写真で綴る気ままなすぎさん

野鳥・花・祭り・生活など気ままに撮り歩いた写真の紹介

鎌倉 明月院ブルー

2024年06月13日 06時02分00秒 |  横浜 鎌倉 小田原 伊豆 (東海道) ~花めぐり

鎌倉のあじさい散策 北鎌倉を降りて真っ先に明月院へ開門前に到着 明月院ブルーを撮影した後、浄智寺~円覚寺~東慶寺~長谷寺~鎌倉大仏などを撮影した後、八景島の紫陽花、三渓園を見て帰ってきました。
鎌倉 明月院の紫陽花 明月院の八~九割が日本古来からの品種 姫あじさい。明月院では土壌の関係で美しい青を咲かせるのが特徴。花は小さめで、それが奥ゆかしさを感じさせ開花し、徐々に色が変化し、淡い青から深い青になる様は情緒があります。様々な種類の紫陽花を植えるのではなく、姫あじさいの青が境内を埋め尽くす。姫あじさいは透き通るような美しい青はいつからか「明月院ブルー」と呼ばれています。
明月院入口 拝観料は、大人(高校生以上)500円、小中学生300円、障害者は無料

一番の見所 姫あじさいは透き通るような美しい青はいつからか「明月院ブルー」

もう一枚・・・

明月院の八~九割が「姫あじさい」ですが 他にもいろいろ咲いています。

柏葉あじさい

西洋あじさい なども

ブルーの紫陽花

奥の洞窟 羅漢さま

昔ながらの井戸

アナベルも咲いています。

六地蔵と紫陽花

方丈内の円窓は、悟りや真理、大宇宙などを円形で象徴的に表現したもので「悟りの窓」と呼ばれています。

明月院 神奈川県鎌倉市山ノ内189 にある臨済宗建長寺派の寺院。山号を福源山と称する。 本尊は聖観音、開基は上杉憲方、開山は密室守厳である。 アジサイの名所として知られ、「あじさい寺」と言われています。 アクセス JR横須賀線「北鎌倉駅」から徒歩10分 拝観時間:6月 8:30~17:00、6月以外 9:00~16:00 拝観料 500円



最新の画像もっと見る