ替え:16点/16点(満点) 
 短文1  :24点/42点(約6割)
 短文2  :20点/42点(約5割)
 合計   :60点

【合計】予想 210点
⇒聴力、読解、書写の3部門の予想得点を単純に合計すると210点となります。
公式サイトの新旧HSK難易度比較(下記に再掲)によるとぎりぎりで旧HSKの8級相当ということになりますが、私の中において実力を測る目安としては、あまり信頼していません
その理由は、旧HSKとの比較において、
 ・漢字で文章を書かせる問題が3割近くの配点を占めること。(旧HSKでは文章を書かせる問題は無し)
 ・読解問題の配点比率が上がったこと。(旧HSKでは、閲読部門の後半部分のみ)
 ・聴力の問題が難化していなかったこと。
・・・から、新HSKの試験設計そのものが日本人にかなり有利に働いていると思われるからです。

私について言えば、2009年12月(日本で行われた最後の旧HSK)の旧HSKで7級を取得しましたが、新HSK5級で210点程度の得点では、1ランク上の実力(=旧HSK8級)に達したとは思えません。
やはり、以前予想(新HSKのレベルについて)したとおり、最低でも8割(240点)くらいは得点しないと、旧HSK8級レベルとはみなせないと思います。

==<再掲>新旧HSK難易度比較=====
新HSK5級(180点~194点) = 旧HSK6級
新HSK5級(195点~209点) = 旧HSK7級
新HSK5級(210点~300点) = 旧HSK8級
====================

(「新HSKを受けてきました(2010年11月)」 おわり)

<結果記事>

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新HSKを受けてきました(2010... | トップ | TECCを受けてきました(2010... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

HSK」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事